MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2016/04/18(月曜日)しっくいの家!パターン仕上げもおしゃれだけど押えもGOOD!

漆喰の家

室内の下地が天井から壁まですべて「木摺り下地」の住宅で、内装はすべて漆喰!外装は掻き落としと左官仕事と大工さんの技術が融合された素敵な住宅です。
通常「木摺り下地」は砂漆喰の塗り重ねで20㎜程度塗り重ねていきますが、ここは1回目の砂漆喰塗りの後、中塗り土を塗っています。左官屋さんにお聞きすると、「僕は、中塗り土の上に漆喰を塗るのが水引や押えが上手く行く気がして、本漆喰を塗るときは下地は土をつかいますね!」との事。
やはり、土と漆喰の相性はいいのか!と納得、素晴らしく綺麗に押えられていました。
しっくい 家しっくい しっくい住宅
≫砂漆喰商品はこちら・・・
≫中塗り土関連商品はこちら・・・
天井面は、さすがに砂漆喰だけで仕上げてあるそうですが、壁にはすべて土中塗りが塗ってありその上から漆喰が塗られています。
漆喰 しっくい 漆喰 
最近ブログでも紹介させて頂いております石膏ボード上のパターン漆喰も洋風建築には素晴らしく合いかっこいいのですが、このように大壁でフラットな漆喰を内装に塗るのもおしゃれですね~
パターン漆喰でも押えたフラットな漆喰でもお客様のニーズに合わせて和風、洋風どちらでも使え、安全で安心な住宅づくりのお手伝いが出来る漆喰は本当に面白い建材です。
当社でも、木摺りに直接塗れる木摺り用の砂漆喰を作っていますので参考に!
≫木摺り用漆喰はこちら・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ