3月 | 2017 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2017年3月の記事一覧

31

2017 03

重吉たたきサンプル乾燥させてます

先日のブログでもご紹介した重吉たたきのサンプルなのですが、施工後倉庫内に入れていたのと、春なのに寒い日が続いたので、まだ完全に乾いておりません!天気の良い日をみはからって、天日干しすることにしました。
乾いていない状態で表面を酸洗いしても、再び白華が出てくる場合があるので充分に養生し、完全乾燥させ、その後表面を整えサンプルを完成させたいと思います。
みなさんお楽しみに(^^)
20170329_114616
>>>昔ながらの土間たたき 重吉たたきはこちら・・・

2017/03/31 11:30

29

2017 03

パラリ紙スサがグレードアップ!

大津磨きや漆喰磨きノロ等にかかせない紙スサ!
今もファンは多い商品ですが、弊社はふりほどき紙すさとパラリ紙すさの2種類をご用意しています。
どちらも原料は和紙の原料である楮やミツマタです。
この度、パラリ紙すさが新原料になり、水解け性能を調べてみました。

旧原料との比較にはなりますが、びっくりの一言!

粗くちぎって水に投入するだけで、右側の新原料は水になじんでほぐれていきます。一方旧原料はもう少し小さくちぎっていかないと時間がかかりそうです。

パラリ紙新2

さらに指で混ぜていくと、全体に分散されすぐ、繊維をたたく工程に行けそうです。

比較2

このようにさらに使いやすくなったパラリ紙すさを是非お試し下さい。

紙すさ商品紹介はこちらから・・・

2017/03/29 11:09

27

2017 03

たたき試験・・・

たたきの試験中!
昔ながらの自然素材なので、樹脂やボンドを入れるわけにはいきませんが、「ここ!」という良い配合があると思います。
今日はそこを探しています。
_DSC1107

土と石灰と天然にがりの絶妙なバランスが必要なたたきは、何年経ってもゴールが見えません。
やれば、やるほど悩みが増える感じですね・・・・
今回は特ににがりの量に与える影響について調べています。

_DSC1109
重吉たたきの土はたたきに使う土としては申し分ないレベルになってみました。

_DSC1108 _DSC1111

たたきは乾燥に時間がかかるので今日は試験体10個作成!
にがりの量を変えてみます。

_DSC1112 _DSC1113

よい結果がでれば又ご報告しますね!

_DSC1114

≫重吉たたきについてはこちら・・・

2017/03/27 11:00

24

2017 03

古い土壁の強化はどうすればいいのか?

お客様からのお電話で、古い土壁下地の塗り替えのご案件をよくいただきます。その場合に「水性樹脂を水で薄め、土壁を硬めようと思うのですが・・・」と聞かれることがあります。水性樹脂は性質上、土壁の中まで浸透しにくく、どうしても土壁の表面部分しか硬くなりません。特に古い土壁下地の場合は、その上に不陸調整、仕上げ塗りと重ねていくのでしっかり強度を上げておかないと、せっかく塗り替え工事を行っても、塗り替えの重みに耐えられず、すぐに剥がれ落ちる事があります。
そんな危険を軽減するため弊社カタログでは、まず超浸透性土壁強化剤「土強」で土壁内部まで強度を上げ、その後水性樹脂を塗布して土壁表面の強度を上げる施工方法をおすすめしております。
ご参考にしてみてくださいね(^^)
20170322131042195_0001
浸透性土壁強化剤「土強」くわしくはこちら・・・

2017/03/24 11:30

22

2017 03

酸洗いでサンプル完成~

以前の記事でウルトラソイルのサンプル作りを紹介しました。記事はこちら・・

やはりまだまだ寒い季節なので、多少白華現象がおきました。
ですので本日は酸洗いをしてみました。

ウルトラソイルは完全硬化するととても硬いので、ゴシゴシ擦っても大丈夫な気がします。
万が一、白華がおきても酸洗いできれいに取れますので、雨がかりなどがなければ施工日を選ばないのも一つの魅力ですかね

ウルトラ1
沢山作成しましたので、是非お手元に取り寄せて下さいませ。
お問い合わせはこちらから・・・

2017/03/22 11:09

20

2017 03

新製品!ベッラムーロ試験施工中!

まもなく発売予定のベッラムーロ!研究も最終段階に入ってきました。
今日は、実際に工務店様にご協力頂き現場施工を行っております。

_DSC0701 _DSC0693-2

ベッラムーロ?・・・何じゃそれといつもブログを購読頂いているお客様には聞きなれない製品ですね。
実は、簡単に言うと漆喰ガードの鏝塗りバージョンです。

漆喰ガードは、古くなった漆喰の補修に使えるトップコートで、カビや汚れに強い超撥水の製品です。
この漆喰ガードを古くなった漆喰の上に塗ると壁面が白くなる漆喰専用のリペア材なんです。

≫漆喰ガード詳しくはこちら・・・

このローラーや刷毛で塗る漆喰ガードを鏝塗りにすることで、左官屋さんがより使いやすい製品になり、漆喰のリペア以外にも直接モルタルに塗れば仕上材にもなるというわけです。

_DSC0771 _DSC0772-2

そんなこんなで、ご協力頂いた工務店さんと試験施工をしているわけですが、天気がいいので足場の上は最高!・・・職人さん、仕事しているのにすいません。

_DSC0684-2 _DSC0739-2

藻・カビ・汚れ・撥水と優れた性能の「ベッラムーロ」は汚れた漆喰補修の強い味方になりそうですね。
でも、皆さんにお届けする前にしっかりと製品評価は行いますのでもうしばらくお待ち下さい。

_DSC0696 _DSC0708 _DSC0745-2

完成のパターンは今回はこんな感じです。

_DSC0793 _DSC0785-2 _DSC0782-2

超撥水!トップコート仕上材、ベッラムーロでした。覚えといてくださいね。

2017/03/20 10:58

17

2017 03

お持ちいただいている左官さんが増えました(^^)

漆喰のクラック補修パテ「ヒビキエール」!便利なので手元に置いておこうとお持ちになっている左官さんが増えました。
漆喰はみなさんもご存じのとおり自然素材で健康、安心な壁材なのですのが、自然素材ゆえの弱点もあり、乾燥すると硬く、元の岩(石灰岩)に戻ろうとする性質があり、弾性力がありません。なので構造が動くと漆喰壁はそれに追随できないためクラックが発生してしまします。逆に言えば仕上げが漆喰壁の場合は下地が非常に大切だという事ですね。
そんなクラックを簡単に補修できるのが「ヒビキエール」です。特に漆喰壁をよく塗られている左官さんには好評で、ひとつ手元に置いてあれば安心だねと言っていただきます。チャック付きポリ袋入りで余った分もそのまま保存でき、袋のチャックをしたままよく揉んでいただければ再度すぐご使用いただけます。漆喰のクラックでお困りの方は是非一度お試しください(^^)
ヒビキエール-165x220

2017/03/17 11:30

15

2017 03

瑞黒しっくいと黒しっくいの違いは??

お客様から「瑞黒漆喰と黒しっくいの違いは何ですか?」とお問い合わせがありましたので簡単にご紹介します。
まずは城かべ瑞黒ですが・・・

壁専用に作ったノロ掛け使用の漆喰製品です。
黒さを追求し、真っ黒に仕上がり、色むらもおきにくいように配合された製品です。
瑞黒施工
写真のようにノロ掛けですので、仕上がった白の漆喰の上に薄く薄く塗り伸ばして施工します。

対して黒しっくいは・・・

基本的には屋根用として配合されている製品です。
瓦の色に合うように濃いグレー(濃灰)色に仕上がります。
屋根用ですので、すさ(繊維)も太い麻すさを使用しています。ただ壁に使用出来ないわけでなく、並押さえをするとすさも伏せこみ目立たなくなります。
黒しっくい2
次に色味を瑞黒と比較すると・・・
比較
これぐらいの色の違いがあります。

お求めの色調によって、瑞黒か黒しっくいを選んで頂ければと思います。

城かべ瑞黒 カタログ、商品説明書はこちら・・・

黒しっくい 商品ご紹介はこちら・・・

塗り見本のお問い合わせはこちら・・・

2017/03/15 11:00

13

2017 03

サンプル頑張って作ってます。

当社のサンプルは営業マンの手作りなので、愛情が注入されています。
毎月サンプル作ろう日が決まっていて、今月はウルトラソイルと重吉たたきのサンプルをみんなで作りました。
20170308_041532316_iOS
寒いのでジェットバーナーで乾燥させながら今回はスポンジ拭きとりではなく掻き落としにできました。

20170308_065348149_iOS 20170308_065353919_iOS
≫ウルトラソイルにご興味のある方はこちら・・・

あと新製品の「重吉たたきの」サンプルも作りました。

20170308_041510325_iOS 20170308_041602491_iOS
重吉たたきはたたきなのでサンプルは作りにくいですが、少し軟らかめの配合でカップに押し込みます。

素人っぽさがにじみ出ている・・・・手作業!
20170308_041519145_iOS

最後は鏝で押さえて翌日ぐらいにスポンジ拭きすれば完成!

20170308_041559067_iOS 20170308_041543480_iOS

≫重吉たたきにご興味がある方はこちら・・・0000

2017/03/13 11:00

10

2017 03

増刊!春号ニュースレターでお届けしますね(^^)

弊社売れ筋№1!下地材ボードベース。お使い頂いているお客様が多いという事は、それだけボードベースに関するご要望、ご意見も多くいただきます。その中でよくいただくのが「不陸調整しやすいように、ボードベースを厚塗りにしたい」というご要望です。このご要望にお応えするため試験をし、作業性、厚付けが比較的良好だった配合を4月みなさまに送付予定ニュースレター増刊号にてレシピをご紹介しております。
春増刊号はその他記事もボリュームたくさんでお客様に役立つ情報をお届け予定です。
4月ニュースレターをどうぞお楽しみに!
20170307093924604_0001

2017/03/10 11:30

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問