MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2021/06/17(木曜日)黒漆喰に混ぜる顔料【島かべ松煙】は、漆喰にどのくらいまで混入できる?限界値は?

島かべ松煙の混入量は、漆喰の重量比で約10%まで!


 

今回は、お客様から問い合わせのあった「島かべ松煙」は、漆喰にでどれくらいまで混入できるのか検証してみました。

 

検証方法

 

弊社の漆喰上塗り「島かべしっくい」を基準として、島かべ松煙を配合します。

今回行ったのは、「島かべしっくい」1袋20㎏に対し、「島かべ松煙500g」が1袋(2.5%)、4袋(2㎏、10%)、6袋(3㎏、15%)の場合と3パターンで検証しました。

 

検証結果!

〇10%を超えると色の違いが分かりにくい!

松煙4袋、重量比10%で漆喰がほぼ真っ黒になり、10%でも15%でも色の違いは、ほぼ出なかった。

 

〇10%を超えてくると作業性がかなり悪くなる!

2.5%ではそれほど違和感なく塗れましたが、10%だと粘性が作業性が落ちました。作業性、塗りやすいさを考えたら重量比10%が限界かも。

個人差はあると思います。

15%ではかなり粘性が上がり、著しく作業性がわるくなり、施工するのはかなり困難でした。

これらの検証結果よりを踏まえて「島かべ松煙」は、10%以下の配合で色合わせを行うことをおすすめします。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ