MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/08/03(金曜日)リライムの性能が向上が原因?人気出てきました(笑)

全国各地から毎日のようにお電話頂く「お客様の声」の中で外壁漆喰特に多くお問合せいただきます。

「カビが生えた塗り替え方法」や「汚れたのでメンテナンス」とか、現代建築と漆喰とのコラボは色々問題が発生します。
高温多湿の日本では、特に「カビ」の問題は多いようですね。

弊社も長年、これらの問題と向き合い、撥水剤や抗菌剤、メンテナンス用のトップコートなど色々開発し販売してきました。

≫城かべ漆喰の撥水剤についてはコチラより資料請求お願いします。

≫城かべ漆喰に入れる抗菌剤が選ばれる理由!

そんなこんなで多くの事例や、対策が蓄積され弊社でも「外壁用の新しい漆喰」の開発を進め、数年前「リライム」が完成しました。

リライム荷姿

※初代リライム!

この初代リライムからお客様のニーズにより進化を進め、3回のブラッシュアップを重ね昨年ニューリライムが完成しました。

DSC8116[1]

今回登場のリライムの特長としては、

特長その1 一世代前では出来なかったフラットな押さえが可能になりました。
特長その2 抗菌剤配合により、「カビ」に強くなりました。
特長その3 新開発の漆喰用撥水剤混入によりトップコート無しでも撥水性能が高まりました。

≫こんな素晴らしい性能を持つリライムについての資料請求はこちら・・

先日もリライムをお使い頂きました現場での評判も良く、お客様から「塗りやすい」と評価頂きました。

_DSC2483
_DSC2579

リライムは、練りやすくダマにもなりにくいことから練り手間が省けると喜んで頂きました。

_DSC2468

今回は、パターン仕上げで押さえではありませんでしたが、パターンでも漆喰の欠点でもあります吸水が少なく撥水するので撥水剤の必要はありません。

_DSC2556 _DSC2593

 

下地のモルタルは、通常のラスモルタルに全面ネット、下地には白色シーラー「リライムベース」を推奨します。

_DSC2488

モルタル下地全面ネット

リライムベース荷姿web用

推奨シーラーリライムベース・・・
≫リライムベースはコチラ・・・

_DSC2440

ニュータイプのハイブリット漆喰「リライム」で新築から汚れた外壁のリペアー(塗り替え)までお任せ下さい。
≫リライムのカタログ、塗り見本のお問合せは・・・

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ