8月 | 2018 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2018年8月の記事一覧

30

2018 08

土間たたきの配合は難しい。そんな時はセット品をご利用ください!

プライベートで高野山へ観光に行ってきました。金剛峯寺の門をくぐったところで「おっ!」
20150921_154016
仕事柄でしょうか、思わず土間三和土(たたき)に目を奪われました。
施工された職人様の知識や技術ももちろん高いのですが、非常にめずらしい見たことのない豆砂利が配合されておりました。
20150921_154024
画像ではわかりにくいかもしれませんが赤、茶、白等カラフルな豆砂利が土間たたきの表面に見えていて、綺麗な表情で仕上げていました。みなさんも高野山に訪れることがあれば一度ご覧になってくださいね。
たたきの元になるたたき土は配合が重要で、土、砂、豆砂利をバランスよく配合し、たたいた時によく締まる粒度に調整しなくては施工できません。昔の職人様は地元の土などを利用していましたが、自分で土を見て判断し、この土ならこの程度の豆砂利と砂を混ぜればたたき土になると現場配合で土間たたきを施工していました。それだけ土間たたきを施工する機会が多かったということでしょうか。
しかし、今現在土間たたきは伝統工法になり、配合できる方は非常に少なくなっています。また、土は全国各地で採取できますが、採取する場所によって粒度が違うので、現場判断でたたき土を製造するのも大変難しいのが現状です。

20150921_153913 20150921_155800
土間たたきは仕上げ表情が良いからしたい!でもやったことが無いし、配合もわからない。とお悩みの方は当社の土間たたきセット品「ウルトラソイル1㎡セット」「重吉たたき1㎡セット」ご利用ください。
5色[1]IMAG0252[1]
セット品なので難しい配合は不要で、施工要領もカタログ、動画どちらでもご確認いただけます。
土間たたきセット品が気になった方はこちらからお問い合わせください⇒https://www.kinkikabezai.com/contact_simple/?refPostID=1550&refBlogID=3

-----------------------------

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2018/08/30 16:30

29

2018 08

ウルトラソイルは今からが施工最適時期です!

皆様にご愛顧頂いていますウルトラソイル!
サンプル請求も多く頂きサンプル作成も増えて来ました。

今回は施工の季節に関するお話です。
塗り壁もそうですが、現場で施工して頂く商品は、どうしても現場の条件で大きく出来栄えが変わってしまいます。
弊社の土間材 ウルトラソイルは塗り付けと拭き取り(仕上げ)の2工程あり、塗り付けた材料の乾燥具合を見ながら仕上げ工程に進まなくてはいけません。
ウルトラソイルは季節により添加剤で1日仕上げが出来るように調整してはいますが、気温や日の当たり具合、風の有無等でどうしても仕上げまでの間隔が変わってしまいます。
・お昼の休憩をしている間に、カチカチになって仕上げがしにくくなった。
・風がビュンビュン吹いて表面だけ先に乾燥しかけてる。
・日陰で中々乾かなくて、仕上げが夜までかかってしまった。
等々の事が夏場や冬場には起こりがちです。

ですので過酷な状況になりにくい、秋や春の季節に施工するのが失敗を防ぐ為の大きな要因になります。
実際は工期の関係や店舗であれば営業の都合上、時期を選んでいられない場合が多数ですが、提案や打ち合わせの際にふと思い出して頂き、調整出来るならばして頂ければ施工面、仕上がり面のどちらも満足して頂けるかなと思います。

勿論、弊社はもっと研究を進めて、より使いやすく失敗しにくい製品作りに邁進したいと思います。

実際の硬さや仕上げ表情が分かる!
ウルトラソイルの現物サンプル請求はこちら・・・

2018/08/29 15:06

22

2018 08

土壁とかの配合は難しいの??

はるか昔の時代から身近にある「土」
弊社も土壁や土の土間たたきとして商品化しています。
元々は日本全国どこでも採取出来ていましたが、近年は建物が建ったり、採取禁止になったりして塗り壁や土間たたきの原材料としての土の確保が困難になってきました。
文化財の壁や土間等、補修のお問い合わせを頂きお話することも多いですが、元々使用されていた土が使えないことが非常に多くなり、お客様の地元で今現在、確保できる土を利用しての配合を聞かれる事もあります。
しかし土といっても様々な物質の集まりですので、実際に使用出来る原材料かの選定は難しいところですね

例えば・・・土は粒度により大きく4つに分かれます。
0.005㎜ぐらいまでを「粘土」。0.005~0.075ぐらいを「シルト」。0.075~2㎜ぐらいを「砂」。2~75㎜ぐらいを「礫(れき)」という風になります。75㎜以上は土ではなく岩の分類になります。
土壁などにする場合に強度を受け持つのは、ほぼ粘土の部分です。大まかに言えば粘土分が多い土は強度がありますが、乾燥時の収縮も大きくなります。逆に砂分が多い土は強度があまりなく粘土分が多い土より収縮が少なくなります。

Unicode
一般的には、土壁にするには粘土の多い粘い土。土間たたきにするには砂分の多い土(たたきの強度は叩き締めるという工法と厚みでもたせます)となりますが、配合はバランスが非常に難しく、実際に試験やサンプル作成をして使用可能かを試さなければなりません。

弊社は、それぞれに使用出来る土の原料を厳選し、さらに安定供給出来る土を豊富にご用意しています。

荒壁用の土、中塗り土壁用の土、上塗り土壁用の土、土間たたき用に配合された土、様々取り揃えていますので気になる方は一度ご相談下さい。
ご相談内容に応じたサンプルを送付致します。
土のお問い合わせはこちらから・・・

2018/08/22 08:20

21

2018 08

お手軽できる本格土壁!塗ってくれい【Clay】の人気が急上昇!

石膏ボードに直接塗れるお手軽だけど本格土壁!塗ってくれい【Clay】の人気急上昇しております。そこであらためて特長をご紹介いたします。
≫塗ってくれい【Clay】気になる方はこちらからお問い合わせください・・・

①石膏ボードに直接施工できる!工期短縮!
従来の土壁は付着などの問題で石膏系の下地材をこすり、その上に土壁を施工しています。
塗ってくれい【Clay】はジョイント処理後、そのまま施工でき、工期を短縮できます。

②上塗り材でも下塗り材でも!
5色展開でそのまま上塗り材として使用できます。
さらに乾燥後は漆喰の押さえが可能な水引き加減に調整しているので、土下地への漆喰施工に慣れている方にはおすすめです。

③強度が高い!
土壁はどうしても他の壁材に比べ、強度が劣ります。厚みでカバーしたりもしますが、厚く塗れば塗るほど石膏ボード等への負担もあり、又乾燥しにくく工期もかかります。
塗ってくれい【Clay】はそれらデメリットをカバーし、乾燥後に指で強く擦っても跡もつかず使用場所に気を遣わなくてすみます。
※従来の土壁は傷が付きやすいため、腰板を貼り、腰板より上部分の施工が多いです。

④撥水剤との併用で外部に使用できます。
土壁用撥水剤「土守(つちもり)」との併用で外部への土壁施工が可能になります。
従来の土壁に土守(つちもり)を施工しても保護してくれますが、長期的に撥水剤の効果が切れてしまった場合に雨がかかってしまうとすぐ流れ出してしまいます。

※左半分は土壁撥水剤【土守】塗布で右半分は処理なしです。少しの水で表面が洗われてしまいます。

⑤デザインが自由自在に!
塗りやすく配合してあり、さらに厚みも標準は2ミリですが、より薄く、より厚く塗る事にも対応していますので、様々な仕上げ方が可能です。

糊土風に!

引き摺り仕上げで店舗のアクセントに!

わらすさを追加混入して中塗り仕舞い風に!

塗見本やサンプルが欲しい方は≪こちらからお問い合い合わせください≫
-------------------------------------

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/08/21 16:30

17

2018 08

本土壁やすらぎの施工方法の試験!

昔ながらの本土壁「やすらぎ」をリフォームの現場に使って頂く事になり、3人の左官屋さんのご意見を聞きながら検証を進めました。

本土壁やすらぎとは、淡路土とみじん砂と藁すさと海藻糊を練り合わせた100%自然素材の土壁仕上材で、土壁の高い調湿性能と樹脂ボンドを使わない安全性から古民家から茶室まで幅広くご利用頂いている人気の塗り壁仕上げ材です。

hp

≫本土壁やすらぎの塗り見本等資料お送りします。

リフォームなので、もともとは漆喰壁が塗ってありました。
その上にやすらぎを塗ることになりましたが、やはり漆喰に直接やすらぎは塗れません。

_DSC0832

ボードベースの上にやすらぎを施工します。

①混練
_DSC0853
水を入れた練りタルにやすらぎを投入し練ります。
_DSC0868
少しづつ加水しながら硬さを調整!
_DSC0871
練っている職人さんにお聞きしましたら、写真のように大きな練りタルで渦潮のように材料が綺麗に大きく回る場合は、その材料の配合バランスが良いそうです。
骨材や主材、すさなどのバランスが悪い材料は綺麗に混ざらないそうなので、そういった意味ではやすらぎは綺麗に混ざっているので「合格」ですね。
配合のバランスが良いようです。

_DSC0147_DSC0142

②塗り付け
塗り付けは、1mm程度ですさの節が転ばない程度に真っ直ぐ全面に塗りつけます。
特別な鏝でなくても角鏝で塗り付けが可能なのもやすらぎの魅力です。

_DSC0197
全面に塗り付けが完了したら30分~1時間程度水引を待ちます。

③2階目の塗り付け
1.5㎜~2㎜程度で2回目を塗りつけます。
_DSC0179

_DSC0182

最後に撫でて仕上るのでこて抜けが無い様に厚みを揃えて塗ります。
※土壁がぺたっとしないように押えすぎ、触りすぎに注意!

④撫で仕上げ
表面の土の肌をそろえるように軟らかい本焼及びステンレスの鏝で鏝波を消していきます。

_DSC0227
_DSC0199

土の肌目がわかりづらい場合は、部屋を暗くしてライトを当てながら行います。
_DSC1105-2

一般的な本土壁やすらぎの仕上げ方になります。
ここでもあまり押え過ぎず、水が引いてしまう前に仕上ます。

_DSC0849 _DSC0846

完成です。

乾燥すれば、市販の聚楽壁とは違う素朴で高級感のある仕上になります。
こだわりの妥協しない作りの古民家の改修や茶室にぜひ本土壁やすらぎをお選び下さい。

≫こだわりの本物の土壁、やすらぎの塗り見本が必要な方は、こちらよりお申し込み下さい。

————————————————————————————
~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2018/08/17 18:43

16

2018 08

昔ながらの土間たたきの強度を上げるポイントは?

昔は住宅土間だけではなく、住宅基礎、井戸枠、用水路などにも使用されてきた伝統工法「土間三和土(どまたたき)」。相撲の土俵や版築土塀などもこの工法が応用されています。三和土(たたき)には土と石灰とにがりが使われます。『三和』と書くには諸説ありますが、これら3つの素材を合わせ、たたいて完成させることから三和土(たたき)と呼ぶようになったようです。
tataki (352x182)
土間三和土の特長は、住宅内部において台所などの土間によく利用されていましたが、梅雨時期などの湿気を土が吸収し、逆に乾燥期には適度な湿気を放出し、透水性があり夏は涼しく、冬は温度低下を防ぐ作用もあります。もうひとつの特長は年月が経つにつれ表情が豊かになることです。長年使用することにより苔などが表れ、風流で味わい深くなります。このような特長から茶人などにも親しまれ、セメントを使った土間材料とは違い、土・石灰・天然にがりを使った土そのももの風合いにより、本格的な茶室や古民家への使用実績があります。
>>昔ながらの土間たたき重吉たたきはこちら・・・
IMAG0252[1]
伝統工法なので施工方法は独特です。その名のとおりたたき込む施工方法になるのですが、ただたたき込めば作業終了ではなく、強度を上げるために仕上げ工程にポイントがあります。叩き込む施工方法なので、材料は水分が少ないバサバサ状態で練り、それをたたき込みます。すると表面は少し凸凹になり、フラットになっておらず、密にもなっていません。このまま作業を終えてしまうと、表面強度が弱いまま仕上げていることになります。凸凹を無くしフラットにして見栄えも良く、尚且つ表面を密にして強度を上げるために、仕上げ工程では刷毛やスポンジなどで表面に水分を与えながら、人造鏝などを用いて押さえ込み、表面を整える必要があります。表面を整えた後、スポンジで表面を拭き取り、たたき土に含まれている砂利が表面に見えたら完成です。
たたき込んだ後、表面のみは水分を与えて押さえ込むこの工程がきれいに仕上げ、強度を上げるポポイントになるのでみなさんも覚えておいてください。
tataki_002[1] tataki_003[1] tataki_004[1]
>>重吉たたきのサンプルが欲しい!簡単問い合わせはこちらから・・・
————————————————————————————
~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/08/16 10:01

15

2018 08

塗料の種類について!

建築様式の変化や、壁材の保護の観点から弊社でも撥水剤をはじめ、塗料系の商品が増えて来ました。
ですので今回は塗料の種類や、その取扱方法についておさらいしてみたいと思います。

塗料は大きく分けて2つの種類に分かれます。
水系塗料(水性)と溶剤系塗料(油性)です。水系塗料なら塗料になる元(樹脂)と水が混ざっている事になります。逆に溶剤系は樹脂とシンナー(有機溶剤)になります。
一般的には溶剤系の方が耐久性や耐光性の面でも長持ちするとされています。ですので屋根や外壁に使用される事が多いです。一方水系塗料はあまり臭いも気にならず、内装でも使用可能でその扱いやすさから需要がどんどん伸びていると思います。
しかし耐久性や耐候性でより重要なのは樹脂の種類でフッ素樹脂系、シリコン樹脂系、ウレタン樹脂系、アクリル樹脂系などに分かれ、それぞれの樹脂を主剤とした水系と溶剤系に分かれます。
※フッ素樹脂系だけはほぼ溶剤系だけだと思いますが・・・
同じアクリル樹脂なら溶剤系の方が長持ちしますが、溶剤系のアクリル塗料と水系のシリコン塗料ならシリコン塗料の方が性能が良い場合もあるというような事があります(勿論商品内の樹脂量とかも大きく関わりますが)
ですので使用したい箇所や、耐久性によってきちんと専用品を使用したほうが、後々メンテナンスにかかるコストが変わりますので注意したいところです。

扱いやすさはだんぜん水系塗料になります。
使用した刷毛などは、水系塗料であれば水で洗い流した後に、食器用洗剤などで優しくもみ洗い乾燥させればいいですが、溶剤系の場合はペイントうすめ液や溶剤系でもラッカーを使用した場合はラッカーうすめ液で洗浄しなければいけません。さらに放っておくとガチガチに固まり元の刷毛に戻すことは困難になったりします。同様に廃液の廃棄の仕方も違いますので、やはり水系の方が扱いやすいですね!

今後は水系塗料でもどんどん性能が上がり、水系塗料が主流になると思いますので、弊社も開発をすすめ、扱いやすく性能も十分にある撥水剤や強化剤を皆様にお届け出来ればと思います。

2018/08/15 10:31

11

2018 08

茶室にも塗ってくれい!

漆喰壁も様々な進化が進む中で、土壁も何らかの革新を行っていかなくてはなりません。
弊社も創業100年の「土壁メーカー」として土壁を次の100年へつなげる責任があります。

そこで・・・登場したのが土壁仕上げ材「塗ってクレイ」です。
IMAG0269

【特長】
塗ってクレイは、昔ながらの土壁仕上げの表情をそのままに、ボードに直接塗れるという性能を持つ特殊土壁です。
もちろん主成分は「淡路土」と「藁すさ」ですが、硬くボロボロしないのも特長です。
住宅の和室内装はもちろん、居酒屋や和食店の和モダンテイストの建築にもお使い頂ける内装仕上げ材です。

≫「塗ってクレイ」の資料カタログ塗り見本等ご希望のお客様は・・・

この度、塗ってクレイを茶室に縫って頂いた現場を見せて頂きました。
製品上問題はありませんが、新製品としての使用感をお伺いする良い機会となりました。

_DSC0130 _DSC0088

塗ってクレイのセット(荷姿)はこんな感じです。

_DSC0056

混練りは、ダマになりにくく以外に短時間で練れると高評価でした。

_DSC0045 _DSC0058

お伺いしたときには昨日塗ったとのことで、まだ乾燥途中!ムラになっているのは乾いている途中です。
_DSC0030 _DSC0020

※色むらになる製品ではございませんので安心して下さい。

_DSC0038 _DSC0018

今回はデザイン的に少し荒く仕上たそうですが、普通に波消しごてでフラットの肌にも出来ます。

_DSC0104

新製品「塗ってクレイ」土壁の進化にご興味のあるお客様はぜひ資料請求して下さい。

≫塗ってクレイの資料請求はこちら・・・

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/08/11 18:41

09

2018 08

真砂コン土間を使用した観光名所

出張時に兵庫県豊岡市の玄武岩が取れることで有名な玄武洞で施工して頂いた真砂コン土間を見てきました。

玄武洞の詳しい説明はこちら・・・

施行して何年も経つので、劣化を心配していましたがその結果は・・・

劣化もそれほどなく、しっかり強度がある土間のままで一安心。
真砂コン土間仕上げの特長は、主成分が土で水分の保水性があり、コンクリートやアスファルトとは違い施工面の表面温度上昇も押さえられ、近年の酷暑によるヒートアイランド抑制にも効果があります。
真砂コン液の役目は土間強度の長期安定です。
名称未設定-4[1]
土とセメントだけで土間を施工すると、一時的に固くなりますが、長期では風化してボロボロになってしまいます。真砂コン液を配合することで、風化をおさえ、長期的に安定した強度を維持することができます。この度真砂コン土間をもっとご利用しやすいように、1㎡セットを新しく販売しました。
名称未設定-1-1[1]
ただいまサンプル進呈中です!真砂コン土間が気になった方はこちらからお問い合わせください・・・

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/08/09 08:30

08

2018 08

塗り替えや補修にはどうして漆喰ベースが必要?

弊社には土蔵をはじめ、漆喰の補修に関してのお問い合わせを非常に多く頂きます。
ご説明させて頂く中で、下地の強化や不陸調整などをした後、ほぼほぼ漆喰ベースを下地材としておすすめさせて頂きますが、漆喰ベースが漆喰の下地として良い理由を少し説明したいと思います。

①下地材や躯体との付着力が高い。
新築と違い補修の案件になると、ほこりや汚れ、漆喰やセメント系なら白華の粉ふき等、様々なものが塗り替え表面や補修表面に付着しています。
漆喰ベースを塗る事でそれらを巻き込み一緒に硬化し、下地との付着を高めます。
例えば付着試験では、下地とした石膏ボードの上に漆喰ベースを塗り試験した結果、下地破壊というデーターでした。これは漆喰ベースが石膏ボードと離れず、石膏ボードが先に破壊されてしまった事を意味します。それぐらい漆喰ベースは下地に強固に付着します。
質問で多いのがシーラーだけではダメなのか?ですが・・・シーラー材だけなら、ほこりぐらいは一緒に固めるでしょうが、白華が出ていると白華の上にシーラー材がのるだけなのでその下にある下地との付着力が足りなくなります。シーラーだけで白華や表面に付いている異物を一緒に固めようとしたら、デッキブラシのようなある程度固いものでゴシゴシ巻き込みながら塗らないとあまり効果は出ないでしょう。

②上塗り漆喰との接着性が良い。
本漆喰自体は樹脂分も無く、あまり付着力が高いとは言えません。砂漆喰や海藻糊たっぷりの引き糊下地に漆喰を施工する場合は、同系統という事もあり馴染みもよく漆喰とも良くひっつきますが、塗り厚や材料の重さで補修時に使用出来ないことも多いです。漆喰ベースはセメント系ながら漆喰との接着性が非常にいいので漆喰下地に最適になります。

③水持ちが非常によく、上塗り漆喰の作業性が抜群。
漆喰の大半は何度も押さえて仕上げます。その押さえ作業に最適な水引き性能がありますので、大壁などの一度に仕上げないといけない場所でも安心して使用して頂けます。
特に現在の暑い時期に起こりがちなのが、水不足によるドライアウトです。ドライアウトが起きてしまうと強度不足になり失敗という事になってしまいます。
そうならない為に、上塗り材をいつも以上に柔らかく練ったりする場合もあるかと思いますが、生コンに代表されるコンクリートも一緒ですが、練り水量が増えると上塗り材料そのものの強度は低下しますので、極端な練水増加はせず、下地処理の段階で水引きを調整することが壁が長持ちする要因の一つです。

一度試してみたいと思った方は下記よりお問い合わせを頂き、漆喰ベース1セットサンプル希望とお書き下さい。
無料で送付させて頂きます。
漆喰ベースのお問い合わせはこちら・・・

 

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/08/08 11:55

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問