MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015/05/01(金曜日)公共施設にも塗り壁が「いいね!」

一般的に単調な作りになってしまう公共施設、特に学校や体育館は機能や利便性、安全性を重視しなければという部分と、何より税金を使うことから予算には限りがあります。しかし、その市町村のシンボルでもありその地域以外の多くの人の目に触れるため、ちょっとした見た目のインパクトも必要なのでしょうね。
そんな他との違い、特徴を出しやすいのが塗り壁、以前にも紹介した地元市営の体育館「一宮いざなぎアリーナ」の玄関エントランスホールにも塗り壁が使われております。ちょっとした塗り壁の使い方で重厚感、高級感が出ますね、また少ない照明でも凹凸がある塗り壁は陰影により奥行や立体感がでてこれもまたデザイン的に魅力的です。

公共の体育館エントランスホールへの塗り壁。
土壁 土壁
エレベータホールの掻き落し、淡路砂利がいいね
土壁
表面の凹凸からの高級感。
掻き落し

現在建築中の会社近くの一宮小学校体育館にも塗り壁いかがですか?
城かべ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ