MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2020/09/10(木曜日)漆喰施工要領|ローラー漆喰を施工するときは下地のパテが重要!

塗り壁でのパテ使いますか?パテ施工要領!


ローラーで漆喰塗るとき、パテ処理おろそかにしてませんか?

唐突にすいません。今回ご紹介は、石膏ボードのパテ工法!
通常の鏝塗りでは必要ないかもしれませんが、薄塗りやボード一発塗りなどが増えてきている昨今、パテも以外に重要になってきましたし、
しっくるんなど施工の場合は、特にパテの精度で仕上がりに違いが出来ます。

ローラーで塗れる漆喰!「しっくるん」

さて、上記のしっくるんなど薄塗り工法の仕上げ材には欠かせないパテ!
今回は、パテの精度が抜群に良い職人さんにお会いし、その極意をお聞きしました。

お使いのパテは何がお勧めですか?

パテは、上塗りと下塗り違うメーカーの物を使っています。
下塗りは、中央ペイントさんの「ガッツV」
≫中央ペイント株式会社様

上塗りは、メーコーさんの「ジャストパテ」
≫メーコー株式会社様

を使っているそうです。

なるほど!

ジョイントテープは特別なこだわりは無いですが薄いものを使っています。

ジョイントテープの上から下塗りガッツVですね!

痩せないといってもやっぱり痩せるので、目地は2回塗りになります。

下塗り乾燥後上塗りを塗っていきますが、やはり、ペーパーがやりやすい方法が重要。
特に幅広く塗りますが、端々の不陸が無いように塗っていきます。

パテを塗る手順を教えて下さい。

まずは一番高い部分の真ん中を塗ります。
下から上に塗って、途中は上から下に塗っていきます。
出来る限り高さが出ない様に薄く塗ってます。

次に右、左と少し塗り幅を広げるように塗っていきます。

パテ幅を広くすることで、ジョイント部分のふくらみが目立たなくなります。
出来るだけシゴキ塗りでペーパーも楽になりますしね!

私自身も触らせて頂きましたが、ほとんど凸凹が解りません!
素晴らしい完成度!

ボードの取り付けの凹凸が大きいときはどうするんですか?

不陸を無くすため全面塗ってしまいます。

これで、しっくるんを塗ってもジョイントがわかりません。

最後にペーパーをかけて完成です!

ありがとうございました。勉強になりました。

 

 

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ