MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/11/10(火曜日)高級城かべでパラリ壁をやってみたが…

本に掲載されている桂離宮のパラリ壁を参考に高級城かべを利用してやってみました。「ぱらり壁」は伝統工法は、材料と技術が必要で既調合では出来ないですが、紙すさ漆喰「高級城かべ」を打っている事もありついついやってみたくなりました。確かに伝統工法は難しく簡単にできません。諦めます・・・・
という事で高級城かべとぱらり紙すさを利用して伝統工法を模した(すいません、偽物ですが・・・)パラリ風漆喰壁を作ってみました。
パラリ仕上げ ぱらり壁
本に掲載されていた桂離宮のパラリ壁、上品で素晴らしい壁です。
今回は、高級城かべ≫高級城かべはこちら・・・
と、ぱらり紙すさ≫ぱらり紙すさはこちら・・・
を使用しました。
ぱらり紙すさ パラリ紙すさ 城かべ
ぱらり紙すさを水で浸し、十分撹拌するとどろどろのコウゾ繊維になります。
パラリ紙すさ ぱらり壁
このすさを高級城かべに追加して、不純物代わりに寒水石と骨材を入れて塗り付けて鏝波を消す程度で撫で切りで完成!偽物ですが・・・
これでいいのか?多分ダメでしょうね、もう少し研究が必要です。反省!

完成がこちら・・・
高級城かべ 紙すさ漆喰高級城かべ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ