MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2016年8月の記事一覧

2016/08/29(月曜日)以前ご紹介したお寺の現場へ

約3年ほど前に施工していただいたお寺へ近くに訪問する予定があったので、気になり見てまいりました。
20160819_120706 20160819_120743 20160819_120715
3年経過しましたが汚れもそれほどなく非常にきれいでした。左官様が手間ひまをかけ、しっかりコテ押さえしてくれたからだと思います。
やっぱりお寺はいいですね(^^)伝統建築は訪れるだけで心が落ち着きます。そのような物件に弊社の商品が採用されているもの私も近畿壁材の一員として本当にありがたく、また嬉しく思います。
壁・亀腹部分に採用いただいた古代漆喰はこちら・・
犬走り採用真砂コン土間仕上げはこちら・・・

2016/08/28(日曜日)観光案内? 仕事で名張へ・・・漆喰が見えたので名張藤堂家邸跡のご紹介

たまにはこんなネタも・・・観光案内です。
三重県名張市を通りました。何か観光名所は?と探してみると「藤堂家邸跡」というのがあったので見学!
漆喰を使っている建物は勉強になるので立ち寄ってみました。

名称未設定-2273名張市のHPから抜粋してみると・・・
寛永13年(1636年)一万五千石を津本家から給された藤堂高吉が屋敷を構えました。名張は江戸時代には藤堂氏の城下町として栄えた町です。現在の屋敷は宝永7年(1710年)の名張大火後に再建された屋敷の一部分ですが、現存する数少ない上級武家屋敷であり、往時の栄華を偲ばせている貴重な文化遺産です。

と書かれています。

名称未設定-2271 名称未設定-2285

観光案内のような内容になってすいません。ただ下の写真気に入ったので載せたかっただけです。すいません。

名称未設定-2284

2016/08/27(土曜日)リライムならどうでしょう!

最近定番化している外断熱、通期後方でなく発砲スチロールを外壁に張り付けるタイプですが、城かべなどの伝統の漆喰では亀裂が気になります。
どうしても樹脂モルタルも薄いし、下地は発砲スチロールなのでクラックが気になります。そこで以前ご紹介した『リライム』をご紹介したところ、お客様にもご理解を頂き検討頂いております。
この様な下地の場合は、多少の弾性力と強い付着力が必要と思われます。リライムは、外装パターン漆喰として作ったので今回のニーズに合いそうです。
写真は、下地施工中にお邪魔しました。白い部分は発砲スチロールです。その上に樹脂モルタル。

20160825_081356000_iOS 20160825_081357000_iOS 20160825_081400000_iOS
下地が進化する以上、伝統とは分けた部分で仕上げ材も色々提案していく必要があります。
当社も伝統と革新で頑張ります。

『リライム』の過去の記事はこちら・・・

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ