MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/09/07(月曜日)ローラー漆喰 使い方|天井の施工が抜群に楽になる!

ローラーで塗れる漆喰 鏝で出来ないことが出来る!


漆喰に対する要求が広がる中で、ローラー塗りも重要なお客様ニーズ!

もちろん、自然素材100%だから!通常ローラーで塗れる漆喰ってボンド入ってますからね~
なので湿気を吸ったり、嫌なにおいを消してくれたりという性能ももちろんあります。

>そんなローラーで塗れる自然素材漆喰!しっくるんはこちら・・・

ローラーで塗れる漆喰、しっくるんなぜ人気?

実は、DIYやお手軽!なんて理由じゃなくて、結構本格的にこだわり住宅を作っているお客様からもお問合せを多くいただきます。
ローラーで塗れるといっても、実はすごく技術がいる材料で、特に下地のパテ処理の精度が重要!

パテ処理がガタガタだとジョイント部分が見えてしまいます。

ローラーで塗れる漆喰、しっくるんの施工方法は?

パテ処理が終了すれば、下地材をぬります。
下地材は、専用の下地材でしっくるんベース、特長は真っ白で下地を隠蔽します。

>現場で何回も改良したしっくるんベース!やっと納得いく物になりました。

しっくるんベースが乾燥したらしっくるんを塗って下さい。

それ以外にローラーで塗れる漆喰、しっくるんの選ばれる理由は?

以外にニーズが高いのが、天井面の施工!

もちろん通常の鏝塗りしっくいでも施工は可能ですが、足場などのコスト削減につながるとの現場の声。
ローラーなら柄の部分を伸ばせば高い天井も塗りやすいですからね!

鏝塗りの漆喰とローラー漆喰、どちらが良い悪いではなく、そもそもニーズが違いますね!

>みなさんも一度しっくるん試してみませんか?

 

 

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ