MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018年9月の記事一覧

2018/09/27(木曜日)外部ボード系下地に漆喰は施工しないでください!なぜでしょう?

弊社カタログやホームページでもご案内しておりますが、ラスカットパネルや無塗装サイディングなどの外部ボード系下地には城かべ漆喰が割れる為、施工できません。まだ知られていない方もいるようで、「漆喰が割れたんです」と言うお問い合わせの中で、下地をお聞きすると外部ボード系下地の上に施工している場合が結構あります。ではなぜ漆喰が割れるのでしょうか?外部ボード系下地は弾性下地になり、下地の動きがあるからです。特にジョイント部分はよく動きます。下が動くからその上も割れる、考えてみれば当たり前なのですが、それが近年当たり前ではなくなってきているのも理由としてあると思います。
補修割れBEFORE
当たり前でなくなったのは弾性系鏝塗り仕上げ材の登場です。上塗り仕上げ材に弾性力を持たせ、下地が動いてもその動きに追随できる為、割れないのです。わかりやすくお伝えするとサランラップの原理です。サランラップは伸ばしてもなかなか切れないですよね?それが弾性系仕上げ材です。この仕上げ材の登場で、外部ボード系下地には同じ塗り壁材なのだから漆喰も施工ができると考えておられる方もいるようです。
かたや漆喰は伝統的な建築仕上げ材で、原料は自然素材のみで製造されており、弾性力を持たせるための化学合成樹脂などは含まれておりません。また、漆喰壁の主成分となる消石灰は、元は石灰岩という石から製造されており、漆喰は塗りつけ後、空気を吸ったり、吐いたりを繰り返しながら、元の石に戻ると言う性質があります。石は硬いですよね?このような理由から漆喰は弾性力は無いんです。だから下地が動くと割れます。
漆喰壁は自然素材、無機素材で安全・安心な壁材ですが、それゆえの性質もご理解いただき施工していただければ、割れに関するリスクは減るのではないでしょうか?
塗り壁材である以上、弾性系仕上げ材も漆喰壁も絶対に割れないという方法はありませんが、各材料の特長や性質を知ることで割れにくくする方法はあるのでご理解いただければと思います。

>>昔ながらの漆喰壁「城かべ漆喰」くわしくはこちら・・・

>>城かべ漆喰下地別施工方法はこちら・・・

—————————————————————
NEWS
—————————————————————

●近畿壁材のHPが新しくなりました! https://www.kinkikabezai.com/
漆喰壁・土壁に関する最新情報がご覧頂けます。

●土壁製品ならなんでも揃う!「土屋重吉ネットショップ」をご活用下さい。

 

2018/09/26(水曜日)店舗の土間、タイルやフローリングに飽きていませんか?

土間たたき風土系仕上げ材、ウルトラソイルの資料はもうお手元に届きましたか?

【無料】15mmで仕上る簡単便利なウルトラソイルの資料はこちらからご請求下さい!

5色

さんご(ピンク)やしんじゅ(白)の新色も加わり現在弊社の売れ筋商品TOP3にランクイン!!

【無料】ウルトラソイルの現物サンプルのご請求は・・・

さて、内外装、駐車場にも使えるウルトラソイルですが、やはりお客様のニーズの一番は、「色」カラーです。

今回、新色開発中と施工要領おさらいでご紹介。

① ウルトラソイルは厚み15㎜で施工可能

_DSC2993

② 梱包内容 1㎡セットなので、軽量の必要はありません。

_DSC3018 _DSC3019

まずは主材・・・今回開発中の新色グレーなので写真はグレーです。

そして骨材・・・これが重要淡路島の砂利や砂を使った配合骨材

_DSC3013

そして配合材・・・配合材でこのウルトラソイルの強度を向上させます。「歩行用」と「駐車場用」の量が違うのはこのためです。

≫ウルトラソイルすべてがわかる資料は、こちらからお申し込み下さい。

_DSC3021

また、春夏秋冬によって中身が変わる、遅延材、小袋なので入れ忘れに注意!!

_DSC3027

③ 混練・・・まずは空合わせ!

_DSC3025

1) 主材を入れて

_DSC3028

2)配合材と遅延剤を入れて

_DSC3031

3)空合わせを十分に行います。
タライミキサー(モルタルミキサー)でも混練可能です。

_DSC3039 _DSC3043

4)水と配合材を事前に希釈し、空合わせした材料に投入し混練します。

_DSC3051

5)混練完了!

④ 打設・・・土間モルタル同様に一度に15mm打設可能です。

_DSC3053 _DSC3054

鏝で均していきます。
大きい面積では土間鏝や定規を利用し平滑に均して下さい。

_DSC3056 _DSC3057

水が引いたらまた頭を張って完成です。

⑤季節と気温下地によりますが、3時間~程度養生

_DSC3065

締まったらスポンジ拭きを行います。

⑥仕上げ・・・拭き取り!

スポンジで拭き取りを行います。

_DSC3069

拭きにくいようであれば、刷毛等でノロを浮かせてふき取っていきます。

_DSC3071

_DSC3072

骨材が見える程度、表面のノロを拭き取ります。

_DSC3077

完成!1週間程度乾燥させ、その後セメントのアクをきれいに酸洗いしてください。

酸洗いの方法は、下記動画を参考に!

≫こんな簡単にたたき風土間が出来るウルトラソイル、如何ですか?一度見たいと思うお客様は、資料お送りします。

 

—————————————————————
NEWS
—————————————————————

●ウルトラソイルより、もっと本物の「昔ながらの土間たたきがしたい!」 重吉たたきは、茶室や文化財にも使える本格派の土間たたきです。

●近畿壁材のHPが新しくなりました! https://www.kinkikabezai.com/
漆喰壁・土壁に関する最新情報がご覧頂けます。

●土壁製品ならなんでも揃う!「土屋重吉ネットショップ」をご活用下さい。 https://www.jukichi.com/

 

 

 

2018/09/26(水曜日)たたきは何故強度が出るのか?

弊社商品の中でも、非常に人気の高い土間たたき。

昔ながらの原材料を守り、重吉たたきの名で販売していますが、使用箇所についての質問が多いです。
「土産物屋の内装の土間なんだけど使用出来ますか?」
「茶室とかではなく、自宅の犬走りなので、よく歩くのですけど大丈夫ですか?」

答えとしては、表面の施工方法など若干の注意点はあるのですが、強度的には大丈夫です。

では何故、土と石灰とにがりだけなのにそれだけ強度が出るのかというと・・・(勿論商品に使用する原材料は一つ一つ吟味して配合しているものですが)
原材料の土は、実際には土という物質だけではありません。厳密にいうと土と水と空気です。道端の土を手ですくうと必ず土と水と空気が入っています。これは土の隙間に液体の水と気体の空気が混じっている事になります。
土間たたきはこの隙間の中の水分を少なくし、密集度を上げているのが、強度UPに繋がっています。
例えば、アスファルトなどで舗装されていない土の道で、よく通るところは、踏みしめられて密度が上がり硬くなります。ここに雨が降っても水たまりが出来てしまいます。
しかし山の中などで、踏みしめられていない土の部分に雨が降っても水たまりは出来にくく、地面に吸収されていきます。その状態で踏みしめるなどするとへこんだり、変形してしまったりするので強度が弱いという事になります。
土は元々、岩石のかけらや岩石が風化したものですが、岩石の状態に近づけているというイメージでしょうか。

これは壁材も同じことで、漆喰の押さえ工程はまさにこの理屈です。何度も押さえる事によって密度を上げ強度を出し、吸水率も下げる。究極は磨き仕上げという事になります。

しかし現実の施工ではそこまで出来ない事も多いので、ケミカル(樹脂等)の力を借りて素材の隙間を補強したり、素材同士の結びつきを強くしたりしている商品が色々販売されています。
弊社はお客様の求めているものに合わせ、ご提案させて頂きます。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ