MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018年5月の記事一覧

2018/05/31(木曜日)これを塗れば大丈夫!外部に土壁を施工したい方はいませんか?

当社では土壁のお問い合わせが増えており、人気の高さを感じます。重厚感がある雰囲気、デザインがお客様に好まれ、選ばれています。しかし、土壁なので施工はどうしても内部になるのですが、意外にニーズが多いのが土壁で外部施工をしたいというお客様です。
昔ながらの土壁「やすらぎ」はこちら・・・
yasurag_41[1]
石膏ボードにそのまま塗れる土壁「塗ってくれい」はこちら・・・
_DSC9272
土壁は素材が土なので強度がなく、雨で流れてしまうため外部には使用できません!しかし、あまりにもニーズが多いため土壁の外部施工を可能にするために土壁専用の撥水剤を発売いたしました。その名は「土守(つちもり)」。浸透性土壁強化剤「土強(どきょう)」と同じ土シリーズでこの商品名にしました。
土守HP-1[1]
土守(つちもり)は土壁乾燥後、ローラー・刷毛で塗布していただく撥水剤で、塗布後も土壁の表情を変えません。その土守(つちもり)の撥水試験をしたのでの結果をご報告します。
20180308_100355
向かって左側が土守(つちもり)を塗布した土壁、右側が塗布無しの土壁です。外部雨に打たれる場所に塗り板を放置し、試験しました。試験後、天候が雨だったのが5日程度ですがそれでもこれだけの違いがでております。
外部土壁施工をお考えの方は「土壁専用撥水剤 土守(つちもり)」をご利用ください。
画像ではなく動画で試験結果を見たい方はこちら…ホースで直接水をかけています(笑)
土守(つちもり)くわしいご説明はこちら・・・

 

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2018/05/30(水曜日)古民家改修にはやっぱり城かべ漆喰!

出張時に古民家を改装している現場を訪問しました。

現場に着くと物件が物凄く大きく、母屋から蔵まで繋がっておりその全てを改修しているところでした。

漆喰部分は城かべ漆喰で十分に練置きしたものを再撹拌して使用します。
左官職人様は「練置きした漆喰に慣れたら、練ってすぐの漆喰はもう塗れないよ(笑)」とおっしゃっていました。
«最初から練った状態の城かべ 城かべ練漆喰はこちら・・・

工程はモルタルで下地を作り、砂漆喰として城かべ中塗用を塗り乾燥させます。
その後城かべシーラーの3倍液を塗布しさらに完全乾燥しています。シーラーについて左官職人様は必ず刷毛で塗布するそうです。ローラーだと重なり部分の水引きが変わり漆喰の押さえが難しくなり満足いく仕上げにならないんだとか・・・
こういうところにも、こだわりがあるんですね~!勉強勉強!


しっかりボテっと塗りつけて素早く平滑にしていきます。気温も上がってくる季節であまり時間をかけていられません。
左官職人様は「単価があればシーラーじゃなくて漆喰ベースを塗りたかったけども・・・」とおっしゃっていました。
«接着、水引き、外部での漆喰仕事の下地材 漆喰ベースはこちら・・・


クラックの入りそうな箇所には寒冷紗(ネット)を貼り付けています。


やっぱり押さえの白漆喰は独特の雰囲気があり日本建築にマッチしますね。

内部も聚楽壁、漆喰壁と改修していきますので、是非完成を見てみたいです。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/05/25(金曜日)古民家にピッタリ!土間たたきはいかかでしょう?

昔は住宅土間だけではなく、住宅基礎、井戸枠、用水路などにも使用されてきた伝統工法「土間三和土(どまたたき)」。相撲の土俵や版築土塀などもこの工法が応用されています。三和土(たたき)には土と石灰とにがりが使われます。『三和』と書くには諸説ありますが、これら3つの素材を合わせ、たたいて完成させることから三和土(たたき)と呼ぶようになったようです。
tataki (352x182)
土間三和土の特長は、住宅内部において台所などの土間によく利用されていましたが、梅雨時期などの湿気を土が吸収し、逆に乾燥期には適度な湿気を放出し、透水性があり夏は涼しく、冬は温度低下を防ぐ作用もあります。もうひとつの特長は年月が経つにつれ表情が豊かになることです。長年使用することにより苔などが表れ、風流で味わい深くなります。このような特長から茶人などにも親しまれ、セメントを使った土間材料とは違い、土・石灰・天然にがりを使い叩き締めることでしか出せない土の風合いにより本格的な茶室や古民家への使用実績があります。
IMAG0252[1]
ただ、伝統工法なので施工方法は独特で難しく、「したくてもできませんよねぇ?」というお問い合わせもよくいただきます。それができるんです! 「重吉たたき1㎡セット」は伝統の土間三和土を忠実に再現した商品で原料は土と石灰とにがりを使用しており、なおかつ簡単に施工できるようセット品になっております。現物サンプルもご用意しております、ご希望の方はお問い合わせください。
tataki_002[1] tataki_003[1] tataki_004[1]
>>昔ながらの土間たたき 重吉たたき1㎡セットくわしくはこちら・・・
>>重吉たたきのお問い合わせはこちら・・・

 

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ