MENUメニュー

メンテナンスMAINTENANCE METHOD

  • 古くなった土間、凸凹になった土間たたきのメンテナンス方法

    Before

    After

    玄関など屋内の土間たたきは年月が経つと削れが目立ってくる


     

    玄関や数寄屋づくりの住宅の屋内土間などに施工されてきた土間の三和土(たたき)。

     

     

    玄関など、人の出入りが激しい場所の土間たたきは、年月が経つと少しずつ削れて、表面が凸凹になってきます。

    伝統的な土間たたきはセメントが無い時代に土を固め、強度を出す方法としてできた工法なので、使用している材料も昔からある素材、土や石灰が使用されており、強度もセメントやコンクリートほどはもちろんありません。

    基本的には土を押し固めたものなので、すぐに削れることはありませんが、長い年月をかけて少しずつ、人の出入りの激しい所は削れてしまいます。

    削れると土間たたきは凸凹になり、つまずいたり、歩きにくくなってしまします。

    そんな昔ながらの土間たたきのメンテナンス方法をご説明させていただきますが・・・

    読むのが面倒な方はお電話ください!

    資料ご希望の方は下記から!

     

     

     

    もっと見る
  • 土間たたき施工後表面が白くなった!
    除去できるの?メンテナンスのご紹介!

    Before

    After

    施工後表面が白くなるのは白華(エフロ)が原因です


     

    完成後すぐはきれいな土間に仕上がっていたのに、数日後見てみたらたたきの表面が真っ白になっててビックリ!

    もうすぐ引き渡しなのにどうしよう・・・

    これは土間たたき施工後にはよく起こる現象で、実は簡単に除去することができます。

    除去して元のきれいな土間たたきの表面にもどしてお施主様に引き渡しましょう!

    それではメンテナンス方法をご説明させていただきますが・・・

     

    読むのが邪魔くさい!面倒だ!と思います。お気軽にお電話下さい。

     

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

    もっと見る
  • 外壁の黒漆喰
    色ムラのメンテンナンス方法!

    Before

    After

    施工後の黒漆喰の色ムラは二次白華が原因


    塗った当初は真っ黒できれいに仕上がっていた外壁の黒漆喰。
    でも数年経つと、まだ黒いところもあるけど、白くなっているところもあり、まだらで色ムラが目立つように・・・これは二次白華という現象で、漆喰にはよく起こる現象です。
    そんな黒漆喰のメンテナンスを頼まれた業者様!ご安心ください。
    メンテンナンス方法をご説明いたします。

     

    読むのが邪魔くさい!面倒だ!と思います。お気軽にお電話下さい。
    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

     

    もっと見る
  • 汚れが目立つ洋風住宅外壁の漆喰
    メンテナンス方法

    Before

    After

    汚れはひどい場合はその上に新しく塗り重ねるのが最適なメンテナンス


    漆喰の汚れは内壁・外壁いろいろお問わせをいただきますが、圧倒的に多いのが外壁!しかも塗ってから割と短い期間で汚れが目立つというお客様が多いです。
    住宅の建築が洋風になり、軒の出がほとんど無い、場合によってわ軒が無い、外部の大壁に採用機会が増えたためだと思われます。理由は雨が直接壁面にかかるからです。

    在来工法の住宅では軒の出がある、真壁部分に漆喰を施工していた場合がほとんどで、台風などの風雨にならない限り、漆喰壁が雨に打たれることがありませんでした。

    このように住宅建築の変化が外壁の漆喰の汚れには大きな影響があると思われ、実際にここ10年の間でお問わせが急に増えております。
    汚れがひどい場合に塗り替えをおすすめするのは、汚れを落としたとしても根本的な解決にはならないからです。
    特に施工後、短い期間で汚れた住宅はそれだけ汚れやすい条件や環境がそろっていることになり、そのような条件・環境に対応できるようにしないと解決になりません。

    それではご説明させていただきますが・・・

     

    読むのが邪魔くさい!面倒だ!と思います。お気軽にお電話下さい。
    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

    もっと見る
  • 漆喰がカビで汚れた、お悩みの業者様へ!「塗り替えたいけどどうすればいいの?」

    Before

    After

    汚れた漆喰面を新しく漆喰で塗り替えたい!


    漆喰の塗り替え方法について

    カビで汚れてしまった漆喰壁、黒くなってしまったので塗り替えたい!
    そんなお客様のご要望に、ご提案!カビで汚れた外壁漆喰の塗り替え方法をご提案致します。

    漆喰のカビ!Q&A

    Q:漆喰ってカビが生えないって聞いたけど?

    A:確かに!カビが生えにくい建材であることは間違いありません。でも、カビの生育条件(温度・湿度・栄養)があるとphの高い漆喰面でもカビは発生します。特に漆喰は古くなると表面が劣化し表面の撥水性能が落ち、カビの栄養源となる水を吸水してしまいます。また、中性化し抗菌性能も落ちてしまいます。

    Q:なぜ?カビが発生するの?

    A:環境にもよりますが、特に漆喰面のカビの主な原因は「水」と考えられます。雨などが原因で壁面が一定期間濡れた状態が続き、その上にカビの胞子が付着すると繁殖します。
    空気中に無数に浮遊しているカビ菌を防ぐことが出来ないので原因となるものを取り除く対策になります。

    もちろん、塗り替えはカビだけが理由ではありませんが、問合せが多い事例です。

     

    それでは、塗り替え方法について順にご説明致しますが、お問い合わせはこちらから・・・

     

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

     

    「もっと見る」をクリック!具体的なカビ対策と塗り替えなどのメンテナンス方法をご紹介

     

    もっと見る
  • 割れた漆喰を塗り直す!
    割れの種類別、原因と対策

    Before

    After

    「漆喰が割れたので塗り替えたい!」


    漆喰の亀裂塗り替え方法について

    漆喰の亀裂は、「工期の短縮」「コストの削減」「建築下地の多様化」など様々状況があり、自然素材で割れやすい漆喰と新建材下地の現代建築との融合には、課題が多くあります。

    漆喰塗り替えても「絶対に割れない!」は言い切れない現状・・・

    一番にあげられるメンテナンス方法としては「塗り替え」ですが、対策として下地の状態を理解し適切な施工を行わなければなりません。

    当社の長年の漆喰販売実績からなる知見ではありますが『漆喰の亀裂』の原因と対策を検証します。

    漆喰壁の亀裂壁面はタッチアップでは完全にもとには戻りません。

    「何故割れたの?」「何が原因で割れたの?」を仮定し、どのように補修するかを理解することで、文化財補修や町並み保存などの改修を適切に行うことにつながると考えます。

    そんな漆喰の亀裂を塗り替えで直したいとお考えのお客様にご提案!
    長いですが続きをお読みください!

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

    (さらに…)

    もっと見る
  • 漆喰塗ったら手に白い粉が付く!
    なぜ?メンテナンスできるの?

    Before

    After

    室内に漆喰壁塗ってからまだ年数経っていないないのに・・・

    手で触ったら、手に白い粉付くんです?なぜ?


     

     

    それは漆喰の白華現象です!

     

    そのしっくい塗ったの寒い時期(12月~2月頃)じゃなかったですか?

    「確かに!塗ってるとき寒かったわ」

    それは、漆喰特有の白華現象という現象です。

    「漆喰の白華(はっか)現象?」

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

    (さらに…)

    もっと見る
  • 漆喰が割れた!そんな状況に塗り替えか?タッチアップか?

    Before

    After

    漆喰の亀裂!あまりひどい亀裂でなければ、タッチアップで直せます!
    ひどい場合は、塗り替えましょう!


    状況に応じて補修方法を検討!

    ≫漆喰の亀裂の種類に関してのコチラをご参照下さい!

    漆喰が割れた場合の対処法はクラックの種類によって様々です。

    また割れの原因が構造クラックなど特定しない限り塗り替えなどの補修をしても、また割れてしまう可能性が高くなるため注意が必要です。

    今回は、漆喰の亀裂に関しての塗り替えの材料!漆喰の亀裂に関してのタッチアップ材料!のご提案です。

    読むのが邪魔くさい!面倒だ!と思います。お気軽にお電話下さい。

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

    もっと見る
  • 漆喰の汚れにお悩みの業者様
    施工時のちょっとした対策で改善しますよ!

    Before

    After

    「漆喰の汚れ、次の現場では対策したいよね!相談させて」


    今使ってる漆喰に防汚のトップコートする?それとも防汚性能の高い漆喰使う?

     

    漆喰の汚れの原因は、内壁・外壁いろいろあります。特に外壁の汚れに関しては、気になりますよね!

    漆喰汚れの対処方法は汚れが表面だけの場合と、内部まで浸入している場合とでは大きく違います。

    当社では、漆喰の汚れを内部まで浸透させない対策をお勧め、そんな時には撥水剤が有効です。
    そんなことから【島かべ撥水剤】を塗布しておく事をお薦めしています。

    撥水剤をしておけば、漆喰内部への水の浸入を防ぎ、表面の拭き取りのみでメンテナンスができます。

    しかし・・・効果は抜群なんですが、工期もかかり面倒ですよね!
    そんなお客様には、あらかじめ撥水剤配合済みのしっくい【しっくいリライム】をご検討ください。

    それでは、塗り替え方法について順にご説明致しますが、お問い合わせはこちらから・・・

     

    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

     

    もっと見る
  • カラー漆喰(色付き漆喰)色ムラのメンテナンス方法!

    Before

    After

    「お客様に頼まれて黒漆喰塗ったけど、色ムラ!上から塗れるリペアー材あるの?」


    せっかく黒漆喰塗ったけど、乾燥したら白く白華してメンテナンス!そんなお悩みを持つ業者様へ

     

    黒漆喰は、色ムラになってしまった壁面は補修する事は出来ないため、塗り替えが必要になります。
    でも、工期的にも引き渡しに時間が無い・・・そんな時にはトップコートでリペアーも一つの方法かもしれません。

    白くなった黒漆喰は、塗ってから乾燥するまでの水分、雨や雪などの水分による「白華(はっか)」が原因です。
    漆喰内部に入った水分が、石灰分を溶かし、乾燥時表面に結晶として残って白く見えます。

    ※黒が流れたのではなく、白が大きくなったとお考え下さい。

    そんな白くなった壁面を黒くし、且つ、撥水効果で今後白華しないように表面を水分からブロックしてくれるトップコートでお手軽メンテナンス!
    それではご説明させていただきますが・・・

     

    読むのが邪魔くさい!面倒だ!と思います。お気軽にお電話下さい。
    電話でのお問合せ ☎0799-85-1147 スマートフォンをご利用の場合、こちらをタップすることで電話をかけることができます

     

    もっと見る

近畿壁材工業株式会社

お問合せ