MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/11/14(水曜日)糊土施工現場へ!

出張時に、古民家の改修現場で、糊土施工をしているという事でご訪問させて頂きました。
サンプル作りの際に事前にTELでお話をしていた現場です。

練り2
サンプル作りの際に、仕上がりの色で使用する土を決めています。
今回は淡路土の色味の素朴な感じが希望だそうです。淡路土を上塗り用にする為、篩にかけた物の粘性に合わせ、砂(珪砂)とひだしスサを配合し、最後に作業しやすい粘性に海藻糊を投入します。
今は、海藻糊100%の城かべ角又があるので便利ですね~
このまま1日ほど練り置いた材料を施工しています。


下地は中塗り土下地になります。


実際に塗りつけている作業です。
塗りつけて養生をすぐ剥がしを繰り返しますが、養生テープを貼る前、事前にちり厚に合わせて薄く油を柱に塗っています。
そうする事で、粘着によって木材がささくれる事を防いでいます。
何度もサンプル作りをしている賜物でしょうか?実際に少し触らせて頂きましたが非常に塗りやすいです。


左が塗り付け鏝。右が波消し鏝です。
塗りつけて場を平滑にし、出来た波を波消し鏝で1~2回撫でて終了です。
あまり触らない方が、土本来の意匠が出る為、土壁は撫で物と言われるんですね。


綺麗に仕上がりましたね~。
お施主さんには会えなかったのですが、お施主さんはこの工程を非常に楽しみにされていたそうです。


梁も素晴らしくこだわりの木材が使用されています。

このように上品に仕上がる糊土ですが、やはり配合は難しいものです。
そういう場合は配合された糊土「本土壁やすらぎ」がございますので検討されてはいかがでしょうか?
«本土壁やすらぎの商品情報はこちらから・・・

—————————————————————
NEWS
—————————————————————

●施工方法にお困りではございませんか?
各種商品説明を動画で行っております。ご覧下さい
YouTube「匠に役立つ動画」

●近畿壁材のHPが新しくなりました! https://www.kinkikabezai.com/
漆喰壁・土壁に関する最新情報がご覧頂けます。

●土壁製品ならなんでも揃う!「土屋重吉ネットショップ」をご活用下さい。 https://www.jukichi.com/

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ