MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2022/04/05(火曜日)自然を感じられる土のような壁

淡路島の砂を利用した掻き落としデザイン壁は

マンションのエントランスにおすすめ


 

 

エコやSDGsの観点から建築でも「自然を感じられる空間」というコンセプトが増えてきているようです。

そんなコンセプトに合う空間を作るとなれば、例えば植物を置いてみたり、木(木材)が見える天井にしてみたりなど、方法はさまざまです。

その方法の中で壁に着目しているデザイナーや設計士様より、

「壁を土っぽくしたい。表面が荒々しい感じで」

「土壁風にゴツゴツした表面の壁はできますか?」

とお問わせいただいた事が数回あります。そんな時ご提案しているのが左官仕上げの中の一つ「掻き落とし上げ」です。

弊社の地元、淡路島の砂を壁材に混ぜて壁に塗り、ある程度乾燥してから、表面を削り落とす仕上げ方法です。

表面を削ることで表面に混ぜた砂が良く見えるようになり、凹凸もはっきり出て荒々しい、力強い雰囲気になります。

土!とう感じがよく出ていませんか?

マンションのエントランスなど、お客様をお迎えする場所などにピッタリではないでしょうか?

 

〇通常の壁材で掻き落としはできない

 

掻き落とし仕上げはどちらかと言えば伝統的な左官仕上げになります。実際施工する時には、施工をお願いされた職人様が自分で材料を調合していました。

掻き落としは仕上げに表面を削る工程があるため、砂などが混ざった重い壁材を厚く塗る必要があります。

通常の塗り壁仕上げ材に砂などを混ぜて塗れば、重さに耐えられず、塗った材料が落ちていまします。

また、仕上げまでの工期の問題もあります。塗れば終わりではない、最後に表面を削る工程が有る掻き落としは、塗ってある程度材料が固くなってからでないと削る事ができません。

長年左官材料にたずさわってきた当社のノウハウを活かし、重いものを厚く塗っても落ちない高い接着性と、塗ったその日に仕上げまでできる乾燥時間なども考慮した掻き落とし専用材料を開発しました。

■当社どんな会社?くわしくはこちら・・・

土のような感じ、土っぽさを出せる、掻き落としを利用して「自然を感じられる空間」を創りたい方はご相談ください。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ