MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/07/21(土曜日)真砂コン液でタイルを作ろう!

真砂コン土間仕上げは皆様もうチェック頂けましたか?

土を愛する近畿壁材が、ご提案する土壁の新たな使い方「真砂コン液」を土間だけでなく、壁にも応用していきましょう!

_DSC2302

≫真砂コンの資料請求は・・・こちらからお願いします。

で、今回真砂コンを使って作ったのが、弊社調合済み中塗り土【中土(なかつ)】を使った土壁タイルです。

≫え!中塗り土が水で練ってすぐ使えるの?そんな製品見たこと無い!

①まずは、中土(なかつ)とセメントを空合わせします。
配合は、中土10kgにセメント1.5kg~2kg程度

_DSC2324

そこに、水と「真砂コン液」を入れ練ります。
※真砂コン液で固まるのではなくて、あくまでセメントで固まります。

≫真砂コンの資料請求は・・・こちらからお願いします。

_DSC2326

②練り上がった材料をお好きな容器に入れていきます。

_DSC2327

タイルなので、何かもっと良い形の容器探さないと・・・

④5~6時間?(季節や厚みによって変わります)養生します。

⑤表面を土っぽくするためにワイヤーブラシで掻き落としていきます。
_DSC2384

_DSC2386

ワイヤーブラシの目が詰まるようではまだ早いかも?
イメージとしてはポロポロ、サクサク掻ける感じですかね。

≫真砂コンの資料請求は・・・こちらからお願いします。

⑥完全乾燥

⑦掻き落としした面の藁すさがピンピンするのでバーナーで焼き落とします。

_DSC2389

藁が焦げますが、刷毛で払えば取れますので安心して下さい。

⑧完成!

_DSC2396

_DSC2397

雨に濡れても溶けない土タイル、「真砂コンタイル」これで完成です。

真砂コンは、2日ぐらいで完全乾燥しますが、強度がマックスになるのが7日~14日ぐらいと言われています。

≫真砂コンの資料請求は・・・こちらからお願いします。

さぁ!皆さんもこの夏休みは・・・Let’s MASAKON!

ただいまこの真砂コンタイル限定5名様に「無料で1枚」進呈、先着順。
≫真砂コンタイルのサンプルが欲しい!申し込み

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ