プロ用の土壁・漆喰壁で本格的な塗り壁を楽しむブログ
プロ用の土壁・漆喰壁で本格的な塗り壁を楽しむブログ

新人営業マンの疑問!荒壁はなぜ練り置きがいいの?

荒壁は練り置きすると塗りやすくなります!

荒壁は練り置きすると「塗りやすくなる」と聞いたことがあります。

そこで荒壁はなぜ塗りやすくなるのか調べてみました。

荒壁に使う材料は「荒壁土」と「荒すさ」です。

そしてこのように材料を足で踏み練っていきます。

こうして練って材料を練り置きなしでそのまま塗ることはできます。

ですが練り置き無しだと荒スサがピンッ!と跳ねやすく施工が難しくなります。

そこで荒壁を長期間保管した「腐り土」というものがあります。

では何故、長期間保管すると施工しやすくなるのか?

それは時間と共に荒すさが荒壁土二に溶けすさが跳ねにくくなるからです。

実際文化財の現場では1ヶ月、2ヶ月練り置きすることもあります。

土屋重吉オンラインショップには荒壁のセットがございます。

>>荒壁セットのご購入はこちらから

荒壁は練り置きすると荒すさが荒壁土に溶けることで塗りやすくなることがわかりました。

【fujimori@kinkikabezai.com】このメールアドレスにご意見送って下ると光栄です。

————————————————————————-

≫近畿壁材トップページ

★SNSで情報配信中!

LINE公式
≫近畿壁材工業公式LINE

新フェイスブック
≫「いいね」で誰よりも早く情報GET!・・・

innsuta
≫インスタフォローお願いします。

Twitter
≫【公式】Twitterフォローお願いします。

名称未設定 1
≫役立つ動画を配信中!!「見てね~」

———————————————————————

≫土壁・漆喰壁の販売オンラインショップ

名称未設定 11

assocbutt_or_buy._V371070157_

 

 

 

 

 

 

お問合せフォーム 電話でのお問い合わせはこちら0799-85-1147
お問合せフォーム 電話でのお問い合わせはこちら0799-85-1147
土屋重吉ONLINE SHOP
土屋重吉ONLINE SHOP
このページの上に戻る
このページの上に戻る