MENUメニュー

製品一覧PRODUCTS

〖ボードベース(内装用)〗
漆喰をプラスターボード上に美しく仕上るために開発した漆喰専用下地材

品番

327004

※写真はクリックすると拡大します。

ボードベースは漆喰を現代建築における石膏ボードへ塗る場合や古い漆喰、ビニールクロスの塗り替えなど様々な状況で使える万能型下地材です。
速乾性で乾燥がはやく、簡単に平滑な下地が作れます。
また高い水引き性能があり、乾きムラが起こりにくく上塗りの作業性が向上します。

【特長】
★水引き調整も兼ねた下地材。シーラー材必要無し
★速乾性ですぐ乾く。工期短縮
★高い付着力。古い漆喰壁やビニールクロスの塗り替えに使用可能

【施工下地】
・石膏ボード下地にはジョイント(継ぎ目)処理後、施工してください。
・ビニールクロスへの施工は「島かべプライマー」塗布後、施工してください。

【調整水目安】
300ccまで混入可能です。少しずつ水を加えながら塗りやすい固さに調整してください。
定価【設計価格】 2,840円(㎡=710円)
1セットの規格・容量 主材(粉末)4㎏・配合材(液体)1㎏/セット
塗り厚 0.7㎜厚
施工面積/セット 4㎡/セット
ケース/梱包単位 1ケース4セット入
出荷単位 1セットから出荷出来ます
主原料 石膏・砂
性状・材質 粉体

よくあるご質問

Q

漆喰以外の仕上げ材も塗れますか?

基本は漆喰専用品になります。ただし、お客様によっては気温が高い夏場で仕上げ塗りの乾燥スピードがはやくなる場合に下地材をボードベースにすることで乾燥を遅くできるという理由から珪藻土壁の下地材にもご使用いただいております。

Q

中塗り土の上に塗れますか?

そのままでは乾燥時の引っぱりが強いため施工できません。土下地に施工する場合は配合材(液体樹脂)の量を半分にしてください。
ボードベースは1セット内容が主材(粉末)4㎏+配合材(液体樹脂)1㎏になっておりますが、半分なので主材(粉末)4㎏に対し、配合材(液体樹脂)500gで使用し、硬さ調整は水道水で行ってください。

Q

ボードベースとボードベースライトは何が違うの?

通常品ボードベースはライト品に比べ、水引き性能が高く、仕上げ材塗りつけ時水が引きにくくなっています。たとえば夏場など乾燥スピードがはやくなる条件がそろっている場合は通常品を使うことで乾燥スピードを遅くすることができます。
乾燥がはやくなる夏場で、しかも大きい面積の壁を施工する場合などはお客様よりご好評いただいております。

Q

あく止め効果はあるの?

あく止め効果はあります。しかし、合板やべニア下地、汚れがひどい既存壁への塗り替えなどにご使用いただく場合はボードベースのあく止め効果だけでは止まらない場合があるので、「島かべプライマー」を塗布し、乾燥後ボードベースを塗ってください。
「島かべプライマー」を塗布することであく止め効果が向上します。

Q

不陸があるのでもう少し厚く塗りたいんだけど何か方法はある?

通常版ボードベースは高い強度と付着力が特長で、この特長を利用し追加で材料を混入することで厚塗り仕様にできます。ボードベース5㎏1セットに対し、硅砂5号4㎏、あくぬきわらすさ30gを追加で混入し、水520gで練ってください。厚塗り仕様にした場合、土下地にも施工可能です。
ただし厚塗り仕様に変更する場合は必ず通常版ボードベースを利用し、ボードベースライトでは材料追加をしないでください。

Q

ボードベースに違うメーカーさんの上塗り漆喰を塗っても大丈夫?

漆喰専用下地材ですので施工可能です。

ボードベースについて

ボードベースは、日本の伝統の漆喰と現代建築の融合を目指し開発された漆喰専用の下地材です。薄塗りでも高い強度と、漆喰施工の大敵でもある吸水を完全にストップし、速乾でアクシミ防止効果も高く石膏ボードにも直接塗れる抜群の作業性を有しております。
内装の漆喰工事、石膏ボード下地や古い漆喰の塗り替え、ビニールクロスのリフォームなどに最適の漆喰専用の下地材です。
内装漆喰工事をご検討のお客様は、このボードベースをお使い下さい。
(左官職人様へ・・・)
冬場なので少し水を引かせたい、1材で手軽に使いたい場合は、姉妹品。
ボードベースライトもご用意しております。
ボードベースライトは性能はボードベースより低くなりますが、漆喰以外にも珪藻土やジュラク壁などにも万能にご利用頂けます。
≫ボードベースライトに関する情報はこちら
 

ボードベースは下記のONLINESHOPでご購入いただけます

画像

近畿壁材工業株式会社

お問合せ