MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2016/12/24(土曜日)寒くなってきたので心配ですが、何とかなりそうです。

皆さんは、木摺り漆喰はご存知ですか?下地に杉の細切りの板を目透かしで張った下地に直接漆喰を塗って下地にする工法ですが、当社でもそのような下地に対応すべく数年前から厚付け用の漆喰の研究を続けています。
確かに大壁ですし、木に直接漆喰を塗り下地にするので亀裂も心配ですが、使い方によっては非常に経済的で優れた下地になります。

_DSC6691 _DSC6693
今回は、当社の「ドカッと!」を利用して木摺り下地を行っていただきました。
ドカッとはふざけた名前ですが、名前の通りドカッと厚付けができる漆喰です。不陸の大きい場所や、土蔵の改修、土塀の改修などはもちろん、このような一度に厚付けが必要な木摺り下地には最適です。

12月に入り急に寒くなってきたので少し心配ですが、なんとか順調のようです。凍らないように・・・
本当は、12月から2月末までは漆喰工事は控えていただきたいのですが、そうも行かないのが現状ですね。

_DSC6663

今回の工法は、ドカッとに全面ネットを入れて亀裂に備えるそうです。
こだわりのある住宅なので、木摺りの下は木舞土壁です。
ドカッとについては、いい材料なので続きはまたご紹介させて頂きます。

≫ドカッとはこちら・・・

_DSC6661 _DSC6706 _DSC6704 _DSC6687
_DSC6667

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ