メンテナンス

城かべ漆喰:割れ(クラック)のメンテナンス

before画像

Before

after画像

After

漆喰が割れた場合の対処法はクラックの種類によって様々です。また割れの原因を特定しない限り塗り替えなどの補修をしても、再発する可能性が高くなります。

考えられる原因

外部パネル系下地など建物の躯体や構造が原因となる構造亀裂。大壁工法など施工面積が広い場合や、塗り厚を著しく厚く塗ってしまった場合などが原因となる乾燥収縮による亀裂。乾燥が速くなる夏場や吸水性の高い下地に施工した場合など、急激な乾燥によるドライアウトなど、クラックには様々な原因と種類があり、割れの原因を特定し、メンテナンスすることが重要になります。

メンテナンス方法

施工要領例1◇構造亀裂

近年、建築様式の変化によりパネル系下地や、鉄骨造などの建物が増えてきました。これらは建物自体の動きや、自然災害等で壁面に圧力がかかり、上塗りの漆喰が割れる事があります。塗り替えは可能ですが、塗り替えても同じ様に亀裂が起きる事が多く、左官工事では修復が難しいため、下地の変更等の処置が必要になります。

施工要領例2◇亀甲亀裂や網状亀裂のメンテナンス

大壁工法等の壁面が大きい時や、塗り厚が著しく厚い場合等の乾燥収縮によって起こる場合や、吸水性の高い下地で水引き調整処理不足によるドライアウトで起こる場合などがあります。この場合は上塗り漆喰面だけに亀裂が発生している事が多いので、内部に被害がある場合は少なく、上塗り漆喰部分の塗り替えで補修する事が出来ます。

☆内部:塗り替え
①塗り替え面を水洗い(水拭き)後、完全乾燥
城かべシーラー3倍液全面塗布。その後完全乾燥(塗布後 半日~1日)
➂亀裂に沿って、市販の糊付きジョイントテープ貼り付け
④ジョイントテープが隠れる厚みで下地材 ボードベース塗り。完全乾燥(塗り付け後 1日)
⑤城かべ漆喰上塗り塗り付け

☆外部:塗り替え
①塗り替え面を水洗い(水拭き)後、完全乾燥
城かべシーラー3倍液全面塗布。その後完全乾燥(塗布後 半日~1日)
➂亀裂に沿って、市販の糊付きジョイントテープ貼り付け
④ジョイントテープが隠れる厚みで下地材 漆喰ベース塗り。完全乾燥(塗り付け後 1日)
⑤城かべ漆喰上塗り(城かべ油入り)塗り付け(塗り付け後 4~7日は雨に打たれないように養生)

この場合に使用する材料について
城かべシーラー

城かべ漆喰仕事の必需品!下地の強化から水引き調整まで、あらゆる状況で必要となるシーラー材です。耐アルカリ性能に優れています。

お問い合わせ・資料請求はこちら
ボードベース【内部用】

ボードベースは漆喰を現代建築における石膏ボード、古い漆喰、ビニールクロスの塗り替えなど様々な状況で使える万能型下地材です。速乾性で硬化が早く簡単に平滑な下地が作れます。
【特長】
★水引き調整も兼ねた下地材。シーラー材必要無し
★速乾性ですぐ乾く。工期短縮
★高い付着力。古い漆喰壁やビニールクロスの塗り替えに使用可能

お問い合わせ・資料請求はこちら
漆喰ベース【外部用】

外部漆喰塗り、塗替えに最適!古い漆喰壁の塗替えやコンクリート、モルタルなどへ漆喰を塗る場合の下地材です。水引き性能が高く、ムラ引きしないので上塗り漆喰塗りつけ時の作業性が上がります。また薄塗りなので、塗り厚が残っていない場合などにも漆喰ベースを塗り付け、乾燥後漆喰上塗りができます。
【特長】
★下地の水引きが安定。ムラ引きせず上塗りの作業性向上
★高い付着力。古い漆喰の塗り替えに使用可能
★速乾性ですぐ乾く。作業効率UP!

お問い合わせ・資料請求はこちら

施工要領例3◇塗り替えまで必要が無い小さな割れのメンテナンス

通常ヘアークラックと呼ばれる小さなクラックで、亀甲亀裂や網状亀裂と同じように上塗り漆喰面のみに発生するクラックです。原因は亀甲亀裂や網状亀裂の場合と同じ場合が多いですが、その影響が少なければ、小さな割れで表面に現れます。
この場合は補修専用の漆喰パテで簡単にメンテナンスすることができます。
☆施工手順
①クラック部分を洗浄後、ゴム手袋を着用し、クラックに沿って補修パテ ヒビキエールを指で摺り込んで下さい。
2
②少し乾燥後(摺り込み後 30分程度)、クラック部分からはみ出たヒビキエールをカッターやスクレーパー等で、壁面に沿って垂直に削りとって下さい。
1
③完全乾燥後、目の細かいサンドペーパーで周囲となじませるように削り表面を整えて下さい。
3

この場合に使用する材料について
ヒビキエール

クラックを消す事を目的とした漆喰専用パテ。城かべ漆喰と同じ成分で作っているので色も同じです。簡単な施工手順でクラックを隠し、収縮が少ない固練りタイプで接着性を向上させており、雨がかりによる剥離を防ぎます。

お問い合わせ・資料請求はこちら

◇割れにくくする為の予防方法

・大壁等の大きい面積に施工の場合は乾燥収縮が大きくなるので、城かべネットを伏せ込んで下さい。
shirokabe_net[1]
・吸水の激しい下地には城かべシーラー3倍液を塗布し、水引調整して下さい。

・各工程、充分に乾燥期間を設けて下さい。追っかけ(下塗りが半乾き状態で上塗りすること)施工は砂しっくいから上塗り漆喰の施工時だけです。
・標準塗り厚を守って下さい。厚みを付ける場合は追っかけ施工で数回に分けて塗り重ねて下さい
・5度以下での施工はしないで下さい。硬化不良により漆喰本来の硬度が出ず、割れやすくなります。
・夏場の直射日光などは避けるよう養生し、急激乾燥しないようにしてください。ドライアウトし、割れる可能性があります。

土屋重吉ONLINE SHOP
Amazonでも販売中
販売代理店様用web 販売代理店様はこちら
facebacook
匠に役立つ塗り壁ブログ
近畿壁材の土ブランド土屋重吉
豊富な施工実績
お客様の声
よくある質問
会社概要
ひょうご優良経営賞兵庫県知事賞を受賞しました
日本生産性本部「実効力ある経営」認証評価制度 継続認証 認定されました
Twitter
Instagram
Line