MENUメニュー

施工方法CONSTRUCTION METHOD

ビニールクロス剥がさず漆喰にリフォームする施工方法

【ボードベース】は、日本伝統の城かべ漆喰を一般住宅はもちろん、学校や病院などにも幅広くご利用頂けるように開発した万能下地処理材です。
石膏ボード下地はもちろん、ビニールクロスやコンクリート、古壁(漆喰)の塗り替えなどあらゆる下地に漆喰を対応させる漆喰専用下地材です。
ボードベース下地材を使えば、ビニールクロスを剥がさずに漆喰リフォームが出来ます。
漆喰メーカーが作る漆喰専用下地だから他の何よりも漆喰が美しく仕上がる下地材です。

【ビニールクロスのチェックポイント!】
リフォーム前にまずは、ビニールクロス下地のセルフチェック!紙クロスや布クロスには塗れませんのでご注意下さい。

1・下地は割れていませんか、しっかりとしていますか?
下地が薄いベニヤなどでたわんだり、割れてクロスが破れていたりしていないかチェックして下さい。

2・天井や床との見切り部分は剥がれていませんか?
ビニールクロスは数年で糊が弱まり剥がれてきます。特に見切りやチリとの接合部分は剥がれやすいのでチェックして下さい。

3・ジョイント部分は剥がれていませんか?
クロスのジョイント部分も剥がれやすいのでチェックして下さい。

4・クロスはしっかり付着し、浮いていませんか?
見た目に大丈夫でも、部分的に浮いている場合があります。
部分的な浮きなどがないかチェックして下さい。

5・タバコや汚れなど、アクシミは出ていませんか?
タバコや線香の煙によるアクシミ、コーヒーなどの汚れが付いていないかのチェックして下さい。

  • 手順1

    剥がれに対する処理

  • 手順2

    アク・シミ・汚れの除去

  • 手順3

    浮いている箇所の処理

  • 手順4

    タッカー等で補強

  • 手順5

    「くらシーラー」塗布

  • 手順6

    「ボードベース」を練る

  • 手順7

    「ボードベース」の塗布

  • 手順8

    漆喰の上塗り

使用材料と価格表

施工手順詳細

手順1

剥がれに対する処理

クロスが剥がれている場所や、今後剥がれてくる可能性がある部分を補強します。

boadbase_tejyun1

手順2

アク・シミ・汚れの除去

アク・シミ・汚れは事前に中性洗剤で洗い清掃し、タバコのヤニなど頑固な汚れは、「あく止めシーラー」を用いてアク止め処理を行います。

boadbase_tejyun2

手順3

浮いている箇所の処理

シーラーなどを塗布した時に発見できるクロスの浮いている部分を補強します。

boadbase_tejyun3

手順4

タッカー等で補強

その他、クロスの剥がれそうな場所は同様にタッカー等を打ち補強します。

boadbase_tejyun4

手順5

「くらシーラー」塗布

ボードベースを塗る全面に「くらシーラー」を塗ります。 「くらシーラー」を全面に塗ることで、「ボードベース」の付着力を上げ、下地の汚れを止めます。

boadbase_tejyun5

手順6

「ボードベース」を練る

ボードベース」は、速乾性能が高い下地材です。2時間以内に使う分だけ練って下さい。 少し軟らかく練ると塗りやすくなります。

boadbase_tejyun6

手順7

「ボードベース」の塗布

ビニールクロスに「ボードベース」を塗ります。 クロスになじませるように薄く塗っていきます。「しごき塗り」で1㎜厚未満で塗って下さい。

boadbase_tejyun7

手順8

漆喰の上塗り

ボードベース」が乾燥したら漆喰の上塗りを行って下さい。 「ボードベース」の特長として漆喰仕上は、押さえでもパターンでも行えます。
≫仕上げに塗る漆喰はこちらからご覧いただけます。

boadbase_tejyun8

注意事項

注意事項

※気温5℃以下の施工は避けて下さい。
※練り置きは出来ません。混練後2時間以内にご使用下さい。
※固練り、厚塗りは困難です。軟らかく練って薄く塗って下さい。
※必ず完全乾燥後、上塗り漆喰塗り工程におすすみください。
※吸水が激しい下地には城かべシーラーを塗布してください。
※あく止め効果はございますが、合板下地などあくが出やすい下地にはあく止めシーラーを塗布してください。
※記載内容は、すべての条件で施工を保障するものではありません。
※ご不明な点は、お気軽にお問い合わせ下さい。

近畿壁材工業株式会社

お問合せ