MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/06/27(水曜日)配合した中塗り土はなぜ売れるの?

配合中塗り土「中土~なかつ~」、販売当初わたし達社員もこの商品のニーズが本当にあるのか?半信半疑なところがありました。カタログ、見本などが完成し、いざ販売がはじまるとお客様より予想以上のご注文をいただいております。うれしい期待の裏切りですね(笑)
実際にご購入いただいたお客様に理由を聞くと、「材料単価のみで判断するより、作業手間を減らす事の方が大事だからね。材料単価が多少高くなっても、それ以上に計って、配合してなんかの作業手間が減るならその方がいいよね」とおっしゃっていました。
nakatsu2[1]
中土(なかつ)の仕上がり表面

配合品を使わない場合、中塗り土は現地で配合することになり中塗り土、砂、藁すさと3種類別々の材料を用意し、その3種類を毎回計量しながら混ぜ合わさなければなりません。結構大変な作業です。大変な作業なので途中で量を計り間違えたり、計量がいい加減になったりします。
また、材料の置き場所確保も3種類の場合と1種類の場合とではだいぶん違ってきますね。
もし中塗り土が必要になったら、配合済み中塗り土も作業手間削減に一度ご検討ください。
20160627144240459_0001 20160627141013819_0002
配合中塗り土「中土~なかつ~」くわしくはこちら・・・

——————————————————————

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ