MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/05/11(月曜日)海鼠壁(なまこかべ)の施工方法

テーマ:海鼠壁(なまこかべ)の工法一例

漆喰ドカッとを利用した海鼠壁工法について

はじめに

台風などの風雨による被害が大きい地域で土蔵などの腰回りや雨掛かり部分は瓦張りされておりこれらの瓦と瓦のつなぎを漆喰で盛り上げた部分を海鼠漆喰(海鼠壁)といいます。
海鼠壁は、瓦を横や菱形に張り、目地部分に盛り上げられた漆喰により各地域に見ることのできる多種多様なデザインがあり、迫力のある尚且つ美しい風景を展開してくれます。
海鼠壁という名前の由来は、瓦と瓦の目地をかまぼこ型に盛り上げた漆喰の断面が、海鼠(なまこ)に似ていることからつけられたといわれております。
もともとは瓦下見というタイルを張るときのようにし、漆喰で目地を凹めたものでしたが、目地から水が浸透しやすく、裏に回った湿気が瓦の剥離を早めるので、後に目地を盛り上げる工法になったともいわれております。

 

 


① 下地瓦取り付け
海鼠壁は、小舞荒壁下地の躯体に下地板を張り、その上から瓦の四隅に穴を開け釘止めして止めたり、小舞荒壁表面に竹釘や鉄くぎを打ち込んで止めたりしている場合が多いです。
近年では、モルタル下地も増え、瓦ではなくタイルの使用も多く、タイルボンドなどで貼り付け固定する場合も多いようです。


② どかっと!で海鼠の芯材を作ります。
上断面図のように瓦の間(目地)を10㎜~15㎜程度明けタイルの要領で目地部分にドカッとを注入し、かまぼこ状に盛り付け下地を作ります。
完全乾燥

③ 古代漆喰外装用で上塗りを行います。
古代漆喰外装用を乾燥した芯材(ドカッと)に3mm程度で塗ります。水引き加減を見ながら鏝等で表面を整えていきます。

道具は、海鼠の大きさやデザインにより違いがあるため、大抵の場合は手作りで行う。

 

古代漆喰外装用が海鼠壁の仕上げに向いている理由!
古代漆喰の特徴は厚塗りが可能な事、また海藻糊が入っているので乾燥が遅いことなどの特徴により、海鼠のような手間と時間のかかる仕事には非常に向いています。
通常の漆喰で、乾燥したドカッと上に漆喰を塗れば乾燥が早く葉面を整える間に乾燥したりブツが出たりする。
古代漆喰は、そのようなことからも海鼠壁には使いやすい材料です。
また、油が配合されているので十分な鏝押さえを行えば耐久性も向上します。

下塗り(下地目地埋め)材料

 

 

製品名/品番 ドカッと漆喰20kg/289304
製品概要 土蔵や土塀の補修など下地の不陸が大きく通常の漆喰では補修できない場合、一度にドカ付けが出来る製品が欲しいというお客様の声から誕生した厚付け用砂漆喰です。
塗り厚(最大) 10mm 一度に10mm塗れる漆喰です。
施工可能面積 10mm施工で約1.2㎡
容量 20kg入り
性状(色) 粉末状(白色)
最小出荷単位 1袋(20kg)から出荷可能です。
主原料 消石灰
定価(設計価格)/袋 7,880円/袋
特長 海鼠壁の芯材や木摺り漆喰、屋根漆喰など厚付けが可能な漆喰です。通常の漆喰より硬化も早く、軽量で塗りやすい漆喰です。

 

上塗り(仕上げ漆喰)材料

 

製品名/品番 古代漆喰外装用20kg/285003
製品概要 古代漆喰上塗用に、炊き糊・油を配合し、耐久性・作業性を向上した最上級漆喰。そのまま外装に使用出来る練り漆喰です。
塗り厚 1.5mm~3mm
施工可能面積 10㎡~5㎡
容量 20kg
性状(色) 練り状(白色)
最小出荷単位 1袋(20kg)から出荷可能です
主原料 消石灰
定価(設計価格)/袋 9,030円/袋
特長 炊き糊、油が配合され、夏場の漆喰工事でも施工性の良い漆喰です。

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ