MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2015年9月の記事一覧

2015/09/30(水曜日)この頃気になる、ドイツ壁

車で走っているとちょくちょく見かける通称「ドイツ壁」、ついつい見逃してしまうなんてこと無い壁ですがあの凹凸はなかなか出せない魅力です。
ドイツ壁
色や凹凸具合も地域ややり方によっても違いはあるようですが、パターン仕上げとも違う高級感を感じています。
ドイツ壁ドイツ壁
以前行った明治村のドイツ壁
漆喰ドイツ壁 ドイツ壁漆喰 ドイツ壁
壁屋として、ドイツ壁の魅力に最近はまっています。

2015/09/29(火曜日)新人:城本奮闘記!「俺の研究」・・・その15

今回は漆喰の吸水について実験したいと思います。漆喰の押さえと最近よくあるパターン仕上げで比べてみます。押えは何回も押えて表面がツルツルになるまで押えました。パターンは塗見本があったのでそれを使います。

水は水性インクで着色して分かりやすいようにしました。

スプーンで同じ量を両方に1杯ずつ垂らしました。

押えたほうは多少の吸水がありますが表面でほぼ留まっています。パターン仕上げは水を垂らした瞬間にジワッと広がりました。少ししてからがこちらです。

押えた漆喰はまだ表面に水がありますが、パターン仕上げの漆喰は完全に水を吸水してしまいました。今回は平面で実験したのですが、漆喰は実際には壁面になるのでもっと差が出るのではないでしょうか?内部だと、どちらの仕上げでも大丈夫ですが外部では大変な時間と手間が掛かりますがしっかりと何度も押えた漆喰がいいですし、城かべ油を入れるとさらに水の浸入を防ぐことができると思います。外部でどうしてもパターン仕上げがしたい場合は必ず撥水剤を塗ってください。
城かべ油・・・
プロテクターEx・・・
プロテクターG・・・

2015/09/29(火曜日)こだわりの建築・・・勉強になります。

以前小舞下地掻きをご紹介させて頂いた現場で、お世話になっている左官屋さんが木摺りで漆喰を塗っているとの事で見学に行ってきました。
小舞下地で伝統的なこだわりから真壁と思いきや、「木摺り下地の大壁」で素敵な外観になっていました。
棟梁の意向もあって出来るだけというか、ほとんどが自然素材、モルタルやファイバーネットなども使わずにとの事・・・よって下地は木摺りに漆喰に仕上げを塗るそうです。

木摺り漆喰 漆喰
木摺り大壁 漆喰 木摺り下地
出隅はひげこで補強!
木摺り漆喰 木小舞下地

室内はは、細部まで日本の伝統的な大工技術をふんだんに盛り込んだ作り!

荒壁 土壁
天井の梁にかかれた文字と、下地窓が棟梁の熱い思いが感じられます。
荒壁 下地窓

で親方、外壁の仕上げは?・・・地元の土を使った掻き落とし仕上げだそうです。楽しみです!
漆喰の掻き落とし

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ