9月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年9月の記事一覧

29

2016 09

木摺りしっくい小屋その後・・・

みなさん覚えていますでしょうか?(^^)
2年ほど前に発売当初でしたので、弊社の燃えるゴミ専用小屋を社員のみで木摺り下地で建て、そこに「漆喰ドカッと!」で施工しました。
今現在がこの状態です。
20160929_114514
20160929_114524 20160929_114536
表面のアップ

心配していた汚れもそれほどなく、綺麗な状態です(^^)
この度ご紹介させていたいたのは、「木摺り下地に施工したい」「古い土壁がかなりボロボロになっていて不陸調整が大変」というお問い合わせが増えており、漆喰ドカッと!をよく出荷させていただいております。
ご使用いただいた左官様の評判もよく、再度同じお客様よりご注文いただく機会も増えました。
ドカッと!はその名のとおり、ドカッと一度に厚みをつけれる軽量厚付け漆喰です。
木摺り下地や、古い土壁補修をお考えの場合はぜひご検討ください。
>>>漆喰ドカッと!くわしくはこちら

2016/09/29 16:45

28

2016 09

富山市左官組合様講習会

9/10に富山市左官組合様にご依頼頂き講習会を開催致しました。
新発売の重吉たたきウルトラソイルを中心に御紹介させていただき、カタログや商品説明書では説明出来ない仕上げ方のコツやタイミング等を実践させて頂きました。

流石は左官職人様!

「こういうやり方はどう?」とか「土の下地には?」「どこまで固めたらいいの?」等、実際の現場をイメージされながらの質問をいただき、講習する側でしたが勉強になる対話が出来て良かったです。

富山市左官組合の皆様 貴重な時間をありがとうございました!

2016/09/28 10:59

27

2016 09

お墓の現場その2

以前お墓の前に新商品の重吉たたきを施工させていただいた現場をご紹介しましたが、お墓の周りにも当初は重吉たたきを予定していましたが塗り厚が4㎝とれなかったのでウルトラソイルに変更になりました。
まずは、しっかり養生しました。当日は朝から雨だったので苦労しました。

次に下地処理し、材料を塗りつけていきます。

数時間後表面をスポンジのふき取りで仕上げました。
完成したのがこちらです。

施主様もお墓によく似合っていいし、草抜きもしなくていいもで助かりますと大変喜んでいただきました。

ウルトラソイル・・・

2016/09/27 11:33

27

2016 09

本土壁やすらぎをボードに塗る時に適した下地は?

糊土といわれる仕上げ材『本土壁やすらぎ』この素朴な感じが人気ですが、実際の施工となると色々デリケートなところもあるんです。
実際のところ皆さん下地材では悩んでいるようで、色々試されているようです。そこで・・・・

今回は、土壁に適した下地はこれだ!と題して色々実験してみます。
第1回目は、『ボードベースライト』です。
ボードベースライトは、兄貴分の漆喰専用下地『ボードベース』の1材型で正直なところ水引き性能はボードベースより落ちますが、逆に土壁にはいいかもしれません。

20160926183230119_0001

今回は、このボードベースライトに珪砂5号を1kgとあくぬきわらすさ少々追加して厚めに塗ってみました。

20160926_050634135_iOS
名称未設定 1 あくぬき

あくぬきわらすさは、アクを抜いているので下地材にも使えます。
昔はよくYNプラスターに入れていました。

あくぬき2

乾燥したら実際にやすらぎを塗ってみます。お楽しみに・・・

20160926_050628165_iOS 20160926_051754098_iOS

珪砂とわらすさで鏝離れもよく塗りやすいですよぉ~

≫本土壁やすらぎはこちら・・・

2016/09/27 11:00

26

2016 09

ウルトラソイル仕上げ方法試してみた!

7月より販売しております現代風土間たたき「ウルトラソイル」!施工していただいた左官様より仕上げが速く、簡単に、綺麗に仕上がった方法があるとお聞きし、この度の見本はお聞きした方法で作成してみました。
20160924_102500
表面のアップ

その方法とはウルトラソイル塗り付け後、2時間ほど養生し、表面がある程度締まってきたらスタイロフォームを濡らし、表面を掻き落としと同じ要領で円を描くように撫でていきます。その後、乾いたスポンジで表面の水分を拭き取り完了です。
この仕上げ方法は確かに施工がはやく終わり、簡単でした(^^)
表面は掻き落としたときのような荒々しさは無いのですが、非常に上品な雰囲気に仕上がります。
これから施工お考えの方はぜひ参考にしてみてください(^^)

2016/09/26 11:30

24

2016 09

瑞黒(黒しっくい)の蔵

以前に工事中をご紹介した富山県の豪農の館 内山邸の外観です。

真っ白な漆喰の蔵は多数拝見した事はあるんですが、真っ黒な蔵は中々お目にかかれません。
広い面積を黒しっくいで塗るのはムラだったり、二次白華が目立ったりとリスクが多いです。
その中で比較的ムラになりにくい弊社の瑞黒しっくいを採用いただき施工して頂き完成しました。
庭園の中にそびえたつこの蔵は重厚感があり、一際存在感がありますね。

実はこの蔵は書庫ですので、他にも多数の蔵や休憩所、通路もたたきっぽい仕上げがされており、至る所に左官の技術が見え嬉しくなってしまいました(笑)

今は富山県の管理で常に手入れされていて、いつでも入館可能ですので、機会がありましたら是非一度お立ち寄り下さいませ。

2016/09/24 12:00

23

2016 09

リライムの刷毛引き!

最近現場へお伺いする機会が増えている「リライム」今回は住宅外壁への刷毛引きを見せて頂きました。
パターン仕上げやフラットはありますが刷毛引きも出来ます。パターン用にすさを短くしているので刷毛引きでも気になりません。
リライム 3
新しい材料なので出来る限り皆様に情報発信できればと考えております。
≫外装用漆喰『リライム』はこちら・・・

リライムブログ1 リライム 4 リライム 2

2016/09/23 12:03

21

2016 09

お墓の前に重吉たたき施工

知り合いのお墓の前に新商品の「重吉たたき」を施工させてもらいました。
まずは、枠を作り練った材料を流し込みました。

次に材料を平滑にならし、叩きしめていきます。

全面よく叩き締めたものがこちら。

枠を外したときに角が弱いので面取りも行いました。


最後に表面をスポンジでふき取って完成です。施主様も気に入っていただきました。和風な場所には伝統のたたきが似合いますね。今回は化粧砂利を埋め込んでいませんが埋め込むとまた違った雰囲気になります。

重吉たたきはコチラ・・・

2016/09/21 11:47

20

2016 09

販売店様でウルトラソイル施工

販売店様からウルトラソイルのサンプルを施工したいとのお話があり、倉庫の横に施工させていただきました。当日は天気が心配でしたが何とか当日中に施工できました。

両端は掻き落とし仕上げ、真ん中はスポンジのふき取りで仕上げました。
完成したのがこちら

色は奥から山吹、灰茶、褐色の順番です。当日は雨が心配でしたのでシートをかけて完了しました。
後日販売店様から写真を送っていただきました。

施工も上手くいき、販売店様も気に入っていただいたようでホッとしています。外部で雨が当たるところなので白華が心配です。次回出張の際にお邪魔して確認したいと思います。

ウルトラソイルはコチラ・・・

2016/09/20 10:53

17

2016 09

リライムの外壁パターン仕上げ!

外壁の漆喰パターン仕上げは、汚れやカビなどの危険性があります。
特に伝統の漆喰【城かべ】などは、そもそもが押さえてフラットに仕上げることでそれらを防ぐ効果があります。
城かべ漆喰は内装では、何の問題も無くパターンやデザイン漆喰を行っても問題はありませんが、外部では撥水材などの使用を勧めております。
そこで、再三ご紹介させて頂いております『リライム』は、伝統の漆喰では難しい外壁のパターン仕上げを目的とした漆喰です。

≫リライムはこちら・・・

今回は、店舗の外壁にご使用いただきました。リライムに寒水石をいれ鏝でパターンをつけたそうです。

20160916-_DSC3655
仕上げのパターンはこんな感じです。

20160916-_DSC3645
20160916-_DSC3647 20160916-_DSC3654
伝統は守り、ニーズに合わせた革新も必要かな?

2016/09/17 15:54

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問