MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/09/16(木曜日)純白の漆喰 性能|調湿性能が一番優れた漆喰


漆喰は結露を防ぐ湿度調節機能があります


 

今回は、高級島かべを使ったパターン見本をお客様のご要望で作成しました。
高級島かべは、内装に適した漆喰で、調湿性能が一番高い漆喰です。
その理由は、高級島かべに使われている紙すさが理由です。
紙すさは、島かべしっくいに使われている麻すさよりも湿気の保水性が高いのでより多くの湿度を漆喰内に取り込むことができるのが理由です。

 

 

今回はそんな高級城かべに「珪藻土」を入れて、もっと機能性の高い漆喰壁をお客様に頼まれ作りました。
販売促進用に塗見本が必要との事と、どのようなパターン仕上げが可能かのテストも兼ね社内で制作してみました。

≫漆喰に入れる珪藻土をお探しですか?


今回高級島かべは、どのようなパターンが出来るかのテストも兼ねていますが、高級島かべは紙すさを利用しています。島かべしっくいよりすさ繊維が短く、パターンが付けやすい漆喰でもあります。
また、珪藻土は調湿や消臭機能を高めることができるので高級島かべ機能性能を向上させることができます。


もちろん日本の漆喰、高級島かべは、フラットな押さえも可能ですが、洋風の建築などが人気の近年やはりパターン(意匠)仕上げが人気のようです。
漆喰をパターンにする理由は、デザイン的なことも重要ですが下記のようなメリットもあります。

① パターン漆喰にすることで塗り厚が厚くなり、調湿性能なが向上する。

② パターン漆喰にすることで、島かべ漆喰の表面積が増え、調湿性能が向上する。

③ パターン漆喰にすることで、表面が凸凹し音響などが壁面で乱反射し、反響が減り音がきれいに聞こえる。

④ パターン漆喰にすることで、亀裂などの補修跡が目立ちにくくメンテナンスが容易に行える。

など、メリットが多くあります。


特に櫛引などは(写真右)は通常スサが邪魔でやりにくいですが、この紙すさ漆喰は櫛引もOKでした。

高級島かべの可能性を高める逸品になればと期待します。

この度ホームページもリニューアル!
漆喰パターンの施工要領も作りましたのでご覧ください。

 

 

 

漆喰のことならなんでもご相談ください!

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ