MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/08/02(水曜日)お子様のお部屋こそ快適で過ごしやすい空間にしてみませんか?

外装の壁材は意匠性や耐久性、メンテナンスのしやすさなどが重要視されます。
内装はやはり第一にそこに居て快適な空間、過ごしやすさが重要ではないでしょうか?

漆喰の特徴である調湿機能等で内装漆喰の需要が増えており、工法も主流下地である石膏ボード上の施工もお手軽に出来るようになりました。
石膏ボードに通常工法で漆喰を施工すると漆喰の厚みは1.5㎜程度になります。調湿性能は表面積と塗り厚が関係し、勿論表面積が広く、塗り厚が厚い方が効果は大きくなります。内装のお部屋で塗り面積を増やす事は出来ませんが、漆喰を厚く塗りより心地いい空間にする事は可能です。

厚く塗る場合に以前でしたら砂漆喰を使用していたと思いますが、材料の重みで施工時にダレてしまったり、壁にかかる負荷も大きくおすすめ出来ません。

そこでご提案が「漆喰ドカッと!」

一度に厚く塗る事が出来、乾燥も早く軽量化された漆喰です。
漆喰ドカッとを使用する事で厚付け漆喰の施工が容易になり壁への負荷も軽減されます。

調湿性能と共に漆喰の特徴の殺菌作用で、カビやダニも発生しにくく、アレルギーや健康被害になりやすいお子様のお部屋への施工に最適じゃないでしょうか?

≪≪漆喰ドカッと!の商品説明はこちらから・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ