MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/06/26(金曜日)土壁補修を極める Vol.4 仕上げに漆喰(しっくい)が塗れるように・・・

古い土壁補修の現場は土塀・土蔵など大壁であることが多い

 

 

大壁(面積の広い壁)に塗り壁材を施工するとなると、心配なのはクラック(割れ)である。
特に乾燥収縮によるクラックは、塗る厚みと塗る面積が大きくなるほど発生リスクが高くなる。
大壁であることが多い土壁補修は、このリスクを軽減するため、不陸調整する【しっくいドカッと!】塗りの工程で、クラック防止用の【KURAネット】を挟み込む。

≫KURAネットくわしくはこちら・・・

 

大壁は仕上げ塗り工程の作業性上げないとより難しくなってしまう

 

 

塗る面積が広い大壁は仕上げ塗り作業をしていると、あちらは乾いてきたが、こちらはまだ乾いていないと乾きムラがでやすくなる。ましてや土壁補修の場合は、不陸調整するために塗り上げてきた厚みも壁一面で違いがあるため、なおさらである。この現象は仕上げ塗り作業の効率を下げるだけでなく、壁の強度にも影響がでてしまうおそれがある。
この現象を軽減するために下地材【漆喰ベース】を使用する。

≫下地材 漆喰ベースくわしくはこちら・・・

【漆喰ベース】を下地にすることで、水引ムラが無くなり一定になる。大きな面積の壁でも仕上げ塗り施工中の乾きムラを軽減することができ、作業効率もあがる。
仕上げ塗り漆喰(しっくい)を押さえ込みやすくなり、結果強度を上げることにもつながる。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ