MENUメニュー

匠に役立つ塗り壁ブログBLOG

2018/06/06(水曜日)収縮割れ防止ネットはしっかり伏せこみましょう!

モルタル下地を施工する場合に表層近くにガラス繊維ネットを伏せこむと思います。
ネット
ここで注意したいのが、きっちり材料のノロがネットを覆うように伏せこむということです。
ネットは材料から水が抜けて乾燥していく過程での収縮に対して非常に有効で、表層に近ければそれだけ表面のクラック防止に役立つ優れものです。
しかしネットが表層に出ている状態だと、ネットが水を吸わず上塗り材料との接着界面で剥離が起こる可能性があります。
上塗り材料が樹脂系ですと、上塗り材の付着力で接着しますが、漆喰のような天然素材はそこまで付着力がありませんのできっちりと伏せこむことで剥離を防ぎましょう!

«漆喰専用の城かべネットはこちら・・
漆喰の強アルカリにも負けない、繊維そのものが耐アルカリのネットになっております。

«土壁用の麻ネットはこちら・・
土に伏せこむネットはガラス繊維ですと水を吸わない為に材料と馴染みません。ですので麻が効果的です。

~土壁・土間たたき製品をお探しではございませんか?~
土屋重吉ONLINESHOP 開店中!

淡路土製品の情報配信中!
日曜左官 ~土屋重吉で本格左官仕事を楽しむブログ

匠に役立つ塗り壁ブログ

CATEGORYカテゴリー

ARCHIVE月別アーカイブ

近畿壁材工業株式会社

お問合せ