MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/01/01(金曜日)汚れにもクラック(割れ)にも強い白い漆喰

デザイン豊かな外壁の白い壁 漆喰


 

漆喰の特徴といえば抗菌性能、調湿機能、消臭性能などがあげられます。

しかし近年建築様式の変化もあり、意匠性(デザイン)の自由さから選ばれる方が多いようです。

真っ白の漆喰を真っ直ぐ塗るだけではなく、着色したり、意匠(パターン)仕上げしたりして、建築の雰囲気に合わせます。

しかし、場合によっては今までの漆喰製品では、長持ち出来ないような状況になったりもしてしまいます。

例えば、漆喰は施工時に鏝で押さえ込むほど強度が増します。しかし意匠(パターン)仕上げは押さえる作業が無いため、十分な強度が得られず、また漆喰表面の吸水率も上がってしまいます。

内装の場合は問題はないですが、外壁だと強度不足や吸水率が上がると、クラック(割れ)、カビや汚れの原因になり、結果的に壁の寿命が短くなります。

そうならないように開発されたのが、ハイブリッド漆喰「リライム」です。

 

漆喰の持つ調湿や抗菌等の機能はそのままに、意匠(パターン)仕上げをした漆喰でも、十分な強度と撥水性を付与させました。さらに従来の漆喰に比べ、クラック(割れ)にも強い漆喰になっております。

なのでこんな方におすすめです・・・

①軒が短い、軒が無いの洋風住宅の外壁に漆喰を塗りたい

②外壁に漆喰の意匠(パターン)仕上げをお考えの方

③内装でも台所など水回りに漆喰施工をお考えの方

 

 

漆喰リライム気になる方は資料請求お願いします

 

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ