MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015年5月の記事一覧

2015/05/29(金曜日)5月社内勉強会は、小舞下地と荒壁

「これでいいのか?」「いやいやこうちゃいますか?」といいながら社内にある文献や現場で見てきた知識をひっぱり出し社内勉強会を行いました。
小舞荒壁工法は全国各地すべてやり方が違い答えがありません。今回は近壁流でチャレンジ、小舞竹の量や小舞縄の1坪当たりの長さを検証しながらお客様に説明できるように検証を行いました。
さすがに荒壁土塗りには悪戦苦闘!最後には手で塗る始末・・・腐り土くさい、くさい、田んぼのにおいと言いながらなんとか終了!来月にはレポート作成しご希望の皆様にお渡し致します。
荒壁 漆喰 土壁
1か月寝かすといい感じで藁すさ腐っています。
≫荒壁練土はこちら・・・

土壁 土壁 荒壁 土壁 小舞 荒壁 土壁 小舞
何回もやっているうちに上手くなってきました。
荒壁 土壁 荒壁 土壁

2015/05/29(金曜日)醤油発祥の地と天狗伝説~興国寺

和歌山県にある興国寺の漆喰塗り。
醤油と金山寺味噌発祥の地とも言われている和歌山県湯浅町。その近くにある臨済宗妙心寺派の寺院。山号は鷲峰山(じゅぶざん)興国寺。そこで漆喰の塗替えを行っているという事で販売店様に教えて頂き見学にお邪魔しました。
小舞下地の部分はもう仕上げが終わっていましたが、窓周辺の木摺りの下塗り養生中で裏からも見る事が出来ました。

重要文化財 城かべ 漆喰伝統建築 文化財 城かべ
高い技術と丁寧な押さえで塗られた事が伝わってくる本漆喰、突然の訪問失礼致しました。勉強になりました感謝!
文化財 漆喰 城かべ

2015/05/29(金曜日)四国八十八ケ所第一番札所 霊山寺へ

弊社は漆喰(しっくい)メーカーですので当たり前なのですがお寺に実績が多くあり、その中でも四国地区は八十八ケ所遍路の影響もあるのでしょうか?特にお寺の現場が多い気がします。

この度は第一番札所霊山寺にお邪魔しました。さすが有名な八十八ケ所のお寺です、平日なのに観光客で賑わい、また今から旅立つお遍路さんもたくさんお見受けしました。

漆喰壁は数年前に塗り替えたものと思われますが、近くで見ると入念に押さえ込まれ、汚れや雨水に強い表面になっていました。

image

 

image

image

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ