MENUメニュー

利用場面に応じた使い方CONSTRUCTION METHOD

内装土壁工法|ケイカル板に直接塗る土壁の施工方法

現代の建築事業を考え開発した土壁の仕上げ材(土壁の上塗り材)が「塗ってくれい」です。

下地に直接施工することで作業手間を削減し、塗り壁作業の難易度を低くし、工事期間を短くすることができます。

そんな土壁「塗ってくれい」はケイカル板(珪カル板)下地にも直接塗ることができるのですが、ケイカル板(珪カル板)はかなり水を吸い込む下地のため、吸水を抑える処理をしておかないと壁に塗った時、材料が伸ばし(広げ)にくくて作業性が悪く、また、壁から剥がれる原因にもなります。

ここではそんなケイカル板(珪カル板)に土壁を塗る方法をご説明いたします。

  • 手順1

    ケイカル板(珪カル板)ジョイント処理

  • 手順2

    吸水を抑える「島かべドライストップ」塗布

  • 手順3

    土壁 塗ってくれいの混ぜ方

  • 手順4

    土壁 塗ってくれい 仕上げ塗り

施工手順詳細

手順1

ケイカル板(珪カル板)ジョイント処理

ケイカル板のジョイント部分(つなぎ目部分)には受け材を入れ、取り付けビスの間隔を200㎜程度で細かくし、しっかり固定してください。
ケイカル板のジョイント部分(つなぎ目部分)の凹んだところは市販のパテで埋め、できるだけ平滑にしてください。
埋めたパテ乾燥後、市販のファイバーテープ薄いもの(5 ~ 10cm 幅程度)を貼り付けてください。

手順2

吸水を抑える「島かべドライストップ」塗布

ケイカル板全面に「島かべドライストップ」2倍液を刷毛(はけ)で塗布し、乾燥させます。
 


 

■2倍液:ドライストップ1:水道水1

■乾燥時間:全面塗布後6時間以上

手順3

土壁 塗ってくれいの混ぜ方

①先に水3.8Lと液体の配合材550gをバケツに入れます。

IMG_1201
 

②次に粉末の主材10kg を入れます。


③ハンドミキサーで少し固い程度でよく混ぜます。その後、少しづつ水を加えながら練り、塗りやすい固さにして下さい。

IMG_1189
 

④練ってから30分程度置いておくと、さらに塗りやすくなります。

IMG_1194

手順4

土壁 塗ってくれい 仕上げ塗り

塗ってくれい【Clay】を全面に塗り付けます。ジョイント部分(つなぎ目部分)のネットの厚みや凸凹が大きい場合は、厚みを付けて塗って頂くか、2 度塗りで合計2㎜厚で塗り付けて下さい。

IMG_1237 IMG_1242


塗ってくれい【Clay】の仕上り表情をの粗々しく見せたいなら、塗り付けて作業は終了してください。

繊細に見せたいなら塗り付け後、コテを通してコテ跡を消し、できるだけ平滑にしてください。

IMG_1247
 

意匠性を高く、模様を見せたいなら、パターン仕上げも可能です。