3月 | 2018 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2018年3月の記事一覧

28

2018 03

蔵にはやっぱり城かべですねぇ~

福井県で酒蔵に城かべ漆喰を使用した現場にお邪魔しました。
シンプルですがかなりの巨大さにビックリしました。一枚の壁も大きなものなので、人数をかけて一気に追っかけ工程で施工したとの事。
砂漆喰(城かべ中塗用)は糊が濃い目で上塗りの押さえ時間に余裕があり使いやすかったと言って頂きました。
kura1
«城かべ漆喰の下地別の施工方法はこちらから・・・

«城かべ漆喰の商品紹介はこちらから・・・
«砂漆喰(城かべ中塗用)の商品紹介はこちらから・・・

施工方法を守って永く美しい状態の漆喰施工のお手伝いが出来ればと思いますので、漆喰について不明な点はお気軽にお問い合わせ下さい。

«城かべ漆喰についてのお問い合わせはこちら・・・

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

 

 

2018/03/28 11:08

27

2018 03

これを持っていれば漆喰仕事も安心!!

漆喰のクラック補修パテ「ヒビキエール」便利なので手元に置いておこうとお持ちになっているお客様が増えました。
漆喰はみなさんもご存じのとおり自然素材で健康、安心な壁材なのですのが、自然素材ゆえの弱点もあり、乾燥すると硬く元の岩(石灰岩)に戻ろうとする性質があり、弾性力がありません。ですので構造が動くと漆喰壁はそれに追随できないためクラックが発生してしまします。
bc09b04d9e49df2d252c0a4c41cc319b[1]
逆に言えば仕上げが漆喰壁の場合は下地を動きにくいよう丁寧に作るという事が非常に大切だという事ですね。
そんなクラックを簡単に補修できるのが「ヒビキエール」です。
ヒビキエールweb用写真-2[1]
特に漆喰壁をよく塗られている左官さんには好評で、ひとつ手元に置いてあれば安心だねと言っていただきます。チャック付きポリ袋入りで余った分もそのまま保存でき、袋のチャックをしたままよく揉んでいただければ再度すぐご使用いただけます。漆喰仕事で施工後のクラックが不安だなぁ~とお考えの方は持っていれば安心ですよ。
ヒビキールくわしくはこちらから・・・
ヒビキエールのお問い合わせはこちらから・・・

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/03/27 16:27

25

2018 03

売れ筋瑞黒(ズイグロ)黒漆喰は追い掛け?それとも・・・

黒漆喰、瑞黒(ずいぐろ)への問合せが多いので社内で検証!後日動画でもご紹介するのでお楽しみに!

≫近畿壁材の動画はこちら・・・チャンネル登録お願いします!

HP荷姿[1]

 

≫瑞黒はこちら・・・

瑞黒は、黒漆喰のノロ掛け材料です。通常の漆喰に松煙墨を入れた物とは違い、色むらも少なく仕上がりの黒さには定評があります。
ノロ掛け材料にすることで確かに施工性が悪くなるかも知れませんが、黒漆喰の大敵でもあります色むらも少なくなり乾燥も早いメリットもあります。

今回、通常の施工要領でもあります乾燥した城かべ漆喰の上に城かべシーラーを塗り瑞黒を塗る方法でお勧めしておりましたが、城かべシーラーが手間なので城かべに追い掛けできないのか?という問合せが増え追い掛け仕上げについて検証しました。

_DSC4511

 

乾燥した城かべの上に瑞黒を塗るのは問題がありませんが、少し乾燥が早く押さえが難しいイメージです。しかし、この方法は、古い漆喰の塗り替えには使える方法です。

_DSC4514 _DSC4512

 

次に生乾きの城かべ漆喰に追い掛け塗りを行いました。
問題なく、水引も落ち着いて綺麗に仕上がりました。
今まで、カタログなどでは乾燥後の瑞黒をお勧めしておりましたが、追い掛けでも出来ることがわかりました。
是非!黒漆喰仕上の新定番として瑞黒をお使い下さい。

≫瑞黒について詳しくは・・・

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/03/25 18:59

20

2018 03

土壁をいつまでも美しく!

この度発売して、おかげさまで反響の多い土壁用撥水剤「土守(つちもり)」
多くの方が悩んでたんだなぁと実感しました。

ここで土守の特徴と注意点をご紹介します。

特徴①:塗った感がほぼ分からない
折角土壁の質感や色合いが好きで塗っているのに、撥水剤で意匠を変えてしまうのは元も子もありません。土守は比べて良く見てこそ塗ったかなとわかる程度で全面塗っていると、何か処理しているなとは分かりません。
特徴②:撥水力が強く、撥水期間が長い
撥水剤をしても2~3年で撥水効果が無くなりメンテナンスをしていてはランニングコストが大きくかかります。土守は通常は扱いが難しいフッ素系での撥水剤での商品化に成功しましたので撥水力もあり、効果期間も通常の条件下では10年以上の効果があります。
特徴③:土壁の性能を損なわない
ペンキ等と違い完全に造膜するわけではないので、土壁の調湿機能等の性能を損ないません。

注意点:吸い込みが激しい下地にはいくらでも入り込んでいきますが、塗布量は守ってお使い下さい。塗布量が多すぎると塗りムラが発生したりします。又、塗布量が多いからといって撥水力や撥水期間が変わる事はありません。

実際に実物を見てみたい方は少量現物サンプルをご用意しますし、実際に水をかけて確かめたい方は塗り比較見本をご用意していますのでお問い合わせをどうぞ!
土守のサンプルを見てみたい方はこちらから・・・
土守の商品情報はこちら・・・

土壁の街並み等も多いので、適切に保護して日本の伝統、文化の保護に役立てばうれしいです。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/03/20 17:03

19

2018 03

朗報!これは便利~土間拭き取りの最終兵器!

現場には、左官職人さんの知恵と経験から生み出される様々な道具があります。これらは、メーカーがいくら考えても出てこないアイデアがあります。
当社でも過去に数種類のアイデア商品をご紹介してきましたが、今回は最近売れ行き好調の【ウルトラソイル】や【重吉たたき】にも使える道具をご紹介します。

皆さんは、土間たたきや洗い出しなどのノロ拭きはどのようにされていますか?
通常は、スポンジで水拭きをし、残ったノロを刷毛で回収していきます。その時に拭き取るスポンジを紹介します。

_DSC4085

 

それがこの上記の写真!鏝にスポンジが付いた形状です。実は、この商品もう市販されているのですぐにでも欲しい方は購入できますが、まだ名前はついていないそうです。

当社の「土間たたき」や「ウルトラソイル」などは、表面の拭き取りが手間です、もちろん最終仕上げなので、手を抜くわけにもいきません。この工程の出来不出来が仕上がりにも影響します。

≫昔ながらの「にがり」と「石灰」で固める重吉土間たたきはこちら・・・

もちろん、大きなスポンジを強く絞るので時間と手間もかかります。

_DSC4094

大きな面積になると大変です・・・

この鏝型スポンジ(仮称)は、軟らかい土間にも均一に力が加わり、表面の表情が揃いやすく、大きな力を加えなくても余分なノロを拭き取ってくれます。

_DSC4079

もちろん絞るのもワンタッチ!別売りのローラーをバケツにセットすれば簡単に水を絞る事ができます。

_DSC4135

30㎡以上の大きな面積での拭き取りにご活用下さい。

_DSC4098

これで大変な拭き取り作業から開放されます。

≫ウルトラソイルでも使えます。ウルトラソイルって?何?

このスポンジが欲しい!と思ったお客様は、下記よりお問合せ下さい。
問合せ内容に、「ブログのスポンジが欲しい」とご記入下さい。
≫お問合せは・・・

 

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2018/03/19 09:47

15

2018 03

瑞黒(壁用黒しっくい)の下地作成

当社壁用黒しっくい「城かべ瑞黒」は塗り付けし、乾燥後もグレー色にならず、つや消しのマットな真っ黒に仕上がるのが特長です。気候が暖かくなり、黒しっくいのお問い合わせがお客様より増えてきたので、今月は「城かべ瑞黒」の施工要領動画を撮影することに決まりました。その瑞黒の下地となる、「城かべ漆喰」の押さえ仕上げ(フラット)を本日は作成しました。
20180310_141524 20180310_141558
「城かべ瑞黒」はノロ掛け仕様の黒しっくいで塗り厚が0.5㎜厚と非常に薄いため、下地が少しでも凸凹しているとその凸凹が仕上げ表面に出てきていまします。ですので下地は「城かべ漆喰」を押えて仕上げたツルっとした表面の上に瑞黒を施工するときれいに仕上がります。
瑞黒の施工は「城かべ漆喰」への追っかけ塗り(城かべ漆喰が半乾きの状態の上に塗る)もできますし、「城かべ漆喰」を押えて仕上げて完全に乾かし、その後「城かべシーラー」塗布でも施工できます。
施工要領なのでこの2通りどちらもご紹介させていただくため、今日は「城かべ漆喰」の押さえ仕上げの下地を塗りました。乾燥後、「城かべシーラー」塗布の施工要領動画撮影用の準備です。
動画は完成次第YouTubeにアップするのでみなさんお楽しみに!!
HP荷姿[1]
城かべ瑞黒くわしくはこちら・・・
城かべ瑞黒のお問い合わせはこちらから・・・

 

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

2018/03/15 09:19

14

2018 03

あなたの好みは糊土??中塗土??

最近中塗土を仕上げに使用されるのが増えてきたみたいです。
昔も中塗り仕舞いといって中塗土の仕上げはありましたが、出世したら上塗りをしよう等といったようにいずれは上塗り材を塗る前提でのことが多かったですが、今はデザイン的に中塗土の荒々しさが好まれて仕上げに使われているみたいです。

中塗土は主材となる土(泥)と骨材の砂、クラック抑制のすさの3種の配合です。左官職人様がほぼ地元の土を使い経験で配合されていましたが、良質の土(泥)がだんだん採取出来なくなり、そういったお声から弊社は淡路島の土を使い工場で配合した中塗土材「中土(なかつ)」を販売しています。
今回はこの中土(なかつ)とやすらぎ(糊土)の表情の違いを見てもらおうと思います。

こちらは中土(なかつ)です。
10ミリの一発塗りをすると写真のように収縮によるクラックが確認出来ます。
10ミリの厚みは下地の荒壁の不陸(でこぼこ)を直し上塗りを綺麗に仕上げる為の厚みです。
上塗りをしないなら5ミリ程度の厚みでも施工出来ますが、糊が入っていない分薄塗りは難しくなります。
通常は十分乾燥させ出来るだけクラックを出させておいた後に漆喰や聚楽等の上塗りを施工します。

既調合中塗り土「中土」のお問い合わせはこちら・・・
既調合中塗り土「中土」の商品情報はこちら・・・


こちらはやすらぎ(糊土)です。
仕上げは標準2ミリ厚で海藻糊が入って薄塗りでも施工しやすく配合されています。
クラックは微妙にあるかないかの感じになります。
中土の荒々しさとは違い上品な仕上がりになります。

本土壁やすらぎのお問い合わせはこちら・・・
本土壁やすらぎの商品情報はこちら・・・

 

土壁施工をお考えの方は参考にしてくださいませ。
あなたはどちら派ですか???

2018/03/14 13:43

03

2018 03

土系舗装材のメンテナンスの研究!

塗り壁や土間材などはやはり下地との付着が重要です。そのために「シーラー」と言われる材料を塗布し、水引き調整や接着増強に役立てます。

城かべシーラー荷姿写真web用

 

当社では、漆喰専用の城かべシーラーをご用意しております。
≫城かべシーラーに関するお問合せはこちら・・・

ただ、土間のような過酷な状況や、土系舗装材のメンテナンスなどの場合は、高い付着力と下地との接着海面に水が回っての剥離なども気になります。

以前土系舗装材の上にウルトラソイルを施工試験した箇所は、剥がれてはいませんが浮いて亀裂が発生しています。

_DSC2224 _DSC2225

 

浮いていてもめくれたり剥がれたりしないウルトラソイルは確かに強いですが、下地と付着しないと車の振動で割れてきます。

※もちろん安心して下さい、通常のモルタルやコンクリート下地では問題ありません。
今回の試験はたたきのような土系舗装材との付着試験です。

_DSC2249

今回は、施工後10年以上経過している当社の真砂コン土間仕上げの上にウルトラソイルを施工できるか、施工できるようにと新しいシーラー材を試験中!手前濃い色の部分が塗布、奥側が何も無しです。

_DSC2250 _DSC2222

 

上記写真は、ウルトラソイル、ウルトラソイルは、厚み15mmで施工できるたたき風仕上材です。

≫ウルトラソイルの資料請求はこちら・・・

_DSC2259_DSC2264

 

施工は、主材と配合材と硬化液と水で練るだけです。練った後は、モルタルのように塗り付けて完成!

_DSC2253 _DSC2251

シーラー塗布の場所と、シーラーの無い場所との付着の違いがどのようになるか楽しみですね!

試験結果は、後日フェイスブックで紹介!

_DSC2263

 

≫当社フェイブックにいいねお願いします。

≫今回使用材料のウルトラソイルはこちら・・・

—————————————————————————

>近畿壁材の動画、チャンネル登録お願いします。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/03/03 09:24

03

2018 03

土間たたき試験~その2

先日水量多めの土間たたき試験を行いましたが、やはり割れました・・・再度改良してもう一度試験を行います。
≫たたき思いつきで試験!

使用材料は土と石灰とにがりで固める【重吉たたき】・・・資料請求はこちら!

で、本題!たたきは基本少ない水量でたたき締めて強度を出します。よってモルタルのように水を沢山入れて施工すると強度も出ず、乾燥収縮により割れやすくなります。
通常の水量は、4L程度ですが、前回は9L~10L入れ叩かず施工性は向上しましたがやはり割れました。

_DSC2181

 

今回の水量は鏝で均せる限界の8L!上記の写真ぐらいの硬さで挑戦です。

下地は、コンクリート下地!※土間たたきは通常コンクリート面には施工出来ません!今回は配合を変えて試験施工で行っています。

_DSC2185

 

コンクリート面には現在開発中のウルトラソイル用のシーラー「ウルトラシーラーデラックスパワー(仮称)」を塗布、このシーラーは溶剤で臭いですが付着は最高に良いシーラーです。

この2m四方4㎡に1練り1㎡づつ水量と配合を変えて施工します。

_DSC2183 _DSC2189

 

使う材料は、「重吉たたき」改良版です。もちろん、石灰と土とにがりを使う昔ながらの土間たたきです。

まず、土と石灰を空合わせします。

十分に空合わせができれば、そこににがりと水の希釈液を入れて練ります。今回は、8L+にがり1Lタイプと、9L+にがり1Lタイプでと水量を変えた場合と、追加で真砂コンバインダー(すさ)を入れたタイプと入れないタイプの試験を行いました。

_DSC2205 _DSC2195

 

すさを空合わせした材料に投入!

※注意事項:すさを空合わせのままそのまま投入するとあまり上手く混ざりませんでした!すさを追加する場合は、必ず水とすさを混ぜてから投入してください。

今回使用した土間用のすさは、「真砂コンバインダー」です。
≫真砂コンバインダーについてのお問合せは・・・

_DSC2192_DSC2193

 

配合と水量を変えて1㎡づつ試験!やはり9Lのほうが施工はしやすくアマもよく浮いてくれます。

_DSC2214 _DSC2217

 

施工後は、水量の違いや、塗り継ぎは見えませんが乾燥後が楽しみです。たぶん塗り継ぎ部分で亀裂が入らなければいいのですが。

試験結果は、後日ご報告します。

≫今回使った材料「重吉たたき」にご興味のあるお客様はこちら

≫重吉たたきに関する資料請求はこちら

 

 

—————————————————————————

>近畿壁材の動画、チャンネル登録お願いします。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

 

 

2018/03/03 08:52

02

2018 03

外部大壁の漆喰施工現場へ

いつもお世話になっている左官さんからご相談を受け、これから施工予定の外部大壁の現場へ行ってきました。
20180222_112416 20180222_112050
下地はモルタルで間にメッシュ(ネット)を全面に挟み込み、モルタルメーカー様仕様どおりでつくっていただきました。
大壁で問題になるのはかなり塗面積が広くなるので仕上げ塗りをする場合に水引きムラや出やすくなったり、施工にかかる人手不足などです。
通常モルタル下地の場合、まず城かべシーラーを塗布し、その後中塗り漆喰を施工します。上塗り漆喰は追っかけ(中塗り漆喰が半乾きの状態)で施工するのですが、広い面積になるとかなりの人手が必要になり、実際の現場ではかなり難しくなります。
そこでこのような大壁現場の場合は外部用下地材「漆喰ベース」をおすすめさせていただいております。
20180222_104355 20180222_104322
「漆喰ベース」は漆喰専用の下地調整材で塗った翌日には乾燥します。中塗り漆喰のように追っかけで上塗り漆喰を施工しなくてもよく、漆喰ベース乾燥後上塗り漆喰を塗るまでに日にちをあけていただいても問題ありません。また、水引き調整も兼ねてあるので、上塗り漆喰を塗った時ムラ引きしにくく仕上げ塗りの作業性があがります。
こちらの現場は見てのとおり大壁で約350㎡の漆喰施工なのでご提案させていただき、左官さんにも気に入っていただきました。ちなみに目地無しなので仕上げ塗りにはもうお二人ほど応援の左官さんを呼び、計5人程度で施工するそうです。完成後またみなさんにご紹介できればと思っております。
20180222_103506
こちらの現場は内装にも漆喰をご採用いただきました(^^♪
漆喰ベースお問い合わせはこちら…
漆喰ベースについてくわしくはこちら…

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

2018/03/02 08:00

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問