MENUメニュー

製品一覧PRODUCTS

【伝・DEN(炊き糊漆喰貝灰入)】
伝統の漆喰を自分で調合して作る方のための素材(原料)セット

品番

289106

※写真はクリックすると拡大します。

「日本の伝統漆喰」は、何から出来ているの?
そんなお問い合わせをよく頂きます。漆喰【伝:DEN】は、そんなお客様の疑問にお応えする製品です。
塩焼き消石灰と貝灰、黒葉銀杏草炊き糊に麻すさをセットにし、ご自信で伝統の漆喰作りを行なう事ができます。
消石灰に貝灰を足すことで割れにくくなり、黒葉銀杏草海藻糊での水持ち、3mm・5mm・10mmの3種類をブレンドした麻すさをセットにした製品です。
匠の左官職人様はもちろん、炊き糊を炊いて本漆喰を作りたい方、日本の伝統の漆喰とは何かを勉強したい方などにお勧めです。

[作り方]
①水道水18リットルを大き目の鍋やステンレスの練り樽にいれ、継承の炊き糊を入れます。
※糊を炊く場合は、事前に1日前ぐらいに糊を水道水に浸けておくと解けやすくなります。
②鍋を火にかけ、弱火で海藻糊を炊きます。
※焦がさないよう混ぜながらじっくり炊いて下さい。
③沸騰させず、2時間~3時間程度炊きます。
④炊きあがった糊を3厘から5厘程度の網で濾します。
※濾した後残った海藻糊は、砂しっくいなどに混ぜて使えばゴミはでません。
⑤継承の麻すさを濾した糊に入れ十分に拡販します。
※糊は冷まさず熱いうちに作業を進めるので火傷に注意して下さい。
⑥消石灰(貝灰)を入れながら練っていきます。
※ダマにならないよう固練りで辛抱強く練りこみます。
※固い場合は差し水を行い完成させます。
⑦練りあがれば、冷まし表面に水を張って1週間程度寝かします。
⑧使う前もう一度練ってからお使い下さい。

[注意事項]
・本品は、伝統の漆喰を忠実に継承しております。自然素材であり、炊き糊の炊き時間や練置きの時間などにより、使い勝手が変わることをご了承下さい。
・昔ながらの漆喰です。一切余分な物は入っておりません。製造・施工に関して高い技術と知識が必要なことをご理解下さい。
・火気を使用し、熱湯になります。屋外で作業を行い火災・火傷には十分注意し、お子様のいない場所で作業を行なって下さい。
・継承漆喰の施工は難しい製品です。施工後の不具合に関しては、一切の責任を負いかねます。ご了承下さい。
定価【設計価格】 8,800円(㎡=730円)
㎡あたり材工設計価格 3,720円/㎡
標準塗り厚 1.5㎜厚
標準塗布面積 12㎡
梱包単位 1セット
正味質量 17.3㎏[消石灰(貝灰25%配合)16kg・黒葉銀杏草 480g・麻すさ 800g]
標準加水量 18L
主成分 消石灰・貝灰

資料ダウンロード

近畿壁材工業株式会社

お問合せ