7月 | 2015 | 近畿壁材工業株式会社 匠に役立つ塗り壁ブログ 【漆喰】昔ながらの漆喰壁材「城かべ」の販売。

2015年7月の記事一覧

31

2015 07

偶然ですが・・・黒壁の小ネタが続きますね~

最近黒漆喰(しっくい)の話が続いていますが、今回もその現場です。今回の現場は店舗の外装、厳密には黒漆喰ではないのですが、モルタルにノロ掛けで仕上げているそうです。このスペシャルな特殊黒ノロの配合は、その左官職人さんのオリジナル配合でヒ・ミ・ツ!だそうです。アイデアですよね、面白い仕上げです。

もしかしてだけどぉ~♪ もしかしてだけどぉ~♪ いまぁ~って、黒しっくいはやってんじゃないのぉ~♪

黒しっくい 黒漆喰 黒しっくい

今日は35℃暑い!水分とって熱中症に気お付けて下さい。
ちなみに・・・
≫【瑞黒(ズイグロ)】はこちら・・・
黒漆喰 黒しっくい 黒

2015/07/31 08:00

30

2015 07

新人:城本奮闘記!「俺の研究」・・・その8

今回は問い合わせが多い黒漆喰について少し紹介させてもらいます。黒漆喰について当社の商品の「黒しっくい」はどれくらい黒いの?という問い合わせが結構あります。当社の「黒しっくい」は屋根用の黒漆喰ですので真っ黒にはなりません。というのもいぶし瓦の色に合わせているので濃いグレー(濃灰)になっています。お客様が真っ黒な漆喰を希望される時には当社としては「城かべ瑞黒」という商品をお勧めしています。もちろん城かべなどの漆喰に黒い顔料を混ぜて黒漆喰を作ることも出来ますが手間がかかりますし、黒さが足りなかったり、色ムラなどが起こりやすくとても難しいです。瑞黒はそういった心配がほとんどなく真っ黒に仕上がります。黒しっくいと瑞黒を比べてみます。


瑞黒は真っ黒に仕上がっていますね。一方黒しっくいは濃いグレーです。やはり黒漆喰と聞いて皆さんが思い浮かべる真っ黒ではないですね。今回は商品紹介みたいになり申し訳ないです。次回はちゃんと研究らしく城かべから黒漆喰を作ってみたいと思います!!出来るかどうかはわかりませんが(笑)

城かべ瑞黒・・・

一応黒しっくい・・・

2015/07/30 13:17

29

2015 07

月に一度の社内勉強会~城かべと黒~

毎月自社で行っている社内勉強会、今月は「黒しっくい」。といっても黒しっくいの成功の秘訣は90%以上が左官技術、残念ながら材料メーカーがあんまりお手伝いできることもありません。
しかし、当社にある素材で少しでも匠に役立てばと勉強会を開催しました。
今回は、城かべに入れる墨の量(城かべ松煙)、(油煙)、(バイエル)など、ノロ掛けによる堅押さえ(瑞黒)、高級城かべによる磨きノロの検証をしてみました。
黒しっくい 黒漆喰  黒壁 黒しっくい

高級城かべで作るノロも一緒に検証しました。技術的な問題でピカピカにはなりませんでしたが、黒磨きには提案出来そうです。

城かべ 黒しっくい 黒葉銀杏草 黒のろ
黒しっくい壁は奥が深いです。またレポートが完成しましたらご連絡します。

黒しっくい 黒漆喰

2015/07/29 08:00

28

2015 07

古民家再生!施工中のなまこ壁現場へ

以前ブログでもご紹介させていただいた古民家再生の現場が始まり、もうすぐなまこ壁を直すところとお聞きしたので現場へ行ってきました。

実は改修前にこちらの現場視察後も元請け様や販売代理店様よりなまこ壁の施工方法やどのような材料が必要なのか等何度もやりとりし、私も勝手ながら心配しておりました。

元請け様も伝統工法なので施工をお願いする左官様がやった事が無いと言われる可能性があるとの思いからある程度説明ができるようにとのお気持ちがあったようです。

ところが実際訪問してみるとお歳は若い左官様なのですが、昔の施工法どおりに下地作りをしており、いらぬ心配でした。左官様にお話をお伺いすると「独立前、腕利きと評判の親方の元で修行させてもらったので何度かしたことあるんです。もちろん久しぶりなんですが」とのこと。

すばらしい親方です!まさしく伝統工法の継承ですね。親方ももちろんそれに答えたお弟子さんもすばらしい!

このような伝統工法による改修現場は無くなる事はないので是非この度お会いした左官様のように若い世代の方に継承していただきたいです。

image image image

 

 

 

 

2015/07/28 20:57

28

2015 07

カラー漆喰は材料では解決できない、高度な左官技術です

土塀の改修現場へお邪魔しました。通常の城かべ漆喰での改修かなと思ったら、「黄漆喰」それも濃い・・・・
元の色(塗装ですが...)に合わせそれも漆喰でとの要望だそうです。難しいですね。
土でも顔料でも城かべ漆喰の着色は、乾燥スピードや押さえ方、塗り厚で色むらになるので本当に難しい技術だと思いますが、逆に匠の技術でもある左官工法です。
黄大津 城かべ 黄漆喰
この色にするそうです。
黄大津 shirokabe
色合わせが大変!
今回はバイエル黄7と紅柄で調整かな。
黄大津 漆喰から―

2015/07/28 11:21

28

2015 07

燃えない漆喰こそ消防署に似合う!

知り合いの左官屋さんから「町の庁舎に城かべ塗ったから見て来たら」とお電話頂き、早速にお邪魔しました。庁舎に隣接して救急車と消防車がある分署も隣接しており、その軒裏周辺に城かべを使って頂いております。
防火性能の高い漆喰壁は、消防署によく合います。
また、庁舎のほうの内装にも漆喰壁を利用しており、雰囲気のある素敵な役場でした。
漆喰壁  城かべ漆喰
内部にも漆喰壁こんな環境で仕事が出来て羨ましい!
皆さんの事務所にも防火と調湿性能の高い城かべ漆喰はいかがですか。

城かべ 漆喰 本漆喰 しっくい壁

2015/07/28 08:32

27

2015 07

真砂コンで掻き落としを・・

弊社近くで造園屋様が真砂コンで土間の掻き落としをするとの事で現場へ訪問させて頂きました・・
淡路島の土に砂、白セメントと真砂コン液でどんな仕上がりになるのかとワクワク!
真砂コン練り

少し土色にするので漆喰たたき用の着色剤を混入しての施工です。

真砂コンならし② 真砂コンならし

丁寧に勾配をとりながらならしていきます。細かい場所はやりにくそうですね…

真砂コン押さえ 真砂コン

仕上げは掻き落としですが押さえると強度が増すので、よく押さえていただきました。
さあここからが勝負!壁面の掻き落としもそうですが、掻くタイミングが早すぎると掘れすぎて、遅すぎると掻けない。
夕方まで待ちましたがまだ早そうなので私はリタイヤ(笑)
職人様は夜にライトをつけて掻き落とし作業となりました。
お疲れ様です・・・&帰ってごめんなさい・・・

仕上がりは完全に乾燥してから写真撮らせていただいてまたご報告します。

真砂コン土間仕上げはこちら・・・
押さえや掻き落とし、拭き取り仕上げやたたき風仕上げと様々な意匠が可能です。

2015/07/27 17:10

27

2015 07

このマーク?なにか解りますか?

高山左官組合
先日高山左官業組合様のイベントに参加時、スタッフの皆さんがこのマークの入ったTシャツを着ておられました。
金に眞かな?鎭(ちん・しずめる)だそうです。
なぜ?左官屋さんが鎭なのかお話をお伺いすると・・・昔はよく火事が起こっていたそうです。土蔵や民家を作っている左官屋さんが、自分が作った土蔵などを火事から守るため、左官組合が率先して火を消しに行っていたそうです。(今でいう消防団みたいなもの)
左官組合が、消防団のような組織を作って自分たちの作った作品を守る思いからこの「しずめる」の文字を使っていたそうです。
すごいいい話と思いませんか。感動!
それから話は続き・・・・
このお墓何か解りますか?
左官 江戸屋
実はこれ高山左官組合さんの慰霊碑なんです。
左官組合組合員さんは、無くなったら名前を残しこの慰霊碑で祀られるそうで、毎年1回法要も行われているそうです。

高山法華寺
江戸屋 左官

左官組合 高山
この話がまたすごくて、左側の墓石が高山にある「法華寺」さんの墓地から掘り出された【江戸屋万蔵】と言う方のお墓で、聞いた話ですがこの江戸屋さんが江戸から高山に移り住んで「左官業」を始めた方、ようするに高山の左官業の開祖みたいな人だそうです。
今から約140年ほど前(今年で147年といわれていたように思います)の方で今の高山の左官業の始まりは、この江戸屋さんがはじめられたそうです。
東京の人が高山で左官業。どうりで高山の建築はどこかモダンなのかも・・・・江戸文化が注入されたのかも!
江戸屋
【鎭(ちん・しずめる)】の文字の話や、この【江戸屋さんのお墓】の話を聞いて左官業の歴史と伝統文化に大きな感銘を受けました。お話をお聞かせ頂いた高山左官組合の皆様有難うございました。また、お墓の写真など撮影して失礼致しました。合掌!

2015/07/27 07:35

25

2015 07

中塗土の曲線が美しい!

彦根城の佐和口多聞櫓の一部が開放されていて重要文化財でありながら自由に見学できます。驚いたのが内部は真壁なんですが、貫の出っ張った部分を中塗り土で塗り込んでいるので壁が凹凸になっています。内部の展示物より壁に感動しました。古民家の壁も淡路中塗り土を使ってこんな感じでデザインすればモダンかも・・・・かっこいいです。
淡路中塗土 土壁
また、この中塗土の錆びた感じがなんともいえない魅力です。
中塗土 土壁
漆喰もいいけどやっぱり本物の土壁もいいですね。

2015/07/25 08:00

24

2015 07

コンクリートでもお城はやっぱりいい!

滋賀県長浜市の長浜歴史博物館「通称:長浜城」見学!1983年に犬山城などをモデルに復元されたそうです。鉄筋コンクリートでエレベーター完備でも立派なお城です。
城かべ漆喰を売っている事からついつい城には立ち寄ってしまいますが、秀吉の出世城とも言われるお城なので、天守閣から琵琶湖を眺めると出世できるかなと思い上ってみました。

長浜城 漆喰 城かべ 長浜城 漆喰
あいにくの天気ですが、眺めは最高です!
長浜 漆喰 城かべ長浜 漆喰
≫長浜城歴史博物館HP

2015/07/24 18:21

このページの上に戻る

ブログ内検索

近畿壁材工業株式会社

商品一覧

  • 城かべ漆喰
  • 土間たたき
  • 本土壁
よくある質問