MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017/11/24(金曜日)駐車場に使用できるだけが高強度ではないんです!「ウルトラソイル」

弊社商品「現代風土間たたき ウルトラソイル」。現代の下地コンクリートやモルタル下地に施工が可能、たたきなのに鏝塗り施工、そして一番の特長!土間たたきなのに駐車場に施工できる高強度です。
20170119_050024605_iOS[1]
実は高強度は硬くて、強いだけではありません。冬の寒さが厳しい、寒冷地でも昔ながらの伝統的な土間たたきに比べ、強度が高いんです。
特に外部施工の場合、寒冷地は雪が降り積もり、その状態が気候によっては1週間以上も続くことがあります。そんな状態にみまわれると吸水率が強度に大きく影響を及ぼします。吸水率が高い土間は昼間の温度でとけた雪どけ水を吸い込み、夜間はその吸い込んだ水が土間内部で凍ります。このような吸う、凍るを雪が積もっている状態では毎日繰り返していることになり、結果土間の強度が落ちてボロボロになる凍害が発生します。
以上のようなことから凍害は吸水が少ない土間の方が受けにくいので、伝統的な土間たたきと「ウルトラソイル」を比較した場合、ウルトラソイルの方がより吸水しない土間になるので寒冷地では強度が高くなります。もちろん寒冷地ではコンクリートのような非常に強度が高い土間でも凍害の実例は多数あるので、必ず影響を受けないわけではありませんが、寒冷地でも土系の土間たたきをしてみたい!とお考えのカは「ウルトラソイル」の方が良いと思いますよ(^^)
ultrasoil6[1] ultrasoil5[1] ultrasoil4[1]
●現代風土間たたきウルトラソイルくわしくは・・・

—————————————————————————–

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ