5月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年5月の記事一覧

31

2016 05

施工途中の文化財現場へ

ただいま施工真っ最中の文化財現場へ行ってきました。
あれだけボロボロなっていた土塀がここまで見事に修復されております。
20160525_115823 20160525_115837
まず既存の古い土壁の弱い部分を全て除去し、それから浸透性土壁強化剤「土強」噴霧にて古い土壁を強化し、落とした古い古土と新しい中土を混ぜた土で不陸調整、乾燥後「城かべ中塗用」を塗った段階です。
これからいよいよ仕上げ上塗り工程に入っていきますが完成が非常に楽しみです。
このような文化財修復現場に弊社の商品が採用されているのももちろん嬉しい限りですが、文化財の補修には材料はもとより左官様の確かな経験と技術が必要になってきます。若い左官様にもこのような現場をご経験いただき、伝統技術を継承してもらいたいですね。
20160525_115857
完成したらまたみなさまにご報告させていただきます。

2016/05/31 11:40

30

2016 05

蔵の補修現場へ

出張中に販売店さんから蔵の補修が完成したので見てみたらと声を掛けていただいたので見学させていただきました。また、現場が分かりにくいからと販売店さんが職人さんを呼んでくれ、職人さんに案内していただきました。大変助かりました。

この窓は補修前は窓枠はなかったのですが新設したそうです。蔵が一段と蔵らしく見えますね。

また、蔵の戸も観音開きの戸はよくみかけますがこの蔵は引き戸で表面に漆喰を施工しています。私もお話では聞いたことはあったのですが実物を見るのは初めてで大変勉強になりました。
御使用いただいた材料は古代漆喰上塗用に油を入れたものです。表面もよく押さえてあり、新しく張り替えた杉板ともコントラストがとてもきれいな仕上がりでした。
販売店さん、職人さんありがとうございました。
古代漆喰上塗用はコチラ・・・
城かべ油はコチラ・・・

2016/05/30 15:34

30

2016 05

トイレに漆喰!以外に多いんですよ。

城かべ漆喰をお使いいただく現場は、最近一般住宅の内装も増えていますが、やはり1番は社寺建築です。
そんな中、観光地のトイレにも意外と漆喰が使われているんです。
景観に合わせての理由が1番だとは思いますが、意外と城かべ漆喰の特長がトイレにはいいのかもしれませんね。
強アルカリで衛生的だとか、調湿機能とか、これはデーターとって無いのでわかりませんが、多少は消臭機能も多少あるかもしれませんね。
20160519-_DSC5413 20160519-_DSC5414

これからも城かべ漆喰の高機能を活かして様々な現場に使って欲しいですね。
20160519-_DSC5388 20160519-_DSC5390 20160519-_DSC5386

2016/05/30 11:59

28

2016 05

お寺の改修現場その2

先月お邪魔したお寺の改修現場を再訪問させていただきました。先月は土塀の補修が終わったところでしたが、今月はちょうど本堂の漆喰の塗り替え準備にかかっていました。足場を組んで古い漆喰を全部はがしたところでした。
完成したらまたブログにてご紹介させていただきます。

2016/05/28 11:55

27

2016 05

木と漆喰!

ヤシロ1

兵庫県の別荘地にある邸宅です。
ログハウス風の丸太の木と漆喰の白が合わさって非常に美しかったです。

ヤシロ2ヤシロ3ヤシロ4

城かべ漆喰
を練り置いて使用して頂いてて、左官職人様も塗りやすかったよとおっしゃって頂きました。
城かべ漆喰の練りバージョンもありますよ~

2016/05/27 11:58

24

2016 05

四国八十八ヶ所 七十番札所 本山寺へ

出張中お客様を訪問したすぐ近くに本山寺があってのでちょっと寄り道しました。
20160520_132144
八十八ヶ所の中では4ヶ所だけという五重の塔が目印なのですが、ただいま平成の大改修の真っ最中。何百年も前の伝統建築が今現在の職人様たちの手でよみがえる、当たり前のことなのですがその技術がずっと継承され、今現在に至るのは本当すごいことです。完成が今から待ち遠しいですね(^^)
20160520_131604 20160520_131625
広い境内には国宝の本堂をはじめ文化財でいっぱいです。さすがに有名なお寺です、技術の確かな左官様が塗られたのでしょう、漆喰壁も非常にきれいに押えられていて、納屋にも本なまこが施工されていました。
20160520_131655 20160520_131944
文化財にも実績ある城かべほんねり

2016/05/24 11:45

23

2016 05

洗い出しのはさみ!?

古い町並みを歩いていると様々な発見があります。
漆喰や海鼠壁などの街並み以外にも、洗い出しの外壁や研ぎ出しなどちょっと大正時代っぽいのもなんかいいですよね!
下の写真は復元工事だそうですが、洗い出しの建物!手がこんでいます。
下の写真は、岐阜県東濃地域恵那市岩村町です。伝統建築保存地域にも指定されている素晴らしい城下町ですよ!

20160519-_DSC5395
そんな町並みを歩いていて発見!今は移転してご商売は別の場所でされているようですが、散髪屋さんの店舗です。
教えて頂かないと見落としてしまいそうですが、これも左官職人さんの遊び心なんでしょうね。
20160519-_DSC5418 20160519-_DSC5419
洗い出しのはさみでした・・・・ちゃん♪ちゃん♪

2016/05/23 12:00

21

2016 05

店舗での城かべ漆喰現場!

以前、お客様から提供頂いた写真で投稿させて頂きました店舗での城かべ漆喰活用事例。
この度出張でお伺いする機会があったので見せて頂きました。
街並み保存地区であるため、外観は昔ながらの雰囲気を残しながら一歩店舗に入ると和モダンの素敵なお店でした。
20160519-_DSC5362 20160519-_DSC5364 20160519-_DSC5369
塗り壁の特長でもある立体感のあるパターン仕上げと大きな3次局面がおしゃれですね!
パターンは、木鏝だそうですが上品に仕上げられていました。
食品を扱う店舗ですから漆喰は衛生的で結露もなくいいと思います。

20160519-_DSC5367 20160519-_DSC5365

2016/05/21 12:00

19

2016 05

文化財の補修現場へ・・・

三木家住宅
兵庫県指定文化財 三木家住宅で土塀の修復、補修の為訪問させて頂きました。

土塀

土塀2
版築土塀になっており、大きなクラックもあり大変そうです。

断面
断面はこんな感じです。ボロボロになってますね・・
出来るだけ材料も再現しながら、本来の姿になるよう、お手伝いさせて頂こうと思います。

別注土壁
以前に土壁を別注で製造した場所も綺麗に修復されていました。
こういう物件に携われるのは土を扱う弊社としては嬉しい限りです。
土屋重吉のページはこちら・・・

2016/05/19 11:50

19

2016 05

下地からのアク対策

古い壁の塗り替えや合板などのアクのでる可能性のある下地にはアク止め処理が必要です。
せっかく施工した漆喰にアクがでて塗り直しはしたくないですよね。
アクを止めるにはアクがでる下地の表面に膜を張らせて上がってくるアクをブロックする必要があります。そうすると、下地の表面がツルっとして城かべ漆喰が付着するの?と心配になりますが、アク止めシーラーは城かべ漆喰の付着力を落とすことなくアクを止めることができる商品ですので一度お試しください。
20151107あく止めシーラー
アク止めシーラーはコチラ・・

2016/05/19 11:30

このページの上に戻る