MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2022/01/09(日曜日)ボロボロする古い土壁は、補修できるの?

 

ボロボロする古い土壁でも補修できます!固めて補修する方法。


 

古い土壁で表面がボロボロして、弱くなった土壁を補修したい方。

実は、古い土壁を固める「土強」で、補修することができるんです。

 

下地の強度が重要

 

古い土壁を補修する場合、弱い部分を除去する必要があります。

除去するポイントは2つ

〇刷毛等で表面のボロボロする部分を落とす

〇古い土壁を叩いて、ポコポコ音がなる場所は下地と接着していないため剥がす

この2つのポイントを除去していないと、補修後に土壁の剥離につながります。

※下地の状況により、補修方法が異なる場合がございます。

 

「土強」で土壁を固めて補修開始!

 

下地の弱い部分を除去した後、土壁強化剤「土強」で内部まで固めます。

土強は、土壁の表面を固めるのはもちろん内部まで固めるので、補修材料を塗り重ねても大丈夫なんです。

古い土壁を固めれば土壁を塗り重ねて、補修することができます。

ボロボロする古い土壁の補修をお考えの方、ぜひ「土強」をお試しください

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ