MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/01/01(金曜日)ドイツ壁!伝統的な仕上げですが、デザイン的にもおしゃれでかっこいいですよね!

伝統的な左官仕上げとしても有名なドイツ壁!この仕上げはこれからも継承したいですね!

今尚、普通に街を走っていてもちょくちょく見かけるドイツ壁!
皆さんも写真を見れば「あぁ~これね!」見たことあるとなるでしょうね。

私は、昔からこのデザインが大好きで、漆喰で出来ないかな?とチャレンジしてますがまだ完成には至りません。

「この迫力と凹凸感と立体感はなかなか書き落としでも出せない!」

当社の地元淡路島でもまだまだ残っている仕上げです。

ドイツ壁 近畿壁材

ドイツ壁 近畿壁材

文化的建築が多くある、愛知県犬山市の明治村にも美しいドイツ壁の建物があります。
建物の名前忘れちゃいましたが、あまり見かけない真っ白なドイツ壁!漆喰でも出来そうですよね。

ドイツ壁 近畿壁材工業

ドイツ壁 近畿壁材工業

ドイツ壁 明治村 愛知県

ドイツ壁は通常モルタルをささらで飛ばして壁にぶつけていきます。

知り合いの左官屋さんが、ドイツ壁の道具見せてくれました。

ドイツ壁の道具 ササラ

伝統左官工法の一つとなりつつある「ドイツ壁」まさに左官でしか生み出せない奥行と重厚感。

漆喰や土壁にはあんまり関係ないモルタル仕上げですが、明治大正時期の洋風建築が栄えたころの外壁仕上げですから、やはり伝統左官工法でしょうね。
砂荒目のモルタルを一定のリズムで壁に鏝やブラシでぶつけて行き、均一なデザインにする技術はすごい!厚みも付くし、耐久性もあり使い方によってはすごくオシャレな壁に思います。
以外と文化財的なところでなくても街中にひょこっと残っているのを探すのもおもしろいですよ。

古い土蔵の外壁にもドイツ壁。古い土蔵を昔の人が漆喰からリフォームしたんでしょうかね?

ドイツ壁

ドイツ壁

20210101改

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ