MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/07/18(水曜日)木摺り下地にドカッと漆喰塗ってます!

以前にご紹介させて頂いたお寺の現場。
本堂の漆喰工事が終わり、本堂横の庫裏(くり)の施工に入っています。

«以前の記事はこちら・・・

庫裏も木摺り下地で一度に厚付け出来る「漆喰ドカッと」を使用して施工していきます。

猛暑の中、左官職人様は本当にお疲れ様です。
漆喰ドカッとは砂しっくいよりも乾燥が早いため、完全乾燥したところからシーラーを塗り、中塗り→上塗りと施工していきます。
«ドカッとの軽さ、強度が分かる砂しっくいとの比較サンプル申し込みはこちらから・・・

上塗り漆喰は本堂は城かべ漆喰に城かべ油を混入したものでしたが、この気温なので庫裏の上塗り漆喰は古代漆喰外装用で施工しています。
古代漆喰外装用は炊き糊が沢山入っていて水持ちが非常に良い為、今の時期の作業には丁度いいよとおっしゃっていました。

今回の訪問では庫裏の内装の打ち合わせもしました。
和風の要望でしたので、ボードに直接塗る事が出来る土壁「塗ってくれい」をご提案し採用頂きました。

ビス穴やボードの継ぎ目の処理の仕方を打ち合わせし、実際に塗ってくれいの現物を左官職人様に塗って頂き、材料の感触をつかんで頂きました。
«塗ってくれいを試してみたい!現物サンプルはこちらから・・・

11月頃の完成で来年のお正月は新築のお寺で参拝出来るように、着々と進んでいますので又随時ご報告したいと思います。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ