3月 | 2016 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2016年3月の記事一覧

31

2016 03

リフォームに漆喰壁!

リフォームでの漆喰塗り替えの問い合わせが多くなっているように感じます。
ビニールクロスの塗り替えや、ボードへの施工はもちろん漆喰壁の需要は高まっています。
先日営業先でそのような相談があったので現場にお邪魔しました。まだ下地塗りの途中でしたが、お話をお伺いすると、リフォームの案件は多いそうです。左官仕事を増やすためにも工法を確立して失敗のないようにすればまだまだ増えるのではとおっしゃっていました。
当社もリフォームなどに使える新しい壁材考えていかないといけませんね!
しっくい リフォーム リフォーム 漆喰 リフォーム漆喰 城かべ リフォーム 城かべ漆喰リフォーム 自然 城かべ漆喰リフォーム

2016/03/31 12:00

30

2016 03

古い土塀などの補修にはドカ付け(厚付け)漆喰が便利!

「漆喰蔵直し」は古い土塀や土蔵の修繕にある大きな不陸や厚い土中塗りの補修が1度に行えます。
10~15ミリ程度の厚みもダレずに施工でき、尚且つ乾燥スピードを向上させ、市販の軽量骨材を使用するので作業性も良好で
厚付けでも壁にかかる重量負担を軽減させる城かべ専用の添加剤です。
ご使用の際は城かべ20kg1袋に対し漆喰蔵直し4kg1袋と、市販の軽量骨材20リットル(左官様バケツ2杯が目安)を混ぜてご利用ください。
20160325161530619_0001

2016/03/30 11:45

29

2016 03

岡崎の八町味噌蔵通り!

出張中、愛知県岡崎市の八丁味噌蔵通りを見学に行ってきました。NHKの朝ドラ「純情きらり」の舞台にもなった八丁味噌工場の裏側にその蔵通りはあります。
八丁味噌は江戸時代、徳川家康公誕生の岡崎城から西へ八丁の距離にある八丁村で味噌蔵が造っていたことから、その地名より「八丁味噌」と呼ばれており、商標として八丁味噌を使い続けているそうです。

城かべ 土蔵 土塀 しっくい

街並みはそれほど長くは無いですが、漆喰と土蔵の良い雰囲気が楽しめました。
酒や醤油、味噌など日本の伝統的な食材作りには土蔵!と漆喰!は欠かせませんね。

しっくい 味噌蔵  味噌蔵 しっくい 土蔵

2016/03/29 12:00

29

2016 03

やすらぎの塗り見本塗ったのでついでにご紹介!

「土屋重吉」の代表作やすらぎは、淡路の土をつかった土壁仕上げ材です。
通常はフラットに鏝並みを残さず塗れば本格的な土物仕上げですが、木鏝で引き摺ったりパターンを付けることもアイデア次第で可能です。
現代風の和モダン住宅に如何でしょうか

本土壁 やすらぎ

2016/03/29 10:00

28

2016 03

高級住宅には土壁が似合う!

住宅へのしっくい塗りはこのブログでもよくご紹介させていただいておりますが、この度お邪魔した現場はほとんどが天然の土壁「糊土」で仕上げた住宅です。
コンセプトは当然高級感ある和モダンテイストですが、部材1つ1つにこだわったすばらしい住宅でした。
壁面の仕上げは、左官屋さんが自分で配合した土壁を通常の土物仕上げの撫で切りではなく、上品に少し表情を付けて仕上げてありました。
高級 土壁の家 土壁 家 内装 土壁の家 土壁の住宅

まだ施工(塗りたて)したばっかりなので写真では伝えにくいですが、きれいな仕上がりでした。表面も硬くしボロボロしないように、現代の顧客ニーズに合わせてあるそうです。
驚いたのは、写真ではわかりづらいですが、チリが無いように見切りいっぱいまで塗ってあり、モダンな仕上げとなっていました。

富裕層住宅 土壁の家

2016/03/28 12:00

28

2016 03

うまく塗れたかな?

今日は塗り見本の練習をしました。練習したのは「やすらぎ」です。「やすらぎ」は厚く塗らないといけないので難しいですがなんとか完成!!
「やすらぎ」はお客様よりお問い合わせも多くサンプルでの塗り見本のご提出も多いです。
まだまだうまく塗れませんが早く全商品を塗れるようになりたいです。
やすらぎ塗り見本
「やすらぎ」は自然素材だけでできていますので安全、安心の商品です。色も5色ありますのでお好みの色をお選びください。
やすらぎ・・・

2016/03/28 10:10

27

2016 03

味噌と醤油の発祥のお寺

出張中、建材店さんに近くに有名なお寺があるよと教えてもらったので早速見学させてもらいました。見学したのは興国寺です。味噌や醤油の発祥でも有名です。

補修には弊社の高級城かべをご利用いただきました。表面もツルツルになる程良く押さえていました。高級城かべは城かべよりも白いので木の柱とのコントラストがきれいでした。

本堂や他の建物や石垣も立派で敷地も広く大変勉強になりました。

2016/03/27 11:10

26

2016 03

城かべを使って頂いた現場の新聞記事を送って頂きました。

普段から大変お世話になっている鈴鹿市の販売店の社長様よりFAXを頂きました。
以前改修していた土蔵が、今月25日からウォーキング客の休憩スペースとして解放されるそうです。
城かべと城かべ中塗り用で仕上げたそうです。情報ご提供に感謝致します。

城かべ 新聞

2016/03/26 13:19

26

2016 03

浜松市秋野不矩美術館は塗り壁満載!

浜松市天竜区に日本画家「秋野不矩」さんの美術館があります。秋野さんは、明治41年に現浜松市天竜区に生まれた日本画家で、インドの風景や寺院などをモチーフとした絵を残し、平成11年に文化勲章を受章したすばらしい芸術家さんです。
塗り壁 美術館 しっくいの美術館
そのすばらしい秋野さんの作品を収蔵していることもあって、平成10年に建築家の藤森照信氏設計により建築されました。外壁の大胆な塗り壁が印象的で内部は漆喰塗りです。
漆喰塗り美術館 漆喰塗り 美術館
さすがに作品が収蔵されている場所は撮影禁止ですが、許可を得て撮影できるところはさせて頂きました。内部はたたき風の土間ですが裸足で靴を脱いで鑑賞する珍しい美術館です。
秋野美術館 塗り壁 漆喰 美術館 しっくい 

2016/03/26 12:00

25

2016 03

お寺見学

世話になっている販売店さんをご訪問した際に勉強になると思うから見学してみたらと紹介していただいたので重要文化財の粉河寺を見学しました。昔の文献に基づき補修したので弊社の商品は使っていないです。

この本堂の下の亀腹ですが補修の際漆喰をめくり下地の土を補強する際には弊社の「土強」のような硬化剤はだめで海藻糊を炊いたものを水で薄めて土の補強をしたそうです。昔の人の工夫は関心します。消石灰も俵灰を使用し、貝灰を混ぜたものを使用したそうです。

割れもなくきれいな亀腹でした。いいものを見れて勉強になりました。
また、粉河寺は庭園とこれから見ごろの桜の木も150本程あるので機会があれば訪れてみてはいかがでしょうか?

2016/03/25 14:24

このページの上に戻る