MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/02/14(水曜日)塗ってClay・・・開発の想い

塗ってClayの特徴は以下の記事で紹介させて頂いた通りです。
«塗ってClayの特徴はこちらの記事で・・・

今回は少し開発目線で・・・
弊社は定期的に商品会議を行い、お客様からのニーズや現商品の状況等、商品についてのありとあらゆるご意見について話し合います。
その中でも以前からご要望の多い石膏ボードへの直塗り製品と中塗土のような水引き性能がある下地材が同時に出来ないかと考えました。
弊社はかなりのお客様に漆喰でご愛顧頂いていますが、創業は土屋から始まった土のメーカー。挑戦し甲斐のある取り組みです。

耐震や免震などの観点から住宅の躯体も年々変わっていき、内装壁の下地の主流も石膏ボードに移っています。
石膏ボードだから塗れないよね~。土壁は工期がかかるから難しいよね~。強度もないし使う場所が限定されるよね~。伝統と違うじゃん。
様々なお声がありました。
もちろん、伝統工法に使用する伝統材料も弊社は素材から提供させて頂いています。文化財等昔ながらの工法、材料で修復する場合の製品も多数あります。
その中で現代の革新的な工法に合うようにチャレンジした製品が【塗ってClay】です。土壁の良さを現代建築にも合うように作り変え土壁を残していくのも伝統を守る革新であると思います。
が・・・実際に開発しようとしたら難しかったです。付着力、強度、仕上がり具合、水引き性能、乾燥スピード、塗りやすさ等々。下地として使う場合の水引き性能等は上塗り材料で変わりますしね。愚痴のようになってしまいましたが・・・試行錯誤を重ねてようやく完成しました。

塗ってClayはピンポイントでこの時にだけ使用する製品というわけではありません。
・漆喰塗りの前の土壁(中塗り)下地材として
・店舗のアクセントの土壁模様仕上げとして
・和室の聚楽風仕上げとして
・外壁への土壁施工(要撥水剤)としてetc.
使用する場所や用途はお客様に決めて頂く製品です。色んな想定をし沢山の機能を詰め込んだ製品になりますので、是非近壁の営業にあれこれ尋ねて下さいね。ご希望に合った使い方提案をしてくれると思います。丸投げ・・・(笑)
«塗ってClay カタログや商品説明はこちらから・・・

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ