MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/06/03(水曜日)淡路花博2015:ミライの学び舎その1

淡路花博2015花みどりフェアが開催されています。(実は明日5/31までですが)
イベント会場、淡路夢舞台エリアの野外劇場芝生広場では茅葺職人、左官職人、庭師による素晴らしい空間を創っています。この茅葺屋根を葺いたのが神戸の茅葺職人「相良育弥さん」。6人がかりで4日でこの大きい屋根を完成させたそうです。
花博茅葺斜め

青森県産の茅は長くて固く強度があるのが特長。その青森県の茅をふんだんに使ってこの巨大な屋根を創っています。今日も日中は真夏日でしたが、屋根の下はひんやりと涼しくとても快適です。時折、風が吹いて茅が擦れピキッピキッという音がするのですが、まるで小鳥のさえずりのようにも聞こえます。
花博茅葺内

茅葺屋根の前には埼玉の左官職人「都倉達也さん」、淡路中塗り土の土間たたき舞台。コンパネの上に中塗り土でたたきをしていますが、なんとピアノが乗ってますよ~!心配したけど大丈夫そう。凄いね、この技術。
そして、舞台の両サイドには水をはった田んぼが。創ったのは長崎県の庭人「山口陽介さん」。蛙やあめんぼがいてもおかしくないくらい自然な風景。
花博茅葺正面

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ