MENUメニュー

利用場面に応じた使い方CONSTRUCTION METHOD

内装デザイン壁|石膏ボード(PB)に土の割れ壁で仕上げる方法

■土の素材を感じる大胆な割れ壁

 

大胆に割れた土壁の表情、デザインを見れるのは【荒壁土】を塗って、乾燥した状態の時に見る事ができます。
【荒壁土】とは竹を格子状に編んで作る、昔ながらの伝統工法の下地【竹小舞】に塗る土壁で、塗り厚は約50㎜(5㎝)と非常に厚い土壁です。

また、現実的にみても【竹小舞下地】を採用する建築現場はほとんどなく、現代では文化財の補修工事など、ごくわずかでしか採用することがない下地になっています。

しかし、この【荒壁土】の大胆に大きく割れた表情を好む方も多く、

「土の素材を感じれるからかっこいい」
「割れた壁が土!という感じをより引き出してくれ、本当に自然な感じがする」

などの声をたくさんいただきました。

 

■現代の内装下地 石膏ボードに割れ壁ができないか?

 

現代建築の場合、内装でもっとも採用される下地が「石膏ボード(PB)」になります。

そこで弊社はお客様のご要望にお応えするため、石膏ボードの上に施工でき、大胆に割れる土壁仕上げ材を開発しました。

開発した【割れ壁セット】を利用した、石膏ボード下地への施工方法をご説明いたします。

  • 手順1

    石膏ボードジョイント処理

  • 手順2

    ジョイントパテ乾燥後下地材「さっと!」全面塗り!

  • 手順3

    さっと!乾燥後【割れ壁セット】の【下塗り用土壁】を塗ります

  • 手順4

    【下塗り用土壁】施工後2時間経過したら【上塗り用土壁】を塗ります

施工手順詳細

手順1

石膏ボードジョイント処理

石膏ボードのジョイントは、今までと同様に「パテ埋め」、そしてファイバーテープで補強を行います。

パテが無い場合は、固練りしたさっと!で埋めます。

 

手順2

ジョイントパテ乾燥後下地材「さっと!」全面塗り!

ジョイント処理が乾燥したら、壁全面に下地材「さっと!」を塗ります。

手順3

さっと!乾燥後【割れ壁セット】の【下塗り用土壁】を塗ります

下地材「さっと!」が乾燥したのを確認してから、【割れ壁セット】の【下塗り用土壁】を塗ります。

【下塗り用土壁】の練り水量は5Lです。

 

練った【下塗り用土壁】を全面塗ってください。

塗り終わったら2時間待ちます。
 

※注意事項
【下塗り用土壁】が塗り終わったら、必ず2時間は間をあけてください。2時間あけず【上塗り用土壁】を塗ると、【下塗り用土壁】まで割れが入り、下地材「さっと!」が割れ部分から見えるようになります。ご注意ください。

手順4

【下塗り用土壁】施工後2時間経過したら【上塗り用土壁】を塗ります

【下塗り用土壁】施工後2時間経過したら【上塗り用土壁】練り、塗り付けます。

【上塗り用土壁】の練り水量は8Lです。

  

 

【下塗り用土壁】はまだ半乾き状態ですが、その上に練った【上塗り用土壁】を塗ってください。

塗り付け後、割れは確認できませんが、乾燥すると割れが入り、割れ壁のデザインに仕上がります。

この工法に関する
動画/資料ダウンロード

  • 関連動画
  • 関連動画