4月 | 2017 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2017年4月の記事一覧

30

2017 04

ウルトラソイルカタログリニューアルしました!

昨年8月より販売させていただいております。現代風土間たたき「ウルトラソイル」!
おかげさまでたくさんのお客様よりご注文いただき、お問い合わせも多く、当社でも人気商品になっております。ニーズがある商品なのでご要望も多く、「もっとカタログを施工方法がわかりやすいものにしてください」とのお客様の声よりこの度カタログをリニューアルいたしました。
20170428144030492_0001 (1280x904)
弊社ホームページにはカタログはもちろん施工工程動画もアップしてあるのでご興味ある方はぜひ覗いてみてください。

>>駐車場にも使える現代風土間たたきウルトラソイルはこちら・・・

2017/04/30 11:30

26

2017 04

社寺仏閣にはやっぱり漆喰ですね!

富山県南砺市にある城端別院 善徳寺では平成の大修理を行っております。
2012年から始まったこの大修理もそろそろ終わりに近づき、漆喰工程が行われる箇所も増えてきましたので訪問させて頂きました。

壁自体を新しくする箇所は新築と同じ要領での工法でいいですが、既存の部分を残しながらの補修は下地の劣化具合等を見て工法を変えていかないといけません。
現場での職人様の判断が重要になりますね!


漆喰がしっかりしている所は漆喰ベースを使い・・・
土まで見えるところは中塗土で直しを行い・・・
躯体が弱っているところは下地を作り直し・・・
職人様の判断と技術に感激しました。


この後もまだ修復は続きますが、完成までいい提案が出来ればと思います。

善徳寺ホームページはこちら・・・

2017/04/26 11:07

24

2017 04

新商品:ベラムーロ開発最終段階!

新商品ベラムーロがいよいよ完成に近づいてきました。なかなか今回は、現場施工から色々時間がかかりました。
後は、やはり使いやすさの追求ですが、性能と使用感は反比例・・・・難しい。
性能を上げると使いにくくなり、現場での施工性を考えると性能の低下につながります。
最終的にベラムーロはどこで着地をさせるかが、勝負です。
「4月発売はやめときます。」「間に合いません」
残念ですが、研究室も頑張ってますが諦めます。

_DSC1509

というわけで、試験も最終段階です。骨材の量や、スサの量などなかなか難しい調整です。

_DSC1511 _DSC1512 _DSC1513 _DSC1514

ベラムーロの特長は、撥水性能と長期的な安定です。日本の春夏秋冬の温度差や高温多湿などの過酷な環境を乗り越える力が必要です。また、城かべ漆喰のリペアー材としても漆喰の上に塗れることが求められます。
これらの条件を満たすのはなかなか大変です。

_DSC1530 _DSC1527 _DSC1519

厚く塗るとダレ割れを起し、薄く塗ると下地の透けなどが気になります。このような問題点を一つ一つ解決していくと塗りにくくなったりします。

_DSC1515 _DSC1522 _DSC1521
ベラムーロ登場もうしばらくお待ち下さい。

で?・・・「ベラムーロって何?」

「内緒です。」

2017/04/24 11:00

21

2017 04

城かべ漆喰の施工時期による対策について

漆喰はクラック説明のところでもお話させていただきましたが、自然素材のみを原料とした伝統的な塗り壁材です。自然素材を原料とする漆喰は、弾性力(曲げ強度)が無いだけでなく、養生期間もセメントやその他化学合成樹脂配合の壁材に比べ特長があります。漆喰は気硬性という性質で塗りつけ後、空気を吸ったり吐いたりを繰り返しながらゆっくり硬化してきます。要するにその他壁材に比べ水分を持っている時間が長いため、養生期間が長く、乾燥スピードが遅いのです。水分を長く持っているという事は季節による気温変化や、下地の水引き具合などの影響を受けやすくなります。乾燥スピードが遅すぎても、はやすぎても不具合が出るので冬場や夏場などは対策が必要になります。
塗り付け
夏場は乾燥がはやくなるため、城かべシーラー3倍液による水引き調整や、海藻糊城かべ角又を追加で投入し乾燥スピードを遅くする対策をしてください。特に夏場は漆喰専用下地材、内部用ボードベース・外部用漆喰ベースが水引き具合が良いとユーザー様より好評をいただいております。
逆に冬場は城かべシーラーを薄めの5倍液に変更したり、城かべ漆喰の練り加減も練り水量を減らし、いつもより硬めに練って漆喰自身の水分量を減らしたもので塗りつけ、よく押さえて水分をはやく飛ばすなど、乾燥をはやくする対策が必要になります。冬場は通常品のボードベース・漆喰ベースよりLight品の方が良いか知れませんね。
季節的には春、秋が漆喰施工にはベストな気温ですが、すべてがその季節に施工できるわけではないので漆喰の養生にかかる影響もご理解いただくと、施工もスムーズになると思います。
>>城かべ漆喰施工注意事項はこちら・・・

2017/04/21 11:30

19

2017 04

黒しっくいの街並みに新たな建物誕生!

富山県高岡市に伝統的建築物が並ぶ街並み「山町筋」があります。
建物の多くは黒しっくいになっており、観光客も良く訪れるこの通りに、この度新たな黒しっくいの建物が完成しました。
高岡信用金庫 本店です。

すごい重厚感!
銀行のイメージではないかもしれませんが、この街には非常に良く合う素晴らしい建物です。


城かべ漆喰に城かべ松煙等を配合し真っ黒にした漆喰を塗り付けています。
さらに雨が当たると二次白華してしまうので雨がかりがありそうな箇所には二次白華防止撥水剤のプロテクターExを塗布しています。
これで黒漆喰を永く守ってくれるでしょう!

≪≪城かべ漆喰はこちら・・・

≪≪城かべ松煙はこちら・・・

≪≪プロテクターExはこちら・・・

ちなみに道路を挟んだ斜め前には赤レンガの銀行 富山銀行本店があります。

5/1にはこの地域で高岡御車山祭が開催されます。
沢山の観光客が訪れる高岡市の大きなお祭りで、普段は御車山会館に保管展示されている7基の山車(やま)が揃う姿は圧巻です。
この行事そのものが国の重要有形民俗文化財・無形民俗文化財に指定されている大変珍しいお祭りですので、この機会に訪れてみてはいかがでしょうか??

2017/04/19 11:00

17

2017 04

やっぱり!城かべはこんな建物に最適やね・・・+ウルトラソイル~

今日は、岐阜県瑞浪市大湫宿(おおくてじゅく、大久手宿とも)で新しいコミュニティーセンターがOPENしたので見に行きました。
以前もウルトラソイルの施工ブログで紹介しましたが、今回完成したので紹介します。

_DSC1671
まずは、中山道大湫宿(おおくてじゅく)について・・・
≫大湫宿仁ついては大湫町推進協議会HPより抜粋

大湫(おおくて)宿は、「大久手宿」とも書かれ、中山道47番目の宿である。
慶長9年(1604年)、中山道の新宿として大久手宿が設置された。標高510m、宿高109石8斗2升。尾州藩領で同藩木曽衆の千村・山村両宗家の折半知行地であった。
江戸へ90里半(約355㎞)、京へ43里半(約171㎞、東の大井宿へ3里半(約14㎞)、西の細久手宿へ1里半(約6km)。
また助郷村は、旧土岐郡下の寺河戸・小田・山田・土岐・猿子・小里・萩原・須之宮・羽広・釜戸・半原(以上瑞浪市)・駄知(土岐市)と旧恵那郡下の藤・久須見・竹折・野井・佐々良木・椋実(以上恵那市)の18ヶ村、1万97石の村々であった。

というわけで、漆喰部分は城かべ漆喰、土間はウルトラソイルを利用頂いたことから見学に行きました。
注意:投稿日が少し遅くなりましたすいません・・・・梅が咲いている・・・・

_DSC1675
古い建物の改修で伝統建造物にも指定されています。
かっこいいですよね、白い部分は城かべですが、下の犬走りはウルトラソイルです。

_DSC1691 _DSC1689
城かべ漆喰はこのような建物に使うための材料かもしれません。
パターン仕上もいいですがすっきりした押さえも魅力です。

梅が咲き始めたころなので撮ってみました。

_DSC1694
中庭の犬走りもウルトラソイルです。仕上はワイヤーブラシの掻き落とし。

_DSC1696 _DSC1698

素敵な現場なので紹介させて頂きました。
皆さんも、紹介してくれぇ~という現場がありましたら取材にお伺いしますよぉ~

_DSC1704
≫城かべ漆喰はこちら・・・

≫ウルトラソイルはこちら・・・

 

2017/04/17 11:00

16

2017 04

「ウルトラソイル」施工工程動画アップしました

弊社人気商品!現代風土間たたき「ウルトラソイル」の施工工程をよりわかりやすくするため、動画をアップしました。
「ウルトラソイル」は現代風に革新した新しい土間たたき材料で、鏝塗り工法の薄塗りで施工ができ、1㎡セット品なので施工が簡単!さらに駐車場にも使用可能な高強度を実現した土風に仕上がる土間材です。
土間たたきご検討中の方はぜひ動画を参考にしてみてくださいね(^-^)
①ウルトラソイル 練り工程動画
②ウルトラソイル 塗りつけ工程動画
③ウルトラソイル 押さえ~仕上げ工程動画

2017/04/16 11:30

14

2017 04

外部ボード系下地はダメでも内部ボード下地には漆喰は塗れます

先週外部ボード系下地には漆喰が割れる為、施工できません!というお話をさせていただきましたが、じゃあ内部のボード下地も同じなんじゃないの?と思っていらっしゃる方もいると思います。ましてや近年の主流は内部の場合、石膏ボード下地が圧倒的です。
DSC02676 (800x533)
結論からお伝えすると、内部石膏ボード下地に漆喰は塗れます!そして、割れの報告もほとんどありません。なぜでしょうか?建物に外的や構造的な要因などでなんらかの力が働いた場合、建物の外側からその力は伝わります。その時に外部のボード系下地は性質上、継ぎ目のジョイント部分などがどうしても動いていまうため、漆喰が割れてしまうのです。内部にはその力が伝わりにくく、動く可能性が少ない為、石膏ボード下地でも施工可能という訳です。
とは言ってもボード下地なので塗り壁をする場合は適正な処理は必要になります。石膏ボードは厚み12.5ミリをできるだけ使用し、厚み9.5ミリを使用の場合は、合板やボード同士で二重貼りにすると効果的です。胴縁を450ミリピッチで縦、横に入れ、ジョイント部分には必ず受け材を入れて、クロスを施工する時のように不陸が無いようにしてください。不陸があると石膏ボード下地の場合、仕上げまで約3ミリ程度と薄塗りなので、不陸調整ができず、塗り厚の違いによる割れが発生する場合があります。
漆喰を石膏ボードに塗る場合の下地材「ボードベース」はこちら・・・
また石膏ボードに施工する場合によく「シーラー処理のみで漆喰を塗ってもいいですか?」とお問い合わせいただきますが、これは絶対にやめてください。漆喰はph12~13の強アルカリ性質で石膏ボードの表面の紙に触れると紙が腐食し、そこから剥がれ落ちる事があるからです。実際に私もこのような現場にお伺いしたこともありますし、ユーザー様からの報告も多数いただいております。なので漆喰と石膏ボードを触れささないよう遮断する為、下地材塗りの工程は必ず必要になります。
漆喰専用下地材「ボードベース」はビニールクロスにも対応しており、リフォームにも使いやすい下地材です。漆喰壁で内装リフォームをお考えの場合はぜひお試しください。
>>昔ながらの漆喰壁「城かべ漆喰」はこちら・・・
>>下地別城かべ漆喰施工工程はこちら・・・

2017/04/14 11:30

12

2017 04

ウルトラソイルの施工手順のご紹介!

店舗の土間にウルトラソイル 褐色 をご採用頂き、施工日にお邪魔しました。
写真を撮らせて頂いたのでご紹介!


①捨コン下地に、前日に養生と城かべシーラー3倍液を塗布してもらっています。

練り
②既定の材料を練り合わせます。
※ウルトラソイルは駐車場に使える強度を出す為、透湿樹脂を混入します。その為練りすぎると硬化が早まって作業性が悪くなるので、練り終わるとミキサーを一旦止めた方がいいです。


③塗り付け中の様子です。


④ウルトラソイルは15㎜仕上げの材料ですが、途中厚みを見ると少し分厚いかもです。
少し硬いぐらいが均しやすくて作業しやすそうですね~


⑤全体を塗り付け、最後に角部分を面取りして塗り付け完了です。
この後はコンクリートのように押さえますが、金鏝でビシビシに押さえると中の骨材が沈みやすい為、スタイロフォームで押さえました(さすが現場の左官様の知恵ですね)


⑥今回の仕上げ方法は拭き取り仕上げ!左官刷毛で表面のノロを荒らした後に水を含んだスポンジでノロを拭き取ります。
※15㎜以上の厚みが付いた場合には骨材が沈みやすく、骨材を見せる為には拭き取り量が増えますので注意です。


⑦拭き取り完了で乾燥養生です。
※拭き取り時に水分が残っていると白華しやすくなりますので、水分を残さないように拭くのがコツです。


⑧少しでも白華を出にくくするためにシート養生をしました。
※白華が出ない事はありません。完全乾燥後に酸洗いをすれば色味は落ち着きます。

この他に外部の犬走り等も施工しましたので、完成後の写真と共に次回ご紹介いたします。
取材させて頂きました施主様、工務店様、左官職人様 ありがとうございます。

≫≫ウルトラソイル 商品のご紹介はこちらから・・・

≫≫施工立ち合い依頼やサンプル等のお問い合わせはこちらから・・・

2017/04/12 14:45

10

2017 04

黒漆喰の補修に瑞黒(ずいぐろ)

出張中、お客様からの相談で黒漆喰壁壁の補修の現場にお邪魔しました。
壁自体には亀裂も無く、浮きなども見当たりませんが、ただ雨がよく当たる場所は白くなっています。
皆さんもこのような状態よく見かけますよね!

_DSC1665

黒漆喰もやっぱり漆喰です。雨が当たると白華します。
ちなみに白華は、漆喰内部の石灰の結晶が水で溶け出し、壁表面で大きく結晶が育って残る現象で、黒の墨が流れ出しているわけではありません。
どちらかと言うと、黒よりも白が大きくなって目だってしまう現象ですかね。
そんな白華にも2種類あって、施工後壁の乾燥とともに出てくるのが通称1次白華で、乾燥後雨などにより外的な水分の影響で出てくるのが2次白華です。

_DSC1669

黒漆喰だけで起こる現象ではなく、実は白い漆喰も同じことが起こっているんですよ。見えないだけ・・・・
私は、個人的にこの黒漆喰が白くなっている雰囲気が味わいがあってなんともいえない風情を感じますが、「真っ黒に直してぇ~」という要望は多くあります。

_DSC1670_DSC1668

そんなときにご提案するのが、「瑞黒(ずいぐろ)」です。
瑞黒は、黒漆喰ノロ掛け材料で、古くなった下地に城かべシーラーを塗布するだけで塗ることが出来る黒漆喰です。

もちろん、亀裂や浮きがあれば補修が必要ですが、綺麗に塗り替えるだけなら非常に便利な商品ですね!

≫瑞黒(ずいぐろ)漆喰はこちら・・・

今回の現場は、何かローラーか刷毛のようなものでノロを塗っているようにも見えます。
このような感じで、とりあえず黒くしたい場合は、「プロテクターB」という黒漆喰リペアー材もあります。

_DSC1667
ローラーや刷毛で塗るプロテクターBは、撥水材の性能もあり、漆喰の呼吸も損ないません。
もし、黒くすることだけが目的ならばプロテクターBもいいかもです。

≫プロテクターBはこちら・・・

この現場も完成したらまたご紹介します。0000

2017/04/10 11:00

このページの上に戻る