MENUメニュー

施工方法CONSTRUCTION METHOD

【内壁】古い砂壁の上に漆喰を塗る方法

砂壁を漆喰に塗り替えたいご要望は多い


 

昔は和室などによく塗られていた砂壁。

 

 

そんな和風建築に定番のように使用されてきた砂壁も年月が経ち、表面の汚れや、物をぶつけて表面の削れが目立つなのどの理由で、漆喰に塗り替えたいとお考えの方は多いようです。

 

塗り替えができる状態なのかをまず確認!

 

塗り替えを行う場合、まずご確認いただくのは、砂壁の状態です。

表面を手で触って簡単にポロポロと落ちてしまう砂壁は、かなり弱くなっているので、その上に塗り替えはできません。

汚れや、削れなどはあるが、表面を触ってみても簡単には落ちない。このような状態ならその上に塗り替えすることができます。

まずは塗り替えを行いたい砂壁の状態の確認をするところから始めてください。

ここでは塗り替えができる砂壁の状態である前提でご説明いたします。

  • 手順1

    ◆下地処理 アク止め&砂壁表面強化

  • 手順2

    ◆専用下地材 ボードベース塗り

  • 手順3

    ◆仕上げ 島かべしっくい塗り

施工手順詳細

手順1

◆下地処理 アク止め&砂壁表面強化

下地となる砂壁に、「島かべプライマー」を原液で刷毛やローラーで塗布します。 

※乾燥期間:6~12時間

 

 

「島かべプライマー」を塗布することで、下地からのアク、シミを止めます。

また、砂壁表面を強化する効果もあります。

 

手順2

◆専用下地材 ボードベース塗り

漆喰専用下地材「ボードベース」をコテで塗り、下地を平滑にします。 

※乾燥期間:12~24時間

 

 

手順3

◆仕上げ 島かべしっくい塗り

乾燥したボードベースの上に「島かべしっくい」を塗り付けます。

IMGP1125

 

仕上げは平滑なフラットや、パターン(模様)仕上げなどお好みでお選びください。

_DSC1184 IMGP0592

 

島かべしっくいわしくは下記からご覧いただけます