MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/08/18(金曜日)土蔵の補修で中塗土が大きく落ちている現場をお持ちの方へ

土蔵の補修は中塗土が落ちた部分の大きな不陸調整が必要で、厚く塗り上げてくる必要があります。しかし、古い土壁は長い間風雨にさらされボロボロと弱くなっており、重量の重い材料で不陸調整すると塗り厚も厚いため、弱くなっている土壁に負荷がかかり、クラックや剥離になる危険があります。以上のようなことをふまえると不陸調整する材料は厚く塗れて、なおかつ軽量化されたものが適しているということになります。また、土蔵を補修したお客様の声を聞くと、厚く塗るため、不陸調整後の乾燥期間が長く必要で、なかなか仕上げ工程にすすめないという問題もお聞きしました。
このようなお客様の声と問題から開発された商品が「漆喰ドカッと」です。
kizurishikkui[1]

「ドカッと」は従来の中塗り用漆喰の約3倍の厚み、1度で10ミリ塗れます。また、厚く塗ってもダレがないよう軽量化しており、古い土壁への重量負担を減らし、特殊添加材配合で厚みを付けてもはやく乾燥します。
土蔵補修で古い土壁が落ちていて、大きな不陸調整が必要な現場をお持ちの方はいませんか?「漆喰ドカッと」をぜひご検討ください(^^)
20170818100931633_0001

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ