MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2017年2月の記事一覧

2017/02/27(月曜日)真砂コン土間仕上げサンプル作り

お客様が地元の真砂土が使えるか試験して欲しいとのことで、真砂土を送って頂きました。
20170224_060710057_iOS
少し黒くて粒子が細かいので、砂や砂利の追加があれば割れにくくなります。
取り急ぎ、当社のカタログ配合で作ってみました。

20170224_060702120_iOS
色も少し黒いのでこのままでは仕上がりが暗くなるので顔料も追加します。
真砂コン用の黄色顔料と真砂コンバインダーを入れます。

20170224_060736539_iOS
真砂コンは、少量のセメントで硬く長期的に土系の舗装ができる優れものです。
仕上も、刷毛引きやスポンジ拭き取り、鏝押さえなど多彩です。

施工手順は、通常はミキサーで簡単に混ぜることができます。今回は少量なので手練り・・・

①真砂土、真砂コンカラー、真砂コンバインダーを空合わせします。
20170224_061744125_iOS 20170224_061828283_iOS

②規定量の水と真砂コン液を入れよく混ぜます。
硬さは、硬いほうが色も濃くいいですが作業性が悪くなります。
スランプ12cmぐらいかな・・・

20170224_061942552_iOS
③型枠に流し込んで鏝押さえして完成!

少し水が引けば、刷毛引きやスポンジ拭き取り、
そこそこ硬くなれば掻き落としも可能です。

20170224_062423087_iOS

重吉たたきやウルトラソイルもいいけど、定番の真砂コン土間仕上げもいかがですか!

20170224_061313713_iOS 20170225_073934353_iOS
≫真砂コン土間仕上げはこちら・・・

20170225_073951195_iOS

2017/02/24(金曜日)3月からの工事予定の重要文化財の現場へ

販売店様と補修工程の打ち合わせのため、3月からの工事予定の文化財現場へ一緒に行ってきました。
20170221_141125 20170221_143439
東広島市旧石井家住宅です。
平成9年に現在の場所に移築され、20年が経ち割れや浮きが目立ってきており、この度改修工事となったそうです。
20170221_140807 20170221_140818
販売店様のお話によるとこの20年の間に大きな地震が数回あり、その影響で壁面にクラックが入ったそうです。そこから雨水が浸入し、浮きにもつながったんでしょうね。
20170221_141000 20170221_141016
特に基礎の上部分は下からの水の吸い上げもあるのでしょう、浮きが他の個所より多く確認ができました。
現場を一通り拝見させていただいて、既存の漆喰壁がかなりしっかり定着しているところもあり、浮き部分を撤去した後は、浮いて撤去して下地中塗り土の個所と、しっかり定着していて落とせない既存漆喰壁の個所とが大壁の一面にまばらに現れることになると思われます。
工期も一カ月弱と厳しいので、ご提案した施工工程は・・・
①漆喰浮き部分と下地中塗り土の弱い部分の撤去
②古い中塗り土を「土強」「城かべボンド」で強化
③「城かべ蔵直し」を利用し、中塗り土部分を埋め戻し、既存漆喰壁部分まで不陸調整
④「漆喰ベース」全面塗り、「城かべネット」を挟み、2回目「漆喰ベース」塗りでネットを完全に隠す
⑤「城かべ漆喰」「城かべ油」を入れて上塗り
この工程が全てではないですが、ご参考程度に(^-^)

 

2017/02/22(水曜日)壁カラーで意匠度アップ!

現代の建築で特に要望が多くなっているのが、意匠性です。自分だけのオリジナル性が価値となりDIYの普及もどんどん進んでいるみたいですね。その意匠性の中でも色合いは非常に重要で、塗り壁でも色を付けたいとのお声はよく聞きます。

そこでおすすめするのが『壁カラー』
漆喰の着色はもちろん、あらゆる塗り壁に混入出来る優れものです。
黄色kabe

基本の色が5色で、この5色を組み合わせる事で様々な色が出来ます。
例えば・・・
青と赤を混ぜると・・紫
赤紫

青と黄色で緑等

あらゆるオリジナルの着色が可能です。
漆喰に混入するのであれば、漆喰自体が白ですので淡いパステル調になります。

サンプルをあらかじめ作成しておけば、市場にはないオリジナルの壁を提案出来ますので是非お試し下さいませ。

カタログはこちら・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ