5月 | 2017 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2017年5月の記事一覧

31

2017 05

荒壁土と中塗り土の違いは??

弊社の土素材を使用した商品ブランド「土屋重吉」! サイトはこちらをクリック
そのまま練るだけで使える既調合品からわらすさや土そのものの原材料まで幅広く取り揃えています。

沢山あってどれを使用していいのか迷う方もいらっしゃると思いますので簡単にご紹介します。

・荒壁用(下塗り)
竹で編んだ木舞下地にドカンとつける土が淡路荒壁粘土です。練った状態の商品ですので、ここに荒スサを混入し充分に寝かせてから使用します。
柱の太さで塗り厚が決まりますが、だいたい50㎜ぐらいは付けるでしょうか。その他に補修の用途でも使われたりします。土で10㎜以上の厚みを付けたい場合は荒壁粘土がいいでしょう。

・中塗り
文字通り荒壁と上塗りの中間層の事です。仕上げの前工程という方が正しいかもしれません。この工程が壁の良し悪しを決める重要な工程です。荒壁で出来た不陸(凸凹)を直し、尚且つ上塗りの漆喰や土壁が塗りやすいように平滑に仕上げていきます。中塗り工程の塗り厚は10㎜前後です。配合も土によってバラバラで職人様の好みに合わせての現場調合が当たり前でした。
近頃はこの中塗りをそのまま仕上げとしたり、さらには意匠用のわらすさを追加して塗ったり、掻き落としをしたりと様々な工夫がされ、需要が高まっていますね。

数年後に上塗りを塗ってもいいし、勿論そのままでも・・・
土感が一番分かる仕上げのような気がします。
弊社は配合が手間だという方の為に、淡路中塗土に骨材の砂やわらすさを適量混入した、水練りするだけの既調合中塗土「中土~なかつ~」も販売していますので是非ご利用下さい。

2017/05/31 10:39

30

2017 05

新発売!あくぬきわらすさ(大) 出ました!わぉ!

以前よりあくぬきわらすさの大きいサイズが欲しいとお客様にお問合せ頂いておりました。今回なんと、技術的には難しくて出来ないと言われておりました『あくぬきわらすさ大』が完成しました。
藁すさは、もちろん壁の亀裂防止に役立てますが、実は長いすさのほうが割れ難いという説もあり、中塗りにはあくぬきの長いのが言いそうです。

あくぬき大

通常品は、10mmから15mmぐらいの長さですが、今回のあくぬき大は、長い部分で30mmぐらいはあります。
当然、製法は従来のあくぬきわらすさと同じ『あくぬき!』です。

アクヌキ大

土中塗りだけでなく、城かべ漆喰に入れたり、各種珪藻土壁やじゅらく壁に入れてオリジナルの壁材を作ってみては如何でしょうか?

とは言っても、一度見てみたいなぁ~とお思いのお客様!サンプルをお送りします。下記のリンクより
あくぬきわらすさ大のサンプル欲しい~と必要事項を入力して送信してください。

【『あくぬきわらすさ大・サンプルほしいの』申し込みフォーム】

 

6月より販売開始致します。おたのしみにね!
あ!最初は数に限りがあるので、お急ぎの方はお早めに。また大量注文の方はもうしばらくお待ちくださいね。

あくぬき大荷姿

2017/05/30 11:00

29

2017 05

壁材のアク止めとの戦い! 題名が大げさ・・・ただの個人的な興味実験でした。

リフォームなどが多くなっていますが、そうなると壁の塗り替え需要も多くなってきます。「ビニールクロスから漆喰にかえたいな。」「古い繊維壁を塗り替えたいな。」「和風から洋風にイメージチェンジしたいな」などなど・・・そうなると、やはり重要なのが古い下地のアク止めですね。

灰汁(アク)?・・・・
当社でも昔から下地のアク(灰汁)と呼んでいますが、アクは漢字で書くと灰汁ですから、もともとの意味では藁灰や木灰を水に浸して出来る上澄み液のことです。食品などでも使われたり、わが家でも鍋などでお肉を入れると、「アク取って・・・」などと頻繁に出てくるワードです。
正式には、壁材の下地から出てくるのがアクなのか何なのか?はさておき、業界では下地の「アク」で通じるので便宜上今後も近畿壁材は、壁の下地から出てくるシミを「アク」としますね。

で、本題に戻りますが、この度そのアク止めに関する実験を行ったので報告します。
塗り替えの場合のアクには大別して2種類ありますよね、一つはコンパネ(合板)や木部などの下地から出てくる内部からのアク。もう一つは、線香やタバコなどの煙が壁面に付着した外的要因のアク。
それ以外にも汚れが飛び散ったり、料理で発生する油汚れなど様々ありますが、今回の実験では当社のアク止め材を下地材に混入して、コンパネ(合板)としょうゆとコーヒーで試験してみました。

あくまで、ブログ用の実験ですが、何かの参考になればと思います。

①コンパネ(合板)のアク・・・・通常の石膏プラスターにアク止め剤の量を変えて試験してみました。

20170525_004547121_iOS

写真が携帯カメラなので少しわかりにくいですが、左から0⇒4⇒8⇒16とアク止め材を増やして塗ってみました。

やっぱりコンパネ(合板)のアクは出ますね、比較的乾燥も速く塗り厚も1mm程度ですが、一番左はくっきりと出ています。
写真では分かりづらいと思いますが、8からは出ていません。

※数字は、混入量【単位g】です。

②次にしょうゆとコーヒーで実験してみました。

20170515_060628046_iOS

現実にしょうゆやコーヒーがこれだけ大量に壁面に付着することはありませんが、実験なのでやってみました。
しょうゆは原液でそのまま、コーヒーは普通に飲めるぐらいの分量でお湯で作りました。

20170515_060909832_iOS

下地のアク止め実験なので石膏ボード(PB)に塗布!
コンパネ(合板)同様に、0,4,8,16の4種類で実験してみました。

20170515_060936947_iOS

塗布後完全乾燥でしょうゆ、コーヒーシーラー完成です。

20170518_011857014_iOS

この下地にそれぞれ主材に4g、8g、16g入れてアク止め効果を検証してみます。もちろん沢山入れればアク止め効果が高まるとは思いますが、混入量とアク止めの効果に違いがあるのか楽しみです。

20170525_004643919_iOS

まずは、0gと4gの違いです。
0グラムはやはり期待通りの結果ですね、しょうゆもコーヒーもくっきりと出ています。右側の4gは出かたはましにはなっていますが、目視できるくらいは出ています。たぶんこのまま城かべ漆喰を塗れば漆喰にも出るでしょうね。

20170525_004624142_iOS

真ん中は、8gです。結果はコーヒーは完全に止まりましたが、しょうゆが部分的に出ています。部分的に出ているところは塗り厚が厚いところのような気もします。理論上、乾燥が遅いほどアクは出やすくなります。
コーヒーよりしょうゆのほうが強いのですかね?

20170525_004632113_iOS

最後は16gです。
おかげさまで期待通りの結果に満足!まったく出ておりません。
流石です。

このようにアクは様々な種類と状況で難しい問題です。今回検証できていない線香やタバコの煙なども水溶性でなかなかの大敵です。当社も下地材へのアク止め剤混入や、速乾性能の向上、様々な部分で研究を進め、対応していきます。
今回試験に使ったアク止め剤は、普段より当社で使用しているものです。

より強力に下地のアクシミを止めるには、ボードベースはもちろん、下記の『アク止めシーラー』の併用をお勧めします。

20170525111530765_0001
≫アク止めシーラーはこちら・・・

 

2017/05/29 11:00

28

2017 05

ウルトラソイルが通常品と駐車場用2タイプになります!

1日仕上げが可能な簡単施工と、高強度がお客様に受け入れられ弊社でも人気が高い現代風たたき「ウルトラソイル」。おかげさまで販売数も順調に伸び、施工していただいた左官さんの声もたくさん集めることができました。
そのお声の中で「駐車場に使用できる強度はわかるけど、歩行や自転車しか乗らない土間ならそこまでの強度はいらないでしょ。作業性重視でもう少し粘性を落とした通常土間商品を出してもいいんじゃない?」というご意見をたくさんいただいたので、この度新たに配合を見直し、試験をし、ウルトラソイルは通常品と駐車場用の2タイプで販売させていただくことになりました。
ご注文いただく際には通常品なのか駐車場用なのかを必ずお申し付けください。
今現在、販売数が伸びている商品だからこそお客様のご意見を大切し、さらに使いやすく、もっと施工しやすくなる研究開発を弊社では行っております。他商品でもご不明な点やご要望などあれば、お客様のご意見をどんどんお聞かせください(^^)
20170516_140725 20170516_153954 20170516_140714
>>ウルトラソイルくわしくはこちら・・・

2017/05/28 11:30

24

2017 05

真砂コン土間舗装もお忘れなく!

昨年販売した土間材「ウルトラソイル」。当ブログでもサンプル作りから現場まで色々紹介させて頂いてます。
おかげさまで問い合わせや採用も増えお客様の声も多数頂きます。

その中でウルトラソイルで解決出来ない施工場所が土の上の施工です。砕石を敷いて転圧した下地でも、ウルトラソイルが接着しにくいので、水が廻ると剥離がおきたり、薄い為下地の動きが少しでもあれば割れてしまいます。

それでも
・たたき風の土間材にしたい
・土系の土間にして照り返しや水たまりを防ぎたい
下地は土でステコンをするのは手間だ!という方には・・・

「真砂コン土間仕上げ」はいかがでしょうか??

真砂土を主原料に少量のセメント、土とセメントを長期的に結合させ安定させる真砂コン液で出来る真砂コンは、厚みは6㎝以上と必要ですが、その厚みゆえに土の上の施工でも可能です。
仕上げ方や着色も自由でオリジナルの土間材にする事も可能ですので、アプローチや駐車場、歩道、犬走り等でコンクリート以外をお考えの方は検討してみて下さい!


真砂コンの詳しい商品ページはこちらから・・・
カタログやブログの記事もございます。

2017/05/24 10:54

22

2017 05

木摺り漆喰?木摺り下地?「木摺り」いいね!

建築における漆喰壁の目的は、各メーカーさんがおっしゃっている通り、「安全」「安心」「エコ」などが上げられます。
特に城かべ漆喰は、「安全」の部分では、自然素材であり、シックハウスの原因が含まれていないことや、結露が少なくカビなどが発生しにくく衛生的!などが上げられ、
「安心」の部分では、燃えない建材と言うことで火災にも強いことや、もし火災になっても(あってはなりませんが)有毒ガスを発生させることはないなどがありません。

このように漆喰壁の「安全」「安心」については皆さんも周知されている話だと思います。
そんな中、今回のブログテーマ「木摺り」ですが、この安全・安心以外の「エコ・環境」についても優れた下地であると思います。

_DSC1759

木摺りといっても、種類は様々である種モルタル下地のバラ板も木摺りと呼ぶ地域もあります。またサイズや目透かしの間隔、木摺り板の厚みも様々です。
当社が「いいかなぁ~」と思う木摺りは、厚さ10㎜、巾30㎜程度の杉材か檜材を巾7㎜程度目透かしして釘止めしたものです。釘止めも2本打ちでしっかり止めることで割れの少ない下地となるようです。
下地なのでやっぱりしっかりしていることが前提ですかね。

DSC04044

そもそも木摺り下地の普及は、明治時代に入ってからの西洋建築を取り入れた、近代建築が盛んになった時期だそうです。今でこそプラスターボード主流で当たり前のように「内装大壁工法」が行われていますが、当時の小舞土壁ではやはりなかなか大壁はやりにくく、木摺り下地への漆喰やドロマイトプラスターを塗った下地が主流になったのでしょうね。

この前、ちょうどそのような現場の改修工事を見せて頂きました。

_DSC1756

下地はすべて木摺りで天井と壁の見切りには大きな蛇腹用の下地があります。
_DSC1754
20170511_233247009_iOS
20170511_233203683_iOS

このような西洋建築には当時ではやはり木摺り下地への漆喰やドロマイトプラスター塗りが向いていたのでしょうね。今ではこのような装飾もみんな新建材に変わってきてるのが残念です。

で・・・「エコ・環境」の話に戻りますが、木摺り漆喰は何が環境によいのか?と申しますと、まず木摺り板自体が国産の間伐材が使えます。間伐材とは、森林の成長過程で密集化する立木を間引く間伐の過程で発生する木材のことで、ようするに環境破壊ではなく、環境を守る為に切らないといけない木材です。
また、柱や床材でもないのでそんなに裁断に高度な技術や精度も必要ありません。よって工場のエネルギー消費も少ない。・・・ちょっと強引な理論、、、また、現場でのごみがサイディングボードや石膏ボードに比べて非常に少ないのもエコロジーです。ボード系の下地や仕上材は結構切れ端などのごみが沢山発生するそうですが、木摺り下地なら、木材の切れ端と、漆喰の紙袋ぐらいしかごみがでません。

と言うわけで、当社も木摺り下地に関しては、「いいね」と思っているので、専用の漆喰なんかも作っています。
ぜひ、文化的建造物の回収だけでなく、新築でも石膏ボードに変わる下地材として木摺り下地いかがでしょうか?

ドカッと!カタログ
≫木摺り漆喰:漆喰ドカッと!はこちら・・・

 

2017/05/22 10:54

21

2017 05

2種類の撥水剤の違いとは?

弊社では漆喰専用撥水剤といたしまして、城かべ撥水剤プロテクターEX2種類販売しております。この2つの違いは何?とよくお問い合わせいただくのでご説明させていただきます。
20170519133412350_0001
違いその①:塗布後の表情に違いがあります
どちらの撥水剤も上塗り漆喰乾燥後、原液を塗布していただく使用方法になっておりますが、まず城かべ撥水剤は浸透性の撥水剤で、塗布後漆喰の表情が変わりません。これに対しプロテクターEXは表面に撥水層を形成する、表面造膜型の撥水剤で塗布後テカリ出て、漆喰の表情が変わります。
違いその②:撥水効果の持続期間が違います
どちらも環境や施工個所で差異はありますが、城かべ撥水剤で約5年。プロテクターEXで約10年撥水効果があります。テカリは出ますが表面造膜型撥水剤の方が、撥水期間は長くなります。
違いは以上ですが、どちらの撥水剤も漆喰の呼吸性能は妨げないのでご安心ください。おすすめする使い分け方法としては、城かべ撥水剤は白漆喰にいかがでしょう。白漆喰をご採用される方は昔ながらの漆喰をイメージしており、テカリが出ると違和感を持たれる方が多いような気がいたします。
プロテクターEXは黒漆喰など、外部施工のカラー漆喰にいかがでしょう。テカリは出ますが撥水効果期間が長いので雨による二次白華でカラー漆喰が色ぼけしないよう、長期間カラー漆喰を守ってくれます。テカリを気にしないのであれば単純に撥水効果の長さだけでお選びいただいてもいいと思います。

2017/05/21 11:30

19

2017 05

シックハウス症候群とは??

現在もシックハウス症候群に悩んでおられる方は沢山いらっしゃいます。
弊社にもお問い合わせがありますので、簡単にどんなものかおさらいです。

シックハウス症候群とは・・・建材や家具から揮発性有機化合物(VOC)と呼ばれる物質が環境中に放出されめまいや頭痛、呼吸器疾患等の症状がでる体調不良をおこしてしまう事です。
揮発性有機化合物の種類は100種類以上ありトルエンやキシレン、エチルベンゼンやスチレン等があります。その中でも有名な物質はホルムアルデヒドじゃないでしょうか?
内装塗り壁材料で認定を受けているF☆☆☆☆(エフフォースター)はFがホルムアルデヒドの頭文字で文字通りホルムアルデヒドの放散量での規制をしています。ちなみにF☆☆☆☆は内装使用制限なしという事ですね!
弊社漆喰製品も勿論F☆☆☆☆も取得してはいますが、日本漆喰協会ではより基準を厳しくし、自主認定制度で合格した商品にはマークをつけています。
漆喰の中で製品を選ばれる際には参考にしてみてはいかがでしょうか??

漆喰の安全性の証明になるかは分かりませんが・・余談を一つ
漆喰の主成分である消石灰(水酸化カルシウム)はホルムアルデヒドの水溶液であるホルマリンを廃棄する際に加えるとホルムアルデヒドがホルモース反応を起こし、糖=炭水化物に変化しますので、それを廃棄していく方法が取られたりしています。

2017/05/19 13:19

17

2017 05

より使いやすくなるように・・・現代風たたきウルトラソイル試験

もっと簡単に!はやく!土間たたき仕上げができれば・・・というお客様からの声より生まれた現代風たたき「ウルトラソイル」。おかげさまでご採用現場の実績も増え、それにともない実際に施工していただいた左官様よりの声もたくさんお聞きすることができました。そこで出てきたお話が、
①仕上げの拭き取り作業に思ったより時間がかかるので、拭き取り作業がもう少し短く、楽になればもっと使いやすい
②1日仕上げ可能商品だから仕方がないけど、もう少しだけ硬化時間を遅くしてくれたら助かる
③仕上げ表面にもう少し砂利が見えてる方がもっと土間たたきの雰囲気が出るよ
④白華が出るのは仕方ないんだけど、施工時期や仕上げ方法によって仕上がり色にバラつきが出るのをもう少しなんとかならない?
以上のようなご意見をいただきました。早速研究室に伝え、ウルトラソイルがより使いやすくなるように製品配合を見直し、塗り見本作成時、新配合のウルトラソイルの試験も兼ねて行いました。
20170516_140806 20170516_140754
さすが弊社の研究室です(笑)硬化時間延長と拭き取り作業手間削減はかなり改善されています。水量は従来配合と変わらず、4リットルから少しずつ加水でちょうど良いと思います。塗り付け後~仕上げ拭き取りまでの養生時間は約3時間30分。仕上げ方法は拭き取り作業が楽になったのでスポンジのみの拭き取りでもできましたが、水で濡らした刷毛で表面のノロを洗い落とし、その後少しかためにしぼったスポンジで表面を拭き取る方がよりはやく仕上げることができました。
20170516_140714 20170516_153954
乾燥後の白華状況や色のでかたに関しては、また仕上がり次第ご報告いたします。
20170516_140725
弊社では今現在実績が増え、たくさんお使いいただいている商品だからこそ、よりお客様が使いやすくなるように研究開発をしております。
>>現代風土間たたきウルトラソイルはこちら・・・

2017/05/17 11:30

15

2017 05

外壁城かべ漆喰の現場見せて頂きました。

最近は、内装漆喰(城かべ漆喰の石膏ボード仕上げ)が定番化する中で、外壁の漆喰押さえ工事の現場を見せて頂く機会があったのでご紹介致します。
一つは、教会の内外装城かべ押さえ仕上げで、外壁はセメントボード下地です。
セメント系ボードは弾性力もあり曲げにも強い素晴らしい下地材ですが、残念ながら城かべ漆喰には非常に難しい下地です。よく割れます。
今回もすでに下地の専用モルタルの時点で割れていますが、再度モルタルと、全面グラスファイバーネット張りで補強を行い、「漆喰ベース」塗りで下地を作るそうです。
お伺いしたときは、ちょうどモルタルを塗っていたので見せて頂きました。

20170509_063725909_iOS
セメントボード上に専用のモルタルを塗って、そのモルタル完全乾燥後に、軽量モルタルで全面ネット張りを行っていました。
大変手間のかかる仕事ですが、割れが怖いので最善を尽くしておられました。

20170509_063640729_iOS
仕上は大壁で押さえ仕事なので高い技術が必要な仕事で勉強になりました。
また、内壁も大壁で天井面は大きな半円状の天井でこれも押さえ仕上です。

20170509_064035505_iOS
足場があってアール部分は分かりにくいですが、美しく押さえられています。
パターン漆喰も綺麗ですが、このように綺麗に押さえてある漆喰も「漆喰らしさ」のある素晴らしい仕上げですね。感動です。
20170509_064106746_iOS
目地のように見えるラインは、小さなタイルを埋め込んでアクセントを付けています。

20170509_064053379_iOS
今回は、石膏ボード(PB)下地に下地材ボードベースLightで仕上ています。
ボードベースlightは、ボードベースの姉妹品で左官職人の好みで使い分けて頂く様に現場の声で開発しました。
これからの夏の時期は、ボードベースが良いと思いますが、冬場や少し水が引くほうが塗りやすいと感じるお客様は、ボードベースLightをお使い頂いております。

≫城かべ漆喰専用、内装用下地調整材【ボードベースLight】はこちら・・・・

次にご紹介する外部漆喰は、これも大壁で大変難しいのでは?と思う漆喰仕上げでした。
20170510_012748151_iOS
こちらは、一般住宅ですが、内外装漆喰仕上のおしゃれでモダンな住宅でした。完成後、再度撮影させて頂ける予定ですのでお楽しみに!

この建物の下地は、先ほどのセメントボードではなく、最近多くなってきました通気工法のラスモルタル下地です。

20170510_012408796_iOS
通気工法が出た頃は亀裂など大変心配でしたが、各モルタルメーカーさんの企業努力でクラックも少なくなってきたようです。
今回は、縦銅縁に通気ラス張りでモルタル、全面ネットだそうです。
その上から城かべ漆喰仕上げで、最後に城かべ撥水材をご利用頂いております。
軒も長くそんなに雨掛りがある場所ではありませんが、撥水材をしていただくと安心です。
通常外壁漆喰を塗る場合は、城かべ油を入れ塗って頂きますが、城かべ撥水材のように浸透型の撥水材を利用する場合は、油の混入は控えて下さい。
撥水材を弾き効果が薄れてしまいます。

20170510_012442315_iOS20170510_012352487_iOS
城かべ撥水材を塗布後10日程度経過していますが、心配していた塗りムラや、テカリなどは一切ありませんでした。
マットな漆喰独特な仕上がりになっていました。美しい!

城かべ撥水材1kg
≫新商品:城かべ撥水材はこちら・・・

今回は、下地の違う2種類の外壁城かべ漆喰の現場を見せて頂き、勉強になりました。
城かべ漆喰は、下地が動いたり割れたりすると割れてしまいます。
近年下地の進化により弾性力の高いボード系下地や無塗装サイディングボード系したじなども増えてきましたが、伝統の漆喰には向かないようです。
使用を控えて下さい。
亀裂には、やはりラスモルタル全面ネットが良いみたいですね!

 

2017/05/15 11:00

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問