MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/04/18(水曜日)汚れにもクラックにも強い漆喰壁はいかがでしょう?

漆喰の特徴といえば抗菌性能、調湿機能、不燃材料等があげられます。
しかし近年建築様式の変化もあり意匠性(デザイン)の自由さから選ばれる方が多いように思います。
真っ白の漆喰を真っ直ぐ塗るだけではなく、着色したり、模様(パターン)をつけたりして建築の雰囲気に合わせたりします。

しかし、場合によっては従来の伝統の漆喰製品では長持ち出来ないような状況になったりもしてしまいます。
例えば、漆喰は施工時に鏝押さえをすればするほど強度が増します。しかしパターン漆喰ですと、十分な強度が得られず、又吸水率も上がってしまいます。内装の場合は問題はないですが、外装だと強度不足や吸水率が上がると、浮きやクラック、カビや藻の原因になり結果的に壁の寿命が早まります。

そうならないように開発されたのが、革新の漆喰「リライム」です。
リライム パターン
漆喰の持つ調湿や抗菌等の機能はそのままにパターン漆喰でも十分な強度、さらには撥水効果も付与させ、従来の漆喰よりもクラックにも強い漆喰になっています。
軒が短い、軒が無い当の洋風の建築をお考えの方。
外部にパターン仕上げをお考えの方。
内装でも水回りの漆喰施工をお考えの方は是非ご検討されてはいかがでしょうか?
«高機能漆喰「リライム」はこちら・・・

«リライムの塗り見本やカタログ依頼はこちらから・・・

余談ですが・・
リライムには撥水効果や付着力を上げるために透湿樹脂を混入します。一般的に樹脂系になってしまうと施工の際、粘つきがありフラットは出来ない(しにくい)ものですが、リライムは押さえる事も可能です。もちろんパターンも付けやすいです。
私(素人)が見本を作る際でも写真のような引き摺り鏝で楽チンパターン付けでした(笑)

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ