MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2016/08/22(月曜日)文化財の補修を見せて頂きました。

お客様のご紹介で、古い住宅の外壁補修現場にお邪魔しました。
名称未設定-2302
文化的価値ある住宅で、今回は屋根瓦から外壁にかけて補修されていました。
日本の文化的価値を守るために街並み保存の必要性が言われている中で、やはり左官技術は必要不可欠です。
材料作りから、施工方法まで細かいところまで妥協しない左官仕上げは見ていても感動です。

名称未設定-2304
名称未設定-2301

屋根も綺麗に地元の瓦で葺き直しています。

名称未設定-2292 名称未設定-2296

補修前は垂木も落ちて相当傷んでいたそうで、苦労されたそうです。

材料もオリジナルだそうです。

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ